子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「買って失敗した掃除グッズ」主婦が使ってみてガッカリしたものは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末の大掃除は、普段は掃除しないところまで掃除したり、たまった汚れを撃退したりする絶好の機会。いつもより気合を入れて掃除するために、特別な洗剤や道具などの購入を考えている人も多いのではないでしょうか。

スーパーや100円ショップ、ホームセンターには、さまざまな掃除グッズがあり、「これさえあれば家中ピカピカに!」という期待感が高まりますよね。もちろん、その期待通り、もしくは期待以上の活躍をしてくれるグッズは数多くありますが、なかには「なんか思っていたのと違う……」とガッカリさせられるものもあるようです。

『kufura』では既婚女性379人を対象に、“買って失敗だった掃除グッズ”をテーマにアンケート調査を実施しました。

あまり効果がなかった…!

まずは、「期待をこめて購入したのに、思ったよりきれいにならなかった」というみなさんの声をご紹介。

「100円ショップで購入したブラインド拭き。拭き残しができる。軍手で十分だった」(51歳/主婦)

「100円ショップで買った鏡を磨くスポンジ。全くきれいにならなかったから」(48歳/主婦)

「窓拭きシート。汚いガラスはさほど落ちなかった」(32歳/総務・人事・事務)

「安い掃除機。吸引力が無く、すぐに捨てた」(51歳/公務員)

「隙間に入るお掃除棒。ホコリが取れず、使い捨てになってしまった」(41歳/その他)

「ハンディクリーナー、吸い込みが弱くていまいち」(38歳/主婦)

「結露ワイパー。結露の酷さに追いつかない」(52歳/その他)

「ハタキ。埃があまり取れない上に空中に舞う」(56歳/その他)

「フローリングを掃除するワイパー。大してホコリが取れないのに邪魔になるので失敗した」(54歳/主婦)

100円ショップの掃除グッズには優秀なものもたくさんありますが、なかには残念なものもあるようです。特に、汚れがひどい箇所などは安い道具に頼るよりも、ある程度、お金をかけて品質の高いグッズにお任せするほうが得策かもしれません。

実は逆効果だった…

汚れが落ちないどころか、二次被害が起きて涙目……という声も。

「100円ショップのカビ除去剤。全然落ちず匂いだけ残った」(21歳/主婦)

「100均のお掃除ブラシ。毛がどんどんぬけてまたお掃除が必要」(51歳/主婦)

「メラミンスポンジ。ボロボロになって水道管が詰まった!」(64歳/その他)

「ホコリとりミトン。静電気が起こりすぎた」(53歳/主婦)

「フローリング用のお掃除シート。滑りやすくなり、転んだ」(45歳/その他)

トラブルは、完全な不運で発生することもありますが、なかには、使用上の注意を守ることで防ぐことのできるものもあります。説明書にはしっかり目を通しましょう。

使いづらかった…

お店で購入するときはワクワクだったのに、いざ家で使ってみると何だか相性がよくなかったという声も続々……。

「100円ショップのスポンジ。ふにゃふにゃで使い勝手が悪かった」(34歳/主婦)

「100円ショップで購入したトイレの拭き取りシート。ちぎれてしまって1枚1枚うまく取れない」(49歳/主婦)

「100円ショップの掃除機用の細長いノズル。意外と厚みがあり、細いところに入りにくかった」(48歳/主婦)

「100円ショップの浴槽ブラシ。角度が変わらないので洗いにくい」(44歳/主婦)

「某100円ショップの柄付き風呂用スポンジ。ネック部分が硬くて、風呂釜に全然フィットしなかった」(34歳/主婦)

「ドラッグストアのトイレブラシ。挟む力が弱い」(29歳/その他)

「トイレブラシ、丸い形状の物を買ってしまい、ふちの汚れがとれない」(37歳/営業・販売)

「折りたたみ式のお風呂の床洗いブラシ。短いし、力が入らない」(44歳/その他)

「お風呂のブラシ。高さがありすぎて隙間に入らなかった」(32歳/主婦)

「お風呂の床掃除用ブラシ。ブラシ部分の毛が固すぎて、床をこするときにうるさい」(40歳/総務・人事・事務)

「フローリングワイパー。頻繁にシートを変えなくてはならないし、ごみが増えることとなって不経済」(60歳/主婦)

「クイックルワイパーの類似品。安いから買ったが、持ち手がぐらぐらしていて掃除しにくい」(38歳/主婦)

「38万円のスチーム掃除機、大きすぎて出すのが大変、倉庫にしまったまま」(56歳/会社経営・役員)

「有名な高圧の掃除機。重たい」(59歳/総務・人事・事務)

過去に行ったアンケートにおいて、ワイパーは人気のグッズですが、中には使いにくいものもあるようです。購入の際は、事前に口コミなどをチェックしましょう。

すぐに使えなくなった!

「100円ショップのメッシュたわし。すぐにボロボロになってしまった」(44歳/主婦)

「100円ショップのお風呂掃除の靴。すぐ破れる」(31歳/主婦)

「百均で買ったちりとり。持つところが取れた」(46歳/主婦)

「100円ショップのトイレブラシは、すぐ折れました」(61歳/主婦)

「100円ショップのシートを付けて床拭きできるやつ。棒が弱すぎて少し力を入れて吹いただけで曲がった」(28歳/主婦)

「コードレス掃除機。バッテリーがすぐにダメになってしまった」(62歳/その他)

「安価なお風呂ブラシやトイレブラシは壊れやすくカビも生えやすいので無駄買い」(51歳/学生・フリーター)

「安い箒を買ったら、2回目の掃除でばらけました」(69歳/主婦)

「車用のふきタオル。1回でごわごわになった」(31歳/その他)

「ハンドワイパー。本体がダメになりシートだけが残って結局使わなくなってしまった」(36歳/その他)

「お風呂洗いのスポンジ、一見切れ込みが入りひっかけておくのに良いかと思ったが直ぐにひっかけた部分がだめになり役に立たない」(61歳/主婦)

やはり安価な商品は、耐久性の面で問題が……。使い捨て感覚で活用するには便利ですが、過度な期待は禁物かもしれませんね。

意外と使い道がなかった…

「おそうじ棒。使い道があまりなかった」(52歳/主婦)

「コロコロ。掃除機が楽なので結局使わなくなった」(26歳/主婦)

「ハンディワイパー系。結局使わなくなる」(42歳/主婦)

「網戸掃除グッズ。あまり使わない」(51歳/主婦)

「雑貨屋で購入したPC用子帚、結局使ってない」(47歳/主婦)

「水だけできれいになる雑巾。けっきょく習慣で洗剤使ってしまうので」(35歳/主婦)

「隅っこブラシ。歯ブラシの古いので十分だった」(57歳/総務・人事・事務)

「フローリング用の床を拭くモコモコしたモップ。結局、掃除機を使った後に、ウェットシートを使って掃除するので、要らなかった。使っていない」(52歳/主婦)

掃除グッズに限りませんが、いわゆるアイディア商品って、使い始めは楽しいのですが、すぐに飽きてしまったり、そのうち「実はこれ使わなくてもよくない?」とふと我に返ったりすることがありますよね。衝動買いにはくれぐれもご用心!

 

今回のアンケートでは、「買って失敗だったものは特にない」という声もかなりたくさん寄せられました。みなさんの意見をご参考に、便利なグッズで大掃除を効率よく行いましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集