子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

卵がふわふわ、中までしっとり!イタリア風「新じゃがと春野菜のオムレツ」【プロが教えるおうちイタリアン#18】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

東京都千駄ヶ谷にある隠れ家的イタリア料理店『Bistro Coco 路地裏』のオーナーシェフ・小野宗隆さんに、おうちで楽しむイタリア料理を教えてもらう連載企画。

今回は、旬の新じゃがと春野菜をたっぷり使ったイタリア風の「オムレツ」を紹介します。卵をたっぷり使って食べ応えも満点。おかず代わりになるオムレツです。

弱火でじっくり加熱してふんわり仕上げて

今回紹介するのは、イタリア風のオムレツ。イタリア料理店などでは「フリッタータ」と呼ばれているもの。ホテルで出てくるようなオムレツとは違って、フライパンに卵液を流し込んで大きなサイズで作ります。

「フライパンの大きさに合わせて、卵の量は調整してください。今回は20cmのフライパンを使います。新じゃがや新玉ねぎは加熱してから卵液の中に混ぜ込み、卵の上に彩りのきれいな春野菜をトッピング。弱火でじっくり焼き上げると、ふわふわのオムレツができますよ!」(以下「」内、小野さん)

黄色、緑、赤と見た目も華やかなので、そのままフライパンごと食卓に出せば、盛り上がること間違いなし! 早速、作り方をチェックしてみましょう。

【材料】(4人分)

新玉ねぎ・・・1/4個

新じゃがいも・・・小5〜6個(150〜200g)

アスパラガス・・・4本

ミニトマト・・・5個

卵・・・6個

塩・・・小さじ1、ひとつまみ

こしょう・・・適量

牛乳・・・50ml

粉チーズ・・・大さじ1、大さじ1(最後にかける用)

オリーブオイル・・・大さじ1

ミックスチーズ・・・30g

【作り方】

(1)野菜を切る

新玉ねぎは芯を取り、薄切りにします。玉ねぎは繊維に垂直に切ると火が通りやすく、旨味も出やすくなります。

新じゃがいもは、皮ごと1mmほどの薄切りにします。新じゃがいもは皮がやわらかいので、皮も気にせず食べられます。ぜひ、皮ごと使ってくださいね。

アスパラガスは下の硬い部分をピーラーでむき、硬い部分を2〜3cm切り落とします。ミニトマトは半分に切ります。

「春野菜はスナップエンドウやブロッコリー、ふきのとうやタラの芽など、好みのものを使ってOKですよ」

(2)卵液を作る

ボウルに卵を割り、塩(小さじ1)、こしょうを振り、牛乳を入れて混ぜ合わせます。さらに粉チーズ(大さじ1)を入れて混ぜます。

「少し卵白が残るくらい、混ぜすぎないでOK。卵はコシを切るようなイメージで混ぜるのがポイントです」

(3)新じゃがいもとアスパラガスをゆでる

新じゃがいもは3分、アスパラガスは1分ゆでます。沸騰した湯に同時に入れ、1分経ったらアスパラガスを取り出します。3分経ったら新じゃがいもを取り出し、ざるにあげます。アスパラガスはひと口大に斜めに切りましょう。

(4)玉ねぎを炒める

フライパンに新玉ねぎとオリーブオイルを入れ、強火で炒めます。塩(ひとつまみ)を振り、茶色く色づくまで炒めましょう。

「玉ねぎを炒めるときは、塩を入れると玉ねぎの甘味と旨味がグンと引き出されますよ」

(5)新じゃがと卵液を入れる

新玉ねぎが色づいたら、ゆでた新じゃがいもと卵液を入れます。強火のまま、下から全体をかき混ぜ、8割ほど固まるまでゆっくりと混ぜましょう。

(6)具材をのせ、ふたをして弱火で5分焼く

一度火を止め、ミックスチーズ、ミニトマト、ゆでたアスパラガスを卵の上にのせ、軽く卵に埋め込みます。粉チーズ(大さじ1)を振り、弱火にしてふたをし、5分焼きます。

(7)できあがり!

5分経ったら、皿に盛り付けて完成です。好みで、パセリや粉チーズ、オリーブオイルを振ってもいいですね。

食べてみると、ふわふわで中まで超しっとり! じゃがいもが入っているので食べ応えも満点。アスパラガスの食感もシャキッとちょうどいい。そしてチーズ入りの卵がとってもマイルド。いくつもの具材が混ざり合って、おいしいハーモニーを奏でています。彩りも春らしく、ごちそう感がありますね。

「フライパンが小さい場合は、卵の量を減らしてください。逆に大きい場合は薄くなるので、厚みが欲しい人は卵を増やしてくださいね」

ホームパーティーなどみんなが集まるときに、取り分けて食べるのもおすすめです。ぜひ旬の野菜を使って、試してみてくださいね。

次回は新じゃがを使った「ジャーマンポテト」を紹介します。

取材・文/岸綾香

【取材協力】

小野宗隆

軽井沢高原野菜、提携農家の産直有機野菜、無農薬野菜などを中心に使用する洋食店『Bistro Coco 路地裏』のオーナーシェフ。イタリア料理、フランス料理を中心に料理長としてのキャリアを積み上げ、店舗立ち上げやメニュー開発などを多数経験。ソムリエの資格も持つ。kufuraの動画『プロが教える本格パスタレシピ』も人気。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集