子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【夫編】俄然やる気が出る!「妻に言ってほしい言葉」。320人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

たとえどんなに疲れていても、妻や夫からの自分に対する優しい言葉で、なんだか急に気分が良くなって、「頑張るぞ!」とやる気が出ることってありませんか? 今回は、【夫編】として、20~50代の既婚男性320人に「俄然やる気が出る、妻に言ってほしい言葉」についてアンケート調査しました。

感謝の言葉「ありがとう」

「すごく素朴ですが、やはり『ありがとう』という感謝の言葉がいちばん言われて気持ちがいいし、自分のやる気アップにもつながる気がします」(55歳/研究・開発)

「何気ないひと言ですが、妻から『ありがとう』と言われると、しんどくても頑張ろうと思うことができます」(43歳/その他)

「妻から『いつもありがとう』と感謝されるだけで、明日もまた頑張れます」(58歳/公務員)

「生活費を渡すときに、『ありがとう』と言われると、家族のために頑張って働いて良かったと実感することができます」(53歳/その他)

妻に言ってほしい言葉としていちばん多かったのは、「ありがとう」でした。とてもシンプルな言葉ではありますが、相手に対する感謝の気持ちがしっかりこもっているので、言われた夫はすごく嬉しいし、また頑張ろうとやる気が出るようです。夫婦がお互いに相手を思いやって、「ありがとう」の言葉が溢れる毎日が送れるといいですよね。

「お仕事頑張ってくれてありがとう」

「仕事から帰ったときに、『今日もお仕事頑張ってくれてありがとう』と言われたら、感謝されていることがしっかり伝わるので、すごく嬉しいです」(38歳/その他)

「やっぱり、『いつも家族のためにお仕事頑張ってくれてありがとう』と言われると、自分が家族の役に立っていると実感することができて嬉しくなります」(49歳/営業・販売)

「疲れているときなど、『いつも一生懸命働いてくれてありがとう』と言われると、すごく嬉しいし、また頑張るぞと思えます」(42歳/その他)

「シンプルですが、『いつも家族のためにお仕事頑張ってくれてありがとう』と言われると、『もっと頑張ります!』という気持ちになれます」(44歳/総務・人事・事務)

一家の大黒柱として働く男性は、いろいろとプレッシャーも多く、何かと大変ですが、「お仕事頑張ってくれてありがとう」という妻からの感謝のひと言により、家族のために毎日頑張って働こうと元気が湧くようです。夫がかなり疲れているなと感じたときは、妻は日々の感謝の気持ちを込めて、この言葉を夫に伝えてみてはいかがでしょうか?

「お疲れ様」「ご苦労様」など労いの言葉

「疲れて帰ったときに、『遅くまでお疲れ様でした』と言ってもらえると、また明日も頑張ろうという気になれます」(39歳/コンピュータ関連技術職)

「家族のために働いている自分を労ってくれている感じがするので、『お仕事お疲れ様』という言葉がいちばんやる気が出ますね」(33歳/研究・開発)

「朝から『今日もご苦労様。頑張って』と言われると、その日1日やる気が出ます」(44歳/公務員)

「給料明細を渡すときに、『ご苦労様でした』と言ってもらえると、また次も頑張ろうと思えます」(51歳/営業・販売)

「お疲れ様」や「ご苦労様」といった妻からの労いの言葉も、夫にとってはすごく嬉しい様子。先の「ありがとう」などと比べると、ちょっと照れ屋な妻でもかなり言いやすい言葉だと思うので、たまには夫にこんな言葉をかけてあげてみてください。

「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」

「出勤の際に、『気をつけて行ってらっしゃい』と言われると、『今日も1日頑張るぞ』とやる気が出ます」(56歳/その他)

「当たり前のようにも思える言葉ですが、家を出るときに妻に『行ってらっしゃい』と言われるだけで、かなりやる気が出ます」(28歳/営業・販売)

「毎朝『行ってらっしゃい』と言われるだけで、働く意欲が湧いてきます」(54歳/公務員)

「仕事から帰ったときに、ただ『お帰りなさい』と言ってもらえるだけで嬉しいです」(33歳/その他)

「帰宅したときに、『お帰りなさい』と言われると1日が無事に終わった感じがするし、『また明日も頑張ろう』という前向きな気持ちになれます」(58歳/総務・人事・事務)

普段何気なく言っている「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」という挨拶的な言葉も、夫にとっては十分やる気が出る言葉の一つのようです。この二つの言葉だけは毎日忘れずに、夫に言うようにしたいものですね。

「好き」「愛してる」などの愛の言葉

「妻に『好き』って言われると、ちょっと大変なことでも頑張れるような気がしてやる気が湧いてきます」(46歳/デザイン関係)

「結婚して何年たっても、妻から『大好きだよ』と言われるのはすごく嬉しいし、妻や家族のためにも頑張ろうという気持ちになります」(41歳/総務・人事・事務)

「やっぱり『愛してる』だと思います。これを言われると、俄然やる気が出ますね」(55歳/金融関係)

「妻から『愛してるよ』と言われると嬉しいし、やはり『妻のためにも頑張らなくては』という気持ちにもなりますね」(55歳/その他)

妻からの「好き」「愛してる」といった言葉は、「嬉しいだけでなく、妻のためにも頑張ろうとやる気が出る」という声がたくさん聞こえてきました。やはり愛の言葉の力はすごいんですね。

「頼りにしている」「あなたがいてくれて良かった」

「妻から『頼りにしている』と言われると、言葉どおり頼られていることがわかるので、責任感を感じてやる気が出ます」(56歳/研究・開発)

「普通に『頼りにしてます』と言われるだけで、妻や家族のために頑張ろうという気持ちになります」(54歳/金融関係)

「妻から『あなたがいてくれて良かった』と言われると、自分が特別な存在であるように思えて、自信が持てます」(42歳/総務・人事・事務)

「何か困ったことがあったときに、『あなたがいてくれて本当に良かった』と言われると、すごく嬉しいし、『なんでも任せてくれ』という気持ちになります」(54歳/その他)

妻から頼りにされていると感じることで、夫のやる気はグンとアップするため、「頼りにしている」「あなたがいてくれて良かった」などの言葉も、多くの夫が妻に言ってほしいと考えているようです。頼りにされると嬉しいし、「任せておけ」という気持ちになったりもするので、夫のモチベーションを上げたいときにピッタリの言葉といえそうですね。

やった家事に対する褒め言葉やお礼の言葉

「食事を作ったときに、妻が『美味しい』と言ってくれるだけで嬉しくなるし、また次も美味しいものを作ってあげようという気持ちになります」(33歳/営業・販売)

「週末は炊事全般を自分がやっていますが、作った料理を『お店のみたいだね』と褒められると、気分が良くなってまた次も頑張ろうという気になります」(48歳/営業・販売)

「なかなかきれいに掃除はできないものの、『お掃除ありがとう』と妻に言われると、また次も頑張ろうという気持ちになります」(38歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ちょっとした家事をやったときに、『ありがとう』とお礼を言われると、やって良かったと感じることができるし、家事に対するやる気にもつながります」(47歳/営業・販売)

今まで紹介してきたものは、どちらかというと仕事に対する夫のやる気がでる言葉でしたが、家事に関しても、妻になんらかの言葉をかけてもらうことで、夫はまた頑張ろうという気持ちになるようです。夫にもっと家事を担当してほしいと思っている場合、夫がやってくれたときに、このような感謝の言葉を素直に言ってみるとさらにやる気が出てくれるかも!?

ほかには妻からのこんな言葉でやる気が出る!

「朝、仕事に出かける前に『今日もかっこいいね』と言われるだけで、なんとなく元気が出ます」(53歳/会社経営・役員)

「妻から『早く会いたいから帰ってきて』と言われると、『仕事を早く終わらせなくては』と俄然やる気が出ます」(30歳/学生・フリーター)

「休日に『今日はゆっくり休んでいいよ』と言われると、妻が自分の頑張りを認めてくれていると実感できるし、また来週も頑張ろうと前向きになれます」(52歳/営業・販売)

ほかにも、妻に言ってもらいたい言葉はいろいろ。どんな言葉でも、妻の気持ちがこもっているものなら、夫は嬉しいし、俄然やる気も出るようです。

いかがでしたか? 意外にも、何気ないちょっとした言葉のほうが、夫のモチベーションが上がってやる気が出ることも多いようです。夫が喜んでくれるのは妻としても嬉しいですよね。ぜひご紹介した言葉を参考に、今日から実践してみてはいかがでしょうか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集