子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ最強!「鶏ひき肉」主婦の絶品アレンジを227人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お財布に優しく、いろいろな料理にアレンジできる「ひき肉」は万能食材! なかでも「鶏ひき肉」はとってもお手頃なのが嬉しいですよね。しかも、あっさりとしていて食べやすいので、節約モードの時には特に頻繁に使いたい、素敵なお肉です。

そこで今回『kufura』では、既婚女性227人にアンケートを実施し、家族が喜んだ「鶏ひき肉」のレシピを教えてもらいました。いつものお肉の代わりに炒めても、野菜と一緒に煮ても、ご飯にも。使い勝手抜群の鶏ひき肉レシピ、早速見ていきましょう!

「鶏そぼろ」みんなのアレンジは?

まずは、みんなが大好きな「鶏そぼろ」。多めに作って冷蔵庫に常備している方も多いのでは? ご飯にのせればもうお箸が止まりません!

「そぼろ丼にしたらご飯が進みみんなおかわりします」(41歳/主婦)

「鶏そぼろ。いっぱい作って、おにぎりにすることもあります」(31歳/デザイン関係)

「三食そぼろ丼。甘辛くそぼろを作り、甘いたまご、さやいんげん、ニンジンも入れてお弁当にも。色合いもきれいで喜びます」(39歳/広報・宣伝)

「豆腐と刻んだ豆苗を甘じょっぱく味つけた鶏そぼろ。ご飯に混ぜるとおいしい」(34歳/主婦)

スープに味噌汁に!「鶏団子」

簡単にできて食べ応えたっぷり「鶏団子」も人気です。野菜や生姜とあわせ団子状にして煮込めば、鶏のあっさりとした旨味が一気に広がります。トマトスープや味噌汁にあわせている人も!

「野菜と春雨の鶏団子スープ」(38歳/主婦)

「チーズをいれた鶏団子をトマトスープに。野菜もたっぷりで美味しい」(31歳/総務・人事・事務)

「生姜をたっぷり入れて鶏団子を作り、野菜とともに鍋でいただく」(64歳/主婦)

「鶏ひき肉に卵、味噌、片栗粉を入れてこね鶏団子を作り、味噌汁の具に」(44歳/主婦)

お弁当におつまみに「鶏つくね」

団子状にし、甘辛いタレをかける「鶏つくね」は大人のおつまみにもピッタリ。冷めても美味しいのでお弁当のおかずとしても!

「蓮根入りつくねの照り焼き。蓮根の食感が良くて美味しいと喜んで食べてくれます」(41歳/主婦)

「豆腐、たまねぎ、片栗粉、鶏ガラスープで鶏つくね。タレには酒、しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜて。ご飯が進むしお弁当にも」(33歳/主婦)

「鶏つくねの大葉巻き。味噌を入れるからコクがでて美味しい。おつまみにもあう」(38歳/主婦)

さっぱりと美味しい「煮物」

野菜と一緒に煮込めば、優しい味でほっこりする煮物に。どの野菜でもマッチし、しっかりと味を引き立ててくれます。あんかけにしてもGOOD

「鶏ひき肉と大根の煮物。さっぱりと美味しくいただけます」(47歳/主婦)

「白滝とピーマンと一緒に甘辛く煮る」(39歳/主婦)

「挽き肉じゃが。さっぱり食べられて喜ぶ」(34歳/総務・人事・事務)

「じゃがいものそぼろあんかけ。隠し味に生姜をたっぷり入れます」(51歳/主婦)

「かぼちゃのそぼろあんかけ。甘くて子どもも食べやすい」(39歳/主婦)

「野菜炒め」に大活躍!

いつもとはちょっと違う変化球として、お肉をひき肉にチェンジしている方も。ひき肉が野菜を包み込み、野菜が苦手な子どもでも食べてくれるという声も!

「もやしやピーマンと炒めると野菜もすんなり食べやすくなる」(46歳/主婦)

「鶏ひき肉と青菜、きのこ類をマヨネーズ醤油和風だしで味付け。家族みんな大好きです」(47歳/その他)

「鶏のひき肉とごぼうで炒め物を作る」(66歳/その他)

「なすと醤油味で炒める」(47歳/主婦)

「ガパオ」でアジア風

人気のアジアご飯「ガパオ」もできちゃう! ちょっと難しいかな~と思うかもしれませんが、ナンプラーとオイスターソースさえあれば簡単にできてしまいます。たまにはアジア風ごはんはいかがですか?

「ガパオライス。少しピリ辛でしっかり濃いめの味付けで、ごはんが進む」(33歳/主婦)

「なんちゃってガパオライス。豆板醤と鶏ひき肉を炒めて、玉ねぎピーマンを加えオイスターソースとナンプラー、胡椒で味付け」(37歳/主婦)

「ガパオライスを作る。野菜多めが美味しい」(38歳/その他) 

野菜の「肉詰め」「挟み焼き」

ピーマンやしいたけの肉詰め、れんこんやなすの挟み焼きにも「鶏ひき肉」が大活躍! 野菜たっぷりなのに、食べ応えバッチリ、お肉を食べた満足感が。

「ピーマンの肉詰め。嫌いなピーマンが食べやすくなるので、子どもにもおすすめ」(57歳/総務・人事・事務)

「しいたけの肉詰め。しいたけの軸も刻んで入れるので無駄がないし食感もいい」(49歳/総務・人事・事務)

「蓮根やなすなど野菜で挟み焼き。野菜も一緒に食べられてお肉も食べた感じになる」(41歳/主婦)

 

いかがでしたか?

節約したいときにも、あっさりとお肉が食べたいときにも「鶏ひき肉」が大活躍! 和食だけでなく、中華や洋食、アジア料理にも使えるので、レパートリーを増やせば毎日のごはん作りがちょっぴり楽になりそうです。あまり使わないな~という方も、ぜひ作ってみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。