子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ファン垂涎の内容が話題【100年大長編ドラえもん】豪華予約特典もスゴイんです!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ドラえもん50周年を記念して、2020年に数量限定で発売された永久保存版『100年ドラえもん』(全45巻の特別セット)が大好評につき、この春、第2弾が登場! 

今度はなんと『大長編ドラえもん』シリーズ全17巻が豪華愛蔵版セットに。もちろん夢の豪華特典は今回も盛りだくさん! 大人も子どもも楽しめる『100年大長編ドラえもん』の秘密を大公開します。

「映画版のドラえもん」が永久保存版に!

「22世紀の未来までドラえもんを届けたい」という思いからスタートした『100年ドラえもん』企画。ドラえもんの漫画を大切に持っていたい、次の世代にも残したいという愛読者のために、最大限の技術と想像力を用いて、装丁、印刷、製本、用紙など、徹底的にこだわり抜いた永久保存版です。

今回はみんなの熱い声に応えて、『大長編ドラえもん』を愛蔵版に。『大長編ドラえもん』とは、分かりやすくいうと、みなさんもよくご存知の「映画化されているドラえもん」です。

藤子・F・不二雄先生は、映画のドラえもんの原作として、映画公開に先立って、1980年より毎年『月刊コロコロコミック』で長編作品を連載。この愛蔵版では、第1作『のび太の恐竜』から第17作『のび太のねじ巻き都市冒険記』まで、全17巻を豪華版で読めるんです!

装幀はブックデザイナーの名久井直子氏。「オリジナルレザー調クロス装」で耐久性と美しさを両立。タイトルや巻数は「特殊金箔押し」で、まるで図鑑や百科事典のような高級感!

他にも製本や印刷にとことんこだわり抜き、最大級の技術を集結させた永久保存版なんです。

私も子どもの頃、映画のドラえもんが大好きでした。映画版はちょっとミステリアスでハラハラドキドキ。ジャイアンやスネ夫がいつもより優しくて、仲間を想う大切さや勇気を教えてもらいました。豪華版で改めて手に取って読むことができたら……至福のひとときですね。

さらに、夢の「豪華5大特典」も見逃せない!

そして見逃せないのが、贅沢すぎる5つの特典。豪華な内容はこちら!

(1)別巻その1 『大長編ドラえもん 0巻』

第1作である『のび太の恐竜』の2つの初出バージョンを、初のカラー完全収録。さらに、藤子・F・不二雄先生が子どもの頃、映画への夢を綴った単行本未収録エッセイ、鼎談なども収録。ここでしか手に入らない特別な単行本です。

(2)別巻その2  完全総合索引『大長編引くえもん』

『100年ドラえもん』の特典として制作され、マニアも驚嘆した『引くえもん』がパワーアップ! 辞書のようにキャラクターやひみつ道具などを引くことができ、大長編に登場する項目を徹底網羅しています。

(3)別巻その3 完全扉絵画集『大長編ドラ絵もん』

連載時の扉絵や、コミックスの表紙イラスト・企画カットなどをカラー収録して1冊に。『藤子・F・不二雄大全集』にも未収録のレアな画稿も多数あるとか!

(4)『大長編ドラえもん』17作品シーンアートポスター(全17枚セット)

『大長編ドラえもん』の名場面を1作品ごとに選び抜き、高品質印刷で原画のペンタッチや修正跡まで生かしたA3サイズの特製ポスター。全17枚の豪華セットです。

(5)『ピー助&ドラえもん友情フィギュア』(メディコム・トイ製)

1980年の第1作『のび太の恐竜』公開時に描き下ろした、記念すべきイラストをフィギュアで再現。高いクオリティで、見ているだけで映画の世界に。

購入者限定!『ミニどこでもドア型本棚』も発売します

さらに、『100年ドラえもん』発売の際に大好評だった、購入者限定のどこでもドア型の本棚が、今回も発売決定!

通常のピンクバージョンと原作バージョンの2種類があり、商品同梱の申込書で購入できるそう。これはレアすぎる!&欲しい!(笑)

※画像はイメージ。価格は後日発表予定です。

『100年大長編ドラえもん』の予約申し込み書付きパンフレットは、全国書店で配布中。また特設サイトでは、パンフレットのPDFを公開しています。ダウンロードしたデータをプリントすれば、そのまま申し込み書として利用できますよ。

『大長編ドラえもん』は100年先の22世紀をさらに超えて、いつまでも後世に語り継ぎたい名作ばかり。大人も子どもも楽しめる豪華愛蔵版を、ぜひこの機会に家族で楽しんでみませんか?

取材・文/岸綾香

『100年大長編ドラえもん』(小学館)

著者/藤子・F・不二雄 48,000円(税込)

予約期間:2022年3月4日(金)~5月31日(火)※数量限定受注生産商品

『100年大長編ドラえもん』特設ページはこちら

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集