kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

目覚めの一杯何飲む?みんなのTOP10と専門家のおすすめ朝ドリンク

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

1日を元気に過ごすためにも、朝は自分の体にしっかりエンジンをかける必要があります。皆さんは目覚めの一杯として、毎朝どんな飲み物を飲んでいますか? 今回は『kufura』が女性500人に実施したアンケート調査をもとに、「毎朝飲んでいる飲み物」人気TOP10と管理栄養士によるおすすめの飲み物をご紹介していきます。

「毎朝飲んでいる飲み物」人気のTOP10は?

皆さんには18の選択肢の中から、目覚めの一杯として朝によく飲んでいる飲み物をいくつか選んでもらいました。早速、人気TOP10を見ていきましょう。

第10位:豆乳・・・30票

第9位:乳酸菌飲料・・・33票

第8位:野菜ジュース・・・35票

第7位:ココア・・・44票

第6位:白湯・・・56票

第5位:紅茶・・・63票

第4位:牛乳・・・86票

第3位:水・ミネラルウォーター・・・98票

第2位:緑茶・・・114票

第1位:コーヒー・・・193票

200票近い圧倒的な支持を集めて第1位に輝いたのは、「コーヒー」でした。やはり、あの香ばしい香りとほろ苦さは、目覚めの一杯に最適ですよね。カフェイン効果で、頭も体もスッキリしそうです。

第6位にランクインした「白湯」は、健康法の一つとして最近よく話題になっていることもあり、人気が高いようです。

話題の「アーモンドミルク」「グリーンスムージー」は10位圏外

11位以下については、次のとおりの結果となりました。

第11位「ヨーグルトドリンク」、第12位「オレンジジュースなどのフルーツジュース」、第13位「ハーブティー」、第14位「トマトジュース」「ゼリー飲料」「アーモンドミルク」、第17位「栄養ドリンク」、第18位「グリーンスムージー」。

意外だったのが、今回、最下位となってしまった「グリーンスムージー」。一時期は美容や健康にいい飲み物として、かなり巷で話題になっていましたが、やはり忙しい朝は時間の問題などがあって、毎日作り続けるのが難しいのかもしれません。

また、同じく美容や健康に効果が高いと言われ話題の「アーモンドミルク」は、第14位に。独特な味わいで、好き嫌いが分かれるところではありますが、コーヒーや紅茶、ココアに入れる、もしくはバナナジュースやスムージーに使うなどすると、意外と美味しく飲めるようです。今まで試したことのない人も、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

おすすめは「白湯」と「トマトジュース」

では実際には、体のことを考えると朝はどんな飲み物を飲むのがいいのでしょうか? 管理栄養士の望月理恵子さんに、おすすめの飲み物を聞いてみました。

「皆さんに人気だった『コーヒー』と『緑茶』は、両方ともカフェインが多く、朝の目覚めにも良さそうですが、空腹で飲んだ場合は、胃を刺激し、実は口臭の原因にもなります。また、カフェインには体を冷やす働きがあるので、体温が低い朝に空腹の状態で飲むのはあまりおすすめできません」(以下、「」内は望月さん)

カフェインを多く含んだコーヒーや緑茶を飲む場合は、きちんと朝食を食べたあとに飲むのがいいようです。

「水・ミネラルウォーターは、冷たすぎるものではなく、常温のものがおすすめです。ただ、便秘がちな人については、冷たいものを飲んで腸を刺激するのも効果的です。

健康のためには、朝飲むものとして人肌程度に温めた白湯がおすすめ。朝方は血栓ができやすい時間帯でもあるので、白湯で冷えた体を温めて体をしっかり起こしてあげるのがいいでしょう」

そのほかのおすすめの飲み物は?

「美容のためには、朝はトマトジュースがおすすめです。トマトジュースに含まれるリコピンは美白効果や抗酸化作用があり、朝がいちばん吸収がいいことも分かっています。オリーブオイルを少々垂らして飲むとよりいいでしょう」

いかがでしたか? 皆さん、目覚めの一杯として、朝はいろいろな飲み物を飲んでいるんですね。特に人気だったコーヒーと緑茶は、意外にも朝の空腹時に飲むのはよくないそうなので、気をつけましょう。朝の飲み物としては、白湯やトマトジュースがおすすめとのことですので、今後はこの2つを目覚めの一杯として積極的に取り入れてみてください。


【取材協力】

望月理恵子

株式会社Luce代表取締役、管理栄養士、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、健康検定協会主催、日本臨床栄養協会評議員、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活躍。共著に『健康管理する人が必ず知っておきたい栄養学の〇と×』(誠文堂新光社)、新著は『体を悪くする やってはいけない食べ方』(青春出版社)。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載