子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

たった100円で毛穴レスの陶器肌に!ダイソー「こんにゃくパフ」が優秀すぎ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

“こんにゃくパフ”もしくは“こんにゃくスポンジ”と呼ばれる洗顔ツールをご存知ですか? その歴史は古く、なんと江戸時代から日本人が使ってきた道具なんです。

そんな昔ながらのこんにゃくパフですが、ここ最近、その人気が沸騰しています。毛穴が目立たなくなり、肌がツルツルすべすべになるというのがその理由。『まかないこすめ』や『よーじや』といった、有名な和コスメブランドからも発売されていますが、じつは100均の『ダイソー』のこんにゃくパフが、値段以上の実力だとSNSで話題!

そこで今回は、美容ライターの私、徳永幸子が、プロの目線から、その効果や正しい使い方、保存方法などを紹介します。

こんにゃくパフの特徴は?天然素材100%で敏感肌にもやさしい

こんにゃくパフとは、その名の通り、こんにゃくで作った洗顔用のパフ。天然のこんにゃくマンナン100%でできています。

江戸時代より、赤ちゃんの肌を洗うための道具として使われてきたほど、肌にやさしいのがその特徴。というのも、食用のこんにゃくのぷるんとした感触からもわかるように、こんにゃくには高い保水力があり、水に浸したこんにゃくパフは、表面につねに水の膜が張っているような状態になっているそう。そのため、こんにゃくの繊維が肌に直接触れにくいので、低刺激なのです。

また、合成防腐剤、合成香料、合成酸化防止剤など、市販の洗顔料の多くに使われているような化学薬品を使用していないのも、肌にやさしいもうひとつの理由。

このような理由から、赤ちゃんや敏感肌、アトピーの人など、肌が弱い人も安心して使えるんですよ。

ダイソーの「こんにゃくパフ」緑と白の違いは?

このこんにゃくパフ、ダイソーでは『天然こんにゃくパフ』という名前で売られていて、白くて半球型のものと、グリーンのしずく型の2種類があります。

もちろん原材料は同じ、こんにゃく100%です。違うのは、形だけ。

白よりもグリーンのほうが、角があるぶん小鼻のワキなど細かい部分にもフィットして顔を洗いやすいといった印象。小鼻の角栓や鼻横の頬の毛穴が気になる私は、丸いタイプのものよりこちらのしずく型タイプのほうが、細かい部分までキチンと洗えて重宝しました。

ツルスベたまご肌に!美肌への効果とは

こんにゃくの繊維が、古い角質や毛穴の汚れだけでなく、産毛までからめとってくれるため、洗顔後は肌がつるんとなめらかに。

また、余分な角質をオフするので、使い続けることで薄皮を一枚はいだかのように肌がトーンアップ。洗顔後に使う化粧水などのスキンケアアイテムの浸透もよくなります。毛穴のつまりや古い角質が落ちた肌は、メイクのノリも格段にアップしますよ。

こんなにいいことづくしならば、使わない手はありません!

間違うと肌にダメージ!こんにゃくパフの正しい使い方は?

こんにゃくパフの存在を初めて知ったという人も多いかと思いますので、正しい使い方について紹介します。

そのまま使うのはNG!水かお湯につけて柔らかくして

こんにゃくパフは、販売されている状態ではカチカチ。まるで軽石かヘチマたわしのよう。ダイソーのパッケージには保管方法しか書いてないので、間違ってその状態のまま使ってしまうと大変! 硬いままでは肌ダメージが大きく、角層を傷めてしまいます。

使うときは、まず最初にぬるま湯か水につけてください。5分ほどすると、水を含んで柔らかくなります。

まるでナイロンスポンジのようにふにゃふにゃに。水を含んでも大きさはほとんど変わりませんが、感触はぷるんとみずみずしく変化しました。

洗顔料は必要なし!

こんにゃくパフを覆う水の膜は、弱アルカリ性。一方、肌の垢や角栓は弱酸性です。そのため、洗顔料を使用しなくても、こんにゃくパフのみで肌の汚れが中和分解され、洗い流されるというスグレモノ。どこまでもナチュラルな洗顔ツールなのです。洗顔料を泡立てる手間がないのも、時短になって忙しい女性には大助かりなのではないでしょうか。

メイクをしている場合は、きちんとクレンジングをしてから使用してください。W洗顔が必要なクレンジング剤なら、洗顔料を使っての洗顔もすませておきましょう。

こんにゃくパフにたっぷりと水を含ませたら、やさしくなでるように肌の上を滑らせて。ムニムニっとした肌あたりで、クセになる心地よさです。

くるくると円を描くようにマッサージすると、毛穴の汚れがより効果的にオフできますよ。

ただし、毛穴のつまりが気になるからといって、力を入れてゴシゴシするのは絶対にNG! 摩擦による刺激は、摩擦ジミや乾燥などの肌トラブルを招きます。

浴室内に置いておくのはNG!正しい保管方法は

こんにゃくパフの保管方法も、これまた独特。正しい方法で使うことが、長持ちさせる秘訣です。

洗顔後はやさしく絞って

使用したあとは、水かぬるま湯ですすぎます。そのあと、やさしく絞ってください。このとき、けしてギュッと力を入れたり、ねじったりしないこと。というのも、こんにゃくパフの繊維は天然のものなので、デリケートで壊れやすいんです。2~3度に分けて、上から押さえつけるように水気を切るのがおすすめです。

冷蔵庫で保存するのがおすすめ!

水気を切ったあとは、チャック付のビニール袋やプラスチック製の食品保存容器に入れて、冷蔵庫にしまいましょう。

もしくは、風通しのいい涼しい場所に吊るして陰干しし、乾燥させてもOK。

前述したように、こんにゃくパフはケミカルな防腐剤を使わず、天然素材のこんにゃくだけでできたもの。そのため、浴室内など湿度の高い場所に置いておくとカビが生えてしまうことも。少し面倒でも、必ずこの2つの方法いずれかを守ってくださいね。

使用期間はどれくらい?安いのでケチらずこまめに取り換えて

使用頻度や、保存状態によっても変わってきますが、だいたい3週間~1カ月半くらいが目安です。使っていくうちにどんどん小さくなりますが、表面にヒビが入ったり、ポロポロと崩れてきたら取り換えのサイン。たった100円で買えるものなので、衛生面を考えても、1カ月程度でこまめに取り換えたほうがいいでしょう。

使って1週間ほどですが、小鼻やアゴのザラつきが気にならなくなってきた気がします。たった100円で美肌が叶うなんて、使わないとソン! 毛穴のない陶器肌を目指して、一度試してみてはいかがでしょうか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載