子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【妻編】こんなはずじゃ…!? 「結婚10年後のリアルな夫婦像」よかった面・悪かった面を結婚10〜15年目の妻に聞いた

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

結婚生活には“想定外”が待っています。よくも悪くも「こんなはずじゃなかった」と感じたことがある人は少なくないと思います。さて、結婚10年を経た夫婦は、どんなことが想定外だと感じているのでしょうか。

『kufura』編集部は、結婚後10年以上~16年未満の既婚男女(男性82人/女性48人)にアンケートを実施。

「結婚10年後の夫婦の関係性」について、結婚する前に想像していたよりも“よかった面”と“悪かった面”をうかがいました。

「夫編」から続く今回は、既婚女性の回答をご紹介します。

「結婚10年後の夫婦の関係性」思ったよりよかったことは?

まず最初に、結婚前に想像していたことよりも“よかったこと”についての声をご紹介します。

(1)「良い関係」が続いている

「子どもができても大切にしてくれるところが変わらないです。親という役割もありますが、恋人であり、親友であります」(34歳・主婦/結婚11年)

「もっとドライな関係かと思っていたけど、夫はかなり愛情深いと思います」(38歳・主婦/結婚12年)

「ずっと新鮮な気持ちで仲が良い」(32歳・デザイン関係/結婚10年)

「結婚前と変わらない感じで過ごせています。良い面も悪い面もお互いにありますが、それでも10年前と、相手を思う気持ちは同じままです」(38歳・主婦/結婚11年)

夫サイドからも同様の回答が多く見受けられました。お互いの存在を当たり前とせず、相手を大切に扱っていることがうかがえます。

(2)「同士」「戦友」になった

「夫が社長で一緒に自営業を営んでいる。子どもはいないが、会社を共にやっていることで戦友であり大事なパートナーであると強く認識している」(50歳・総務・人事・事務/結婚12年)

「ラブラブのカップルから、ともに生計を立てる同志になった」(49歳・営業・販売/結婚15年)

「戦友のような関係」(38歳・主婦 /結婚10年)

「お互いに色んな病気をして、ストレスを溜めず、体に負担や精神的負担のかかるような仕事を、お互いに辞めていいよっていいあえる関係。子どもがいないから余計に気遣える仲になった。共に苦手な部分を得意な部分で補う感じ」(41歳・主婦/結婚15年)

“同士”“戦友“のほかに“仲間”“パートナー”“チーム”という言葉も聞かれました。

結婚当初の関係とは変わっていても、現在の関係に満足している人は少なくありませんでした。

(3)言いたいことを言えるようになった

「なんでも言い合えるようになった」(40歳・主婦/結婚12年)

「遠慮なく何でも言える存在になった」(37歳・主婦/結婚13年)

「何でも話せ、よき理解者になってくれています」(50歳・主婦/結婚 13年)

“本音”や“素の自分”を受け止めてもらえるという安心感は長く時間を過ごした夫婦の強みですね。

(4)自然と支え合える関係になった

「頼って頼られて当たり前の存在」(38歳・主婦/結婚14年)

「お互いのことを思いやった関係だと思います」(41歳・その他/結婚10年)

「阿吽(あ・うん)の呼吸ができるようになったこと」(46歳・その他/結婚15年)

日々の“思いやり交換”の積み重ねは、暮らしの安心感につながっていくのかもしれません。

結婚前に想像していたよりも「悪かったこと」

続いて、結婚10年以上たって、結婚前に想像していたことよりも“悪かったこと”についての声をご紹介します。

(1)家事・育児分担の不平等感

「役割分担の不公平感」(48歳・営業・販売/結婚15年)

「家のことはあまり分担してくれない」(49歳・営業・販売/結婚15年)

「共働きにもかかわらず、家事が分担できていないこと」(44歳・主婦/結婚13年)

「家事をやるのがあたりまえな感じで感謝されない」(44歳・その他/結婚13年)

妻サイドから最も多く聞かれた単語は“家事”でした。夫が“妻がしてくれないこと”に言及している人が多かったのに対し、妻からは分担できていないことへの不満が目立ちました。

(2)夫婦の会話が減った

「会話がなくなってきた」(44歳・主婦/結婚11年)

「会話が本当に少なくなった。こちらから話しかけないと、向こうから新たなネタを振って来ない。昔は口下手なりに、話題を見つけてくれていたのだと実感しているところだ」(47歳・主婦/結婚11年)

「相手との意思疎通があまりないこと」(44歳・主婦 /結婚11年)

同じ空間で同じ物を食べて暮らしていれば、当然、新鮮なネタは枯渇してくることもあるでしょう。それでも、日々起こる小さなできごとに耳を傾け合う関係でありたいですよね……。

(3)夫からの愛情を実感する機会が減った

「大切にしてもらえてない」(38歳・主婦/10年)

「釣った魚に餌をやらない」(40歳・金融関係/10年)

話を聞いてもらえない、頼んでも家事をしてくれない、愛情表現をしてくれない……といった夫の行動によって「大切にしてもらえていない」と感じている女性の声も。

(4)夫の「短所」が気になる

「今まで見えなかった考え方の違いや、デリカシーのなさを感じ始めるとずっと気になる」(38歳・その他/結婚13年)

「自己都合ばかりで、こちらに合わせてくれなくなった」(36歳・主婦/結婚11年)

同様の回答は、男性からも聞かれました。

 

以上、2回にわたり、結婚10年を経たカップルの“想定外”についてうかがいました。

男女ともに信頼関係を築き、協力し合えていることを「よかった」と回答している人が多かったのに対し、「家族になった」ことを理由にコミュニケーションや思いやりが減ったことについて不満を感じている人が多く見受けられました。

個人的な経験をもとに「結婚とは○○」と断定する言葉も見受けられますが、10年後に見える風景は1人ひとり異なっているのかもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集