子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

1品だけでお弁当完成!手間が省けて実は人気「麺弁当」オススメのレシピは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お弁当といえば、ご飯とおかずという組み合わせが一般的ですが、麺類という選択肢もありますよね。麺類ならほかのおかずを用意しなくてもよい場合が多く、実はメリットがいっぱい!

そこで『kufura』では女性500名を対象に、お弁当に入れて美味しかった麺類をアンケート調査しました。季節問わず使えるものから、暑い季節ならではのものまで、さまざまな回答が寄せられました。

具だくさんで栄養満点!「焼きそば」

「肉や野菜をたっぷりめにするので栄養をしっかり取ることが出来るのと、味がしっかりしているので満足出来る」(54歳/主婦)

「焼きそばが美味しかった。野菜も含まれ味がよくしみておいしい」(75歳/主婦)

「塩焼きそば。ごはんがなくても主食とおかずの両方の役割をしてくれる」(28歳/総務・人事・事務)

最も多かった回答が、焼きそばでした。野菜を盛り込むことで栄養面を補完し、濃い目の味付けで満足感が得られる・ご飯のおかずにもなるなど、お弁当向けのメニューであることが伺えます。

また、焼きそば派がいる一方で、

「焼きうどん。焼きそばに比べて冷めても固まることが少なく、野菜もたくさん取れて、食べやすい麺類の1つ」(35歳/主婦)

と、焼きうどんも人気の高いメニューのひとつでした。

栄養に加えて彩りも補える「ナポリタン」

「味の少し濃いナポリタン。暑い中で色どりが食欲をそそり、お腹いっぱい食べられる」(55歳/主婦)

「マカロニナポリタン。冷めても美味しい。具材で彩りもよくなるし、たくさん作って冷凍できます」(30歳/主婦)

「ペンネのナポリタン風は冷めても美味しいです。パスタにお好みのサラダとドレッシングをかけて作るサラダパスタもお弁当にいいですよ。殆どが手抜きしたい時に麺類を作ります。前日の夕食に多めに作れば翌日の、お弁当に持っていけます。ナポリタンは圧倒的に人気があります」(57歳/その他)

赤、緑など、彩りがよいナポリタンは、お弁当に大活躍! 野菜を一緒に摂ることができて、濃い目の味付けも、お弁当として満足感がありますよね。

焼きそばをグレードアップ「オムそば」

「オムやきそば。食欲がなくても食べられるし、たまごでくるめばパサパサしない」(34歳/主婦)

「オムそば。簡単に作れるので、時間の無い朝のお弁当に良いです」(36歳/営業・販売)

「オムそば。時にテンションが上がるし、焼きそばよりもボリュームがあっていい」(29歳 /営業・販売)

焼きそばを卵で包んだオムそばも、お弁当に活躍しているよう。前日の夕飯の残り物をお弁当に詰めることも多いかと思いますが、夜にあまった焼きそばをそのまま詰めずに、オムそばにアレンジしてみるのはいかがでしょうか?

食欲がなくてもコレならいける「そうめん」

「そうめん。さっぱりしておいしい。特に暑い時期はおにぎりよりのどを通りやすいので最高です。暑い日にはさっぱりとのど越しの良いそうめんが最高だと思います」(42歳/主婦)

「そうめん。つゆはペットボトルに凍らせておく。暑い日でもツルツル食べられる」(26歳/主婦)

「そうめんチャンプルー。ノコリモノ整理」(45歳/総務・人事・事務)

この夏に大活躍した家庭も多いですよね。そうめん弁当は、食欲の落ちる暑い時期の定番だという回答も見られました。つゆは別の容器に入れ、凍らせておいたり、氷を一緒に入れておいたりと、美味しく食べられる工夫を皆さんしているようです。

汁気が気になる方は、焼いたり炒めたりするのもひとつの手でしょう。

お店の味をお弁当にも「冷やし中華」

「冷やし中華。スープジャーに入れる。麺類大好きな子供のリクエストでした。学校に麺類を持って来る子は居ないので」(46歳/主婦)

「冷やし中華。暑い夏にさっぱりです!」(32歳/その他)

「冷やし中華弁当。冷やし中華は、野菜もとれるし暑い日には麺だとサッパリササッと食べられる」(39歳/営業・販売)

暑い時期は、冷やし中華もお弁当にしてしまいます。そうめんと同じでのど越しよく、食欲のないときにも食べやすいほか、野菜も一緒に摂れることが人気のよう。

「そうめんにきゅうり、錦糸卵、ハム、トマト、青じそ千切りをのせる。めんつゆは350mlのペットボトルに入れる。前の日に作っておける。とにかく簡単」(44歳/総務・人事・事務)

と、そうめんを冷やし中華風にして食べるという回答も。

日常的に使ってます!その他の回答

「日本そば、焼うどん、焼きそば、そうめんチャンプルー、ミートソーススパゲティ、ナポリタン、ペペロンチーノ……割と何でも臆せず弁当にしてしまいます。一品でお弁当が完成するので超うれしい時短! 残った半端食材も一気に片付きます」(38歳/主婦)

「ナポリタン、焼きそば、塩焼きそば、コーン・ベーコン・醤油味のパスタ。食欲のないときに入れると、お腹一杯」(45歳/その他)

お弁当に麺類を入れたことがないという回答が多いなか、フル活用しているという達人もいました! その便利さから、一度入れてしまえばやみつきになってしまうのかもしれませんね。

 

前日の残り物を使ったり、作り置きしておけたり、麺類のお弁当はバタバタしがちな朝を楽にしてくれます。汁だけ別にしておけば、のびることもありませんのでご安心を!

まだ試したことがないという方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。