子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ最強、アレンジ無限!「豚こま肉」みんなが作っているレシピを大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コスパ最強のお肉といえば、「豚こま肉」。お安く手に入るので、毎日使っている家庭も多いのではないでしょうか。薄くて柔らかいのですぐに火が通るのも、忙しい主婦には大助かりですよね。そんな便利な豚こま肉のレパートリーを増やせたら、毎日もっと楽になるのになぁと思いませんか?

そこで今回『kufura』では、主婦276人にアンケートを実施し、家族が喜んで食べた「豚こま肉」のメニューを伺いました。炒めても、煮ても、揚げても、ぎゅっと丸めても使える絶品レシピをぜひ参考にしてください!

定番「生姜焼き」のアレンジ

家庭料理の定番、「生姜焼き」を豚こま肉でも。大きな分厚いお肉で食べるのも美味しいけれど、柔らかくて味がたっぷり染み込む豚こま肉で作っても美味しい!

「生姜焼きを蜂蜜生姜で作ると甘くて子どももよく食べる」(26歳/主婦)

「豚こまで生姜焼き。お酢をいれるとさっぱりします」(39歳/主婦)

「豚こま肉の生姜焼き。にんにくも追加」(31歳/金融関係)

王道「豚キムチ」のアレンジ

豚こま肉と炒めもののレシピは相性抜群。薄くてすぐに火が通るお肉なので、長時間火にかけなくていいのが良いですよね。豚キムチを作っている方がとても多かったです。

「豚こまキムチ。ほんの少し醤油をかけて、キムチと一緒に炒めると美味しいです」(45歳/営業・販売)

「豚こま肉と、キムチをごま油で炒めると、ピリ辛で美味しい」(33歳/主婦)

「豚こまキムチチーズ焼き」(40歳/その他)

無限にできちゃう「野菜炒め」のアレンジ

どんな食材と炒めても美味しく出来上がる豚こま肉のおすすめの野菜炒めレシピもたくさん教えていただきました。

「豚こまと玉ねぎ人参をケチャップとコンソメで炒めたケチャップ炒め。懐かしい味です」(44歳/総務・人事・事務)

「豚こまと蓮根のごまみそ炒め、ゴマと甘辛味が合います」(43歳/主婦)

「豚こまと白菜の塩レモン炒め。さっぱりしていてとても美味しいです」(28歳/その他)

「蓮根、たけのこ、きのこ類と鶏ガラと醤油を入れて炒めます。最後にごま油をかけると、みんな喜んで食べてくれます」(38歳/主婦)

「回鍋肉。キャベツが安いときに」(39歳/主婦)

「豚こまと茗荷とズッキーニの梅ポン酢炒め」(34歳/主婦)

「ブロッコリーと豚こま炒め。ウェイバーを使えばお手軽で味が決まります」(47歳/主婦)

野菜やチーズの「肉巻き」アレンジ

豚こま肉を野菜やチーズ、卵などに巻いている方も。形が不揃いなので、きれいに広げて重ねながら巻いてくださいね。焼いても揚げてもOKなので、いろいろな味で試したい!

「ごぼうやにんじん、じゃがいもの肉巻き。甘辛く煮る」(54歳/主婦)

「豚こまを綺麗に開いてプチトマトの周りに巻き、小麦粉をまぶして焼く」(30歳/主婦)

「ゆで卵に豚こまを巻き甘辛く味付けする。また作ってと言われました」(39歳/主婦)

「いんげんを巻いて、焼き肉のタレで炒める」(29歳/主婦)

「豚こまにチーズをくるんで丸めて衣をつけて揚げたもの」(47歳/主婦) 

ぎゅっとまとめて「塊肉」として使えばお得感UP

豚こま肉をぎゅっとまとめれば、塊肉のような扱いもできちゃいます。から揚げやとんかつ、ミートボールだって違和感なく美味しく作れますよ。お得感が増して、お財布にも優しい!

「豚こまを団子状にして、片栗粉をまぶして揚げる。それで酢豚を作ると、肉が柔らかいので好評だった」(49歳/その他)

「ミートボール状に固めて、さっと油で揚げてトマトケチャップとあえる。子どもがすきな味でおかわりしてくれます」(42歳/その他)

「豚こま南蛮。豚コマを丸めてフライパンで焼き、甘辛タレに絡める。お好みでタルタルソースをかける」(30歳/主婦)

「豚こまで唐揚げ。醤油とにんにくで下味をつけ片栗粉で丸めて揚げる。ジューシーで美味しい」(42歳/主婦)

「豚こまのとんかつ。豚こまを丸めて厚い肉のようになるようにして揚げると、こま肉なのに食べ応えがありジューシー」(37歳/主婦) 

「煮込み」のアレンジ

もちろん、煮込んでも美味しい豚こま肉。好きな食材とコトコト煮込めば、短時間で美味しい煮物ができあがりますよ。豚肉の甘みが口いっぱいに広がるのが絶品!

「豚こまと人参とごぼうの甘辛煮。しらたきを入れると甘辛い煮汁を吸ってくれるので、お弁当にもぴったりです」(52歳/主婦)

「玉ねぎと一緒に出し、しょうゆで煮た後、卵でとじる。コクがあっておいしい」(62歳/主婦)

「豚こまと大根を甘辛く煮ると、夫も子どももよく食べます」(36歳/主婦)

「豚こまと大根のコチュジャン甘辛煮。コチュジャンの旨味が効いて甘辛く美味しいです」(34歳/主婦)

ご飯に旨味ジュワ~っ「丼もの」アレンジ

豚とご飯を一緒に食べれば、お箸が止まらない美味しさに。豚の旨味とこってりとした甘みが食欲を増進。ご飯に染み渡って、何杯でもいけちゃいます。ぱっと作れて手抜き感もないので、時間がないときにも助けてくれますよ。

「豚こま丼。タレで煮て味をつける」(38歳/デザイン関係)

「甘辛く味付けをして、炒り卵やゆでたインゲンの細切りで三色丼にします」(69歳/主婦)

「豚こま肉を醤油、生姜、砂糖で炒めて、白ご飯にタップリとかけた上に半熟の目玉焼きをのせる」(59歳/主婦)

「カレー。肉をよく炒めることで香ばしさが出て深みもある」(48歳/主婦)

 

いかがでしたか?

「豚こま肉」の使い方は無限大! お手頃価格で嬉しいだけでなく、いろいろなレシピに使えて、時短にも一役買ってくれる万能食材です。まだチャレンジしていないレシピがあった方は、ぜひ試してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。