子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ママ友の家」に遊びに行ったらへこんだエピソード集…ママ達の視線は家のどこに?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て中のママたちは、近くの公園や児童館、子どもの習い事、幼稚園や保育園などで親しくなったママ友の家に遊びに行くことも多いと思います。ただ、自分と同じくらいの生活レベルだと思っていたのに、実際に家に遊びに行ったらすごく豪華で生活レベルの違いに驚いたり、なんだかうらやましくなってしまったなんてこともあるのではないでしょうか? そこで『kufura』では、お子さんのいる20〜50代の女性122人にアンケートを行い、「ママ友の家に遊びに行って思わずへこんだエピソード」を聞いてみました。

家の中がきれいに掃除&片付けられている

「ママ友もうちと同じように子育て中でいろいろ大変なはずなのに、家の掃除がしっかり行き届いていて、フローリングもワックスでピカピカ。それに比べて、私は家のことが何もできていないなと思ったらへこみました」(41歳/主婦)

「我が家はとても散らかっているので、よそのお宅のきれいに片付いている様子を見ると、“なんでうちは全然片付かないんだろう”とへこみます」(48歳/専門職<医師・看護師・弁護士など>)

「同じマンションの同じ間取りで、家族構成も同じなのに、我が家はおもちゃや洗濯物が至るところに散乱している状態。ママ友の家は、突然訪問してもいつもきれいに片付いていて、あまりの違いにへこみます」(40歳/パート・アルバイト)

「ママ友は仕事をしていて忙しいはずなのに、家の中がとてもきれいに片付いていてすごいなと驚きました」(42歳/主婦)

子どもが小さいうちは子育てが忙しく、家の中がなかなか片付かないという人も多いと思います。でも、ママ友の家に遊びに行ったときに、家の中が驚くほどきれいに掃除してあったり、しっかり片付けられていたりすると、「子育てで忙しいのは同じなのに、自分の家とは違いすぎる!」とへこんでしまう人が続出するようです。

モデルルームみたいにきれいでビックリ

「ママ友の家はモデルルームみたいに片付いていて、生活感が感じられないほどきれいでした。散らかった我が家とはあまりに様子が違っていてへこみました」(47歳/主婦)

「ママ友の家は、まるでモデルハウスみたいな感じで生活感がなくてビックリ。うちより小さな子どもがいるのに、あの美しさをキープしていることに驚きました」(50歳/主婦)

「普段は庶民的な話で盛り上がっているのに、遊びに行ったら家がモデルハウスみたいにすごく豪華で、そのギャップに驚きました」(49歳/主婦)

「うちとは比べものにならないくらい立派な注文住宅で、かつ生活感のない家具が配置されていて、まるでモデルルームのような空間にビックリしました」(34歳/その他)

モデルルームやモデルハウスのように、室内がきれいに整えられていて、生活感のまったく感じられないママ友の家に遊びに行ったときも、多くのママたちが「この美しさが信じられない!」と驚いてしまう様子。子どもがいると家の中におもちゃや子どものものなどが散乱しがちなのに、一体どうやってきれいを保っているのか不思議ですよね。

高そうなものや最新のものがたくさん置いてある

「ママ友の家にあるすべての家電が最新のものばかりで、我が家とのあまりの違いにへこみました」(45歳/主婦)

「家の中のほとんどの家具が高級メーカーのものでそろえられているのを見たとき、自分には真似したくてもできないことなので、うらやましいなと思いました」(47歳/その他)

「気さくで庶民的な人だと思っていたのに、お宅にお邪魔したら、超巨大なテレビや高級家電がたくさん置いてあって、自分とは生活レベルが全然違うんだなとへこみました」(45歳/主婦)

「ママ友はいつも同じ服を着ていて、あまり生活に余裕がないのかなと思っていたのに、家に行ったら、すごく豪華な家具やインテリアがばかりで圧倒されました」(58歳/主婦)

「ママ友が実はインスタグラマーで、たくさんのモニター品が家に置いてあるのを見て、驚くとともに、ちょっとうらやましいなと思いました」(32歳/総務・人事)

ママ友の家に行ったら、家の中にあるものが高級なものや最新のものばかりで驚いたり、自分の家と比べてへこんだという人もいました。特に、普段は気さくな感じで庶民的なママだと勝手に思い込んでいたときなどは、そのギャップにビックリしてしまいそうですね。

とにかく家が大きい&部屋も多くて広い

「すごく気さくで、身につけているものも普通だったママ友。家に遊びに行ったら、ものすごく大きな豪邸でビックリしました」(45歳/主婦)

「大きなお庭に、集会場のような広さのプレイルーム。ママ友の家は、とにかくすべてが広くて、とってもうらやましかったです」(39歳/主婦)

「ママ友の家には、子どもを遊ばせるための専用の部屋まであって、我が家の狭いアパートと比べてへこみました」(31歳/主婦)

「ママ友の家がものすごく広くて、かつきれいだったのがうらやましかったです」(42歳/営業・販売)

ママ友の家がとにかく大きくて驚いたという人もいました。特に、自分が狭いアパート暮らしだったりすると、ママ友の家の大きさや部屋の広さに圧倒されそうですよね。ただ、家は大きければ大きいほど、掃除などが大変になるので、お掃除業者などを使っていない場合はママ友も自分でやるしかないので、意外と苦労している場合もあるかもしれませんね。

持ち家かつ一戸建てにはやっぱり憧れる

「我が家は賃貸なので、新築祝いにママ友のお宅を訪問するときは、やはり毎度毎度へこんでしまいます」(49歳/総務・人事)

「新築の一戸建てが欲しくても、我が家ではなかなか難しいこともあり、新築一戸建てを購入したばかりのママ友の家に行ったときは落ち込みました」(43歳/主婦)

「一戸建てに住んでいるママ友の家に行くといつも、我が家のマンションに比べて広くてうらやましいなと思います」(27歳/主婦)

「我が家は賃貸のアパート暮らしですが、ママ友は中古住宅を購入。やっぱり、一軒家には憧れるので、遊びに行ったときにうらやましいなと思いました」(39歳/主婦)

「できることなら、将来的に一戸建ての家を持ちたい」と考えている人もいると思います。ただ、それがなかなか実現できない状況だと、一戸建てに住むママ友の家に遊びに行ったときに、思わず「うらやましいな〜」という気持ちになるのは仕方ないですよね。特に、それが新築のピカピカな家だったりすると、うらやましさも倍増するようです。

美味しい料理やおやつのおもてなしがスゴイ

「ママ友の家に遊びに行ったら、おやつに手作りのシフォンケーキなどが出てきて、自分の普段の生活とはあまりに違っていてへこみました」(53歳/主婦)

「お宅を訪問したときに、ママ友が1人で何品も料理を作って振る舞ってくれたのですが、料理の苦手な私は圧倒されてへこみました」(59歳/主婦)

「家に遊びに行ったときに出された料理やお菓子がすべて高級で、我が家とは生活のレベルが全然違うことに驚きました」(59歳/研究・開発・技術者)

ママ友に美味しい手料理などでおもてなしされて、圧倒されてしまったという人も目立ちました。普段、自分の手料理でおもてなしする習慣がなかったりする人はちょっと驚くかもしれませんが、たまには頑張って手作りおやつなどでママ友をもてなしてみるのもいいかもしれません。

ほかにはこんなエピソードも!

「ママ友の家はタワマンの高層階で、部屋からの眺めが本当に良くてすごくうらやましかったです」(54歳/その他)

「ママ友の家にお邪魔したときに、“これかわいいね!”と言ったものがほとんどもらいものだと聞いて、自分と違ってそんなに素敵なプレゼントをいろいろもらえるママ友がうらやましくてへこみました」(42歳/公務員・団体職員)

「飾ってあった家族写真が素敵すぎてへこみました」(39歳/その他)

「専業主婦のママ友の家に行ったら、ボディケア用品がたくさんあったり、アロマのいい香りがしたりして、美意識が高く、自分を満たすための時間がたくさんあるんだなとうらやましくなりました」(39歳/自営業)

「同じオンボロ社宅に住んでいたのに、ママ友の家はすごくおしゃれで、建物の古さもレトロモダンで素敵な雰囲気に。我が家が田舎のおばあちゃんの家みたいなのは、古い社宅のせいだと思っていましたが、単に自分にセンスがなかっただけなんだとへこみました」(43歳/主婦)

ほかにもいろいろなエピソードがありました。ママ友の家で思わず「わあ~!」と感嘆のため息が出てしまうこともあるかもしれませんが、お金をかけるところや優先事項は人それぞれ違うので、逆にそのママ友から「うらやましい」と思われていることも、実はあったりするかもしれませんね。

いかがでしたか? ママ友の家に行くと、ついつい自分の生活と比べてうらやましくなることもあると思いますが、「隣の芝生は青い」という言葉もあるように、一般的に他人のものはなんでも良く見えがちです。あくまでも他人は他人で、自分は自分なので、ママ友の生活ぶりや家の様子に驚きつつも、あまり必要以上にへこまないようにしたいものですね。

プロフィール

土田奈々子
土田奈々子

フリーライター。2011年よりイギリス在住。渡英前は出版社に勤務し、金融機関向け専門誌やマタニティ&ベビー誌の編集に携わる。現在は、ウェブを中心に女性向けの記事を数多く執筆。得意ジャンルは、妊娠・出産・育児や女性の健康、海外生活事情など。プライベートは、田舎の小さな村で日英バイリンガル育児に奮闘する二児の母。自分自身の働く主婦としての目線、子育て中の母としての目線を大切にしながら記事を書いていきます

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集