子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

どっちがいい?家事をまったくしない夫or中途半端にする夫…それぞれの理由も調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

妻にとって、家事を完璧にできる夫は理想的だと思いますが、実際にはそんな夫は少ないのではないでしょうか? とりあえず、家事をやってくれるだけでもありがたいところですが、それがあまりに中途半端だと、「これならやってもらわないほうがマシ」なんて気持ちになることも。そこで『kufura』では、20〜50代の既婚女性155人にアンケートを行い、家事をまったくしない夫と中途半端にする夫のどちらがいいか、その理由も併せて聞いてみました。

中途半端でもいいからやってほしいという意見が多数!

まず最初に、「あなたは、家事をまったくやらない夫と中途半端にやる夫のどちらがいいと思いますか?」と聞いてみたところ、以下のような結果となりました。

「家事をまったくやらない夫」・・・55人

「家事を中途半端にやる夫」・・・100人

このように、中途半端でもいいから夫には家事をやってほしいと考えている人が圧倒的に多いことがわかりました。では、皆さんがなぜそのように考えているのか、それぞれの理由も見てみることにしましょう。

中途半端でもやってくれるほうがいいと思う理由は?

ではまず、「中途半端でも家事をやってくれる夫のほうがいい」と考えている人たちの理由をご紹介していきます。

<教えればきちんとできるようになる可能性がある>

「今家事を何もやらない人は、これからも絶対に変わらないけれど、やろうとする気持ちのある人は、今後家事スキルが上がる可能性もあると思うので、中途半端でもやってくれる夫のほうがいいです」(43歳/主婦)

「最初は中途半端でも、きちんと教えればそのうちできるようになると思うので、少しでも家事をやる気のある夫のほうがありがたいです」(51歳/総務・人事・事務)

「中途半端でもやる気持ちがあるなら、こちらがうまく誘導していけば、なんらかの家事を丸ごと担当してもらうようにすることも可能だと思います」(54歳/主婦)

中途半端でもやってくれる夫の場合は、家事に対する意欲が多少はあるので、これから教えることで今後きちんとできるようになる可能性もあります。そのため、まったくやる気がないよりは、中途半端にでもやってくれるほうがいいと考えている妻が多いようです。

<中途半端でもやってもらえるとありがたい>

「少しでも夫に家事をやってもらえると助かるので、中途半端でもいいのでやってくれたほうが嬉しいです」(43歳/営業・販売)

「夫に少しでも家事をやってもらえれば、私自身が少しラクになるので、中途半端でもやってくれたほうがいいと思います」(20歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「家事をやる気持ちがあるだけで、中途半端でも十分ありがたいです」(53歳/主婦)

「私も完璧ではないので、どんな形であれ夫が家事をやってくれるのは助かります」(43歳/主婦)

中途半端であっても、夫に家事をやってもらえれば、妻の家事負担が少しは減ってラクになりますよね。なので、どんな形であれ夫が家事をやってくれるのはありがたいと感じているという声も目立ちました。

<まったく家事をやらないよりはマシ>

「何もしないで家でゴロゴロされるよりは、中途半端でもやってくれたほうがマシ。私や家のことを、少しは気にかけてくれているんだなと思うことができます」(33歳/主婦)

「家事に対して、夫がまったくやる気を見せないのはすごく腹が立つので、中途半端でもいいのでやってくれたほうが嬉しいです」(50歳/総務・人事・事務)

「どんなに中途半端でも、家事を何もやらないよりはマシだと思います」(51歳/主婦)

やはり、夫が一切家事をやらずに、すべて妻に任せきりというのは腹立たしいものですよね。中途半端でもいいので少しでもやってくれたほうが、何もしないよりはいいと考えている人もたくさんいるようです。

<中途半端でもやっていればイザというときに助かる>

「中途半端でもいいので、少しでも家事をできるようにしておけば、私が入院するなど、万一何かあったときに安心です」(40歳/金融関係)

「普段から少しでも家事をやってもらっていれば、私が風邪を引いたときなどに助けてもらうことができます」(46歳/その他)

「まったく家事ができないと、私が病気になったときなどにすごく困るので、中途半端でも構わないので、普段から家事をやってくれたほうがいいと思います」(45歳/主婦)

中途半端でも、夫が普段から家事をやっていれば、自分が病気になったときなどに助かると考えている人も多い様子。たしかに、夫が何もできないと、妻は体調が悪くてもおちおち寝ていることもできませんよね。中途半端でもいいので、夫が家事をできるようにしておけば、いざというときにも安心ですね。

家事をまったくやらないほうがいい理由は?

では反対に、「家事をまったくやらない夫のほうがいい」と考えている人たちの理由も見ていくことにしましょう。

<家事はすべて自分のペースでやりたい>

「家事は自分のやり方で、自分の思う通りに進めたいので、ダンナに中途半端に手を出されるのは迷惑です」(35歳/主婦)

「自分の決めた段取りどおりに1人で家事をやるほうが、すべてスムーズに進むので、わざわざ中途半端に夫にやってもらう必要はありません」(52歳/主婦)

「自分のペースで家事をしたいタイプなので、夫に中途半端にやられると、ペースを乱される感じがして嫌。まったくやらない夫のほうがありがたいです」(51歳/金融関係)

中途半端に夫に手を出されるのは邪魔だし、自分のペースを乱されてイライラするという人も少なくない様子。特に、家事は自分のペースで思い通りにやりたい人は、中途半端に夫にやられるくらいなら、最初から何もしないでほしいと思っているようです。

<あとでやり直さなくてはいけなくなるのが面倒>

「主人は家事をやってはくれるものの、すべてにおいて中途半端で、結果私がやり直すハメに。それなら、最初から自分ですべてやったほうが効率がいいです」(37歳/主婦)

「中途半端に家事をされて、結局私があとでやり直すのが面倒。しかも、やり直すのを見て夫が逆切れするのも嫌です」(52歳/主婦)

「自分1人で家事をするよりも、夫に中途半端にやられて、あとでやり直すほうが大変なので、最初から何もしてもらわなくていいです」(52歳/主婦)

「夫の家事が中途半端だと、結局私がやり直すことになってしまうので、二度手間になって困ります」(26歳/主婦)

夫の家事が中途半端だと、妻が残りをやったり、または最初からやり直しをする必要が出てくるため、余計に時間がかかったり、二度手間になったりしてすごく面倒ですよね。これが嫌だから、夫には一切家事をやってほしくないという声も目立ちました。

<中途半端なのに夫にやった気になられるのが嫌>

「夫は中途半端に家事をやっただけで、自分ではすごくやったつもりになるところが腹立たしいので、それなら何もしてもらわないほうがマシです」(50歳/主婦)

「中途半端にやっただけでドヤ顔をされるのが嫌なので、それなら何もやってもらわなくていい気がします」(52歳/総務・人事・事務)

「めちゃくちゃ中途半端なのに、夫がやってやったぜ感を出してくるのがすごくイラつくので、それなら何もやらないほうがありがたいです」(51歳/総務・人事・事務)

家事がすごく中途半端でも、きちんとやったつもりになってドヤ顔をしてくる夫も意外と多い様子。妻からしたらまだ足りないのに、夫がやってやった感を醸し出してくると、妻としてはイラッとしてしまいますよね。それなら、最初から何もやらないほうがマシという気持ちになるのもよくわかります。

<ほかにはこんな理由も!>

「最初から何もやってもらわないことにしていれば、夫に余計な期待をすることもないので、裏切られたり、腹が立つこともありません」(23歳/主婦)

「私よりも夫のほうが何かと細かくて、家事をやってもらうと逆にダメ出しされてしまうことが多いので、すべて自分でやってしまうほうが気がラクです」(50歳/主婦)

ほかにも、中途半端にやられるくらいなら、何もしないほうがいいと感じている理由はいろいろありました。夫に期待を裏切られてイライラするのはストレスの元なので、最初から一切家事はやってもらわないほうがいいという人も多いようです。

いかがでしたか? 今回の調査では、中途半端でも夫に家事をやってほしいという人のほうが圧倒的多数でしたが、皆さんはどちらの意見を支持しますか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集