子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ありがたいけれど…「少し困ってしまったママ友からの手土産」気をつけた方がいいポイントは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家に招いたときやちょっとしたお祝いごと、お礼のときなどにママ友同士でやりとりのある手土産。心づかいがありがたい一方で、なかにはちょっと戸惑ってしまうものを受け取ったことはありませんか?

そこで『kufura』では、子どもを持つ20代~50代の女性148名に、「ママ友からもらった手土産」についてアンケートを実施。今回は、「ありがたいけれど……正直困りました!」と思った手土産を聞いてみました。

食べ物・・・困ったポイントは?

“美味しいもの”はちょっとしたギフトにぴったりですよね。アンケートの回答にも食べ物に関することが寄せられました。いざ贈る側になった時、これからご紹介するポイントを心に留めておくといいかもしれません。

食べきれない量

「食べきれないお菓子」(42歳/主婦)

「お餅1キロ。消費や保管に困った」(58歳/主婦)

「明太子。たくさんもらったが、そんなに消費できなかった」(38歳/主婦)

「長芋。量が多すぎた。ひたすら食べることになった」(49歳/主婦)

「外国のお菓子。沢山入ったクッキー缶でしたが、個包装されていなかったので、一度開けたら最後。すぐに湿気ってしまい全部食べ切れませんでした」(45歳/主婦)

手土産やおすそ分けに便利なのが食べ物ですが、“適切な量”でないと困ってしまうことに。家族の人数や季節も考慮してもらえると、嬉しいですよね。

賞味期限が近い・不明

「賞味期限が今日!というものをもらい、うーーん、と正直複雑な思いでした」(54歳/その他)

「生菓子。賞味期限が1日しかなくて困った」(49歳/主婦)

「賞味期限が切れているお菓子。食べさせたくなかったけど、あとで何か言われたくなかったので、おやつの時に出しました」(49歳/主婦)

「賞味期限の書かれていない箱から出した小分け。いつまでかわからなくて困る」(41歳/主婦)

賞味期限まで十分に日がないと、すぐに食べなければならないので困ってしまいますよね。特に夏場に生ものは、よくよく考えた方がいいのかも。

下処理が必要

「マグロのあら。どう料理していいかわからなかった。調理済みならありがたい」(39歳/主婦)

「下処理のしていない山菜は処理に時間がかかるので困ります」(51歳/その他)

「いか。大量に頂いたがさばくのが大変だった」(49歳/営業・販売)

「タケノコ。茹でるの大変」(53歳/主婦)

「殻付きのかき。食べにくかった」(42歳/主婦)

食べるために下処理が必要なものは、時間や手間がかかってしまい大変。調理の仕方がわかりにくいものは、レシピや処理の方法のメモまで添えてもらえると、ありがたいですね。

手作り

「手作りおかずのタッパー詰め。普段はとても美味しくありがたく頂いているが、我が家全員が苦手な食材が入っていた時には困ってしまった」(41歳/その他)

「手作りの抹茶寒天はあまり美味しくなかった」(48歳/その他)

手作りの食べ物なども挙げられました。「潔癖症で人の作ったものが食べられないので……」(52歳/主婦)という声があるように、手作りのものに拒否反応を示す方もいるようです。

要冷蔵・冷凍

「大量のアイスとジュース。アイスの量が多すぎて冷凍庫が機能しなくなった。ジュースも要冷蔵だったので困りました。気持ちだけで良いのですが多すぎるのも困ります」(38歳/主婦)

「スイカ。大好きだけど、まるごと1個はさすがにちょっと。冷蔵庫にも入らないし」(56歳/主婦)

「夏場の大量の冷蔵物」(56歳/主婦)

「ケーキ。冷蔵庫の場所を取る」(39歳/その他)

冷蔵庫や冷凍庫を占領するような量・サイズの食べ物は、困らせてしまう傾向が高いよう。要冷凍・冷蔵のものなら、なるべく小さなサイズのものを選ぶなどの配慮が必要ですね。

洋服・靴・・・困ったポイントは?

「サイズが合わない靴」(48歳/主婦)

「靴。私の趣味ではなかったので」(49歳/総務・人事・事務)

「洋服を買ってきてくれたのはいいが、サイズが小さくて結局着られなかった」(30歳/その他)

「趣味に合わないハンカチです」(42歳/主婦)

「手作りのアクセサリー。私の趣味にも服装にも合わず、捨てる訳にもいかず、困った」(58歳/営業・販売)

食べ物の他には、洋服や靴という回答もいくつか寄せられました。「サイズが合わない」「趣味じゃない」といった理由で、困る人が多数。好みがわかれるアイテムだけに、手土産に選ぶにはややハードルが高いかもしれません。

 

自分が手土産を贈る側になった場合を考えてみると、せっかく渡しても困らせてしまったとしたら残念ですよね……。相手をがっかりさせないために気を付けるべきポイントとして、このアンケート結果を参考にしてみてください。

プロフィール

佐藤まきこ
佐藤まきこ

雑誌・ウェブ編集者やファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、現在はフリーランスのプランナー、エディターとして活動中。ハワイ、オアフ島在住。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集