子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

粉から25分!外カリッ&中とろ~りの「ハム&チーズパニーニ」が最高です【沼津りえの焼きたてパン#3】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「ちょこっと漬け」でおなじみの料理研究家・沼津りえさんが、おうちで簡単にパンを焼く方法を追求した書籍『55分で焼きたてパン』(主婦の友社)が話題を呼んでいます。

今回は、朝食やランチにおすすめの「ハム&チーズパニーニ」を紹介します。発酵いらずで、ポリ袋でこねて、フライパンで焼くだけで完成。なんとたった25分でパンが焼けるという革命的レシピです!

とろけるチーズが幸せ!食べたいときにすぐ作れる!

「25分パン」は、基本の「55分パン」よりもさらにお手軽。ポリ袋でこねて、フライパンで焼くのは同じですが、発酵のプロセスが不要なので、もっとスピーディーに思い立ったらパパッと作れます。

基本の55分パンの作り方はこちら!→「ポリ袋とフライパンで作るもちふわパン」は完成までたったの55分!【沼津りえの焼きたてパン#1】

「今回はイタリア発のホットサンド“パニーニ”を作ります。具材はロースハムととろけるスライスチーズ。薄く伸ばして、菜箸でギュッと縞模様をつければ、おうちでも本格的なパニーニのできあがり! 私の親子クッキングの人気メニューで、お子さんと一緒に作ると楽しいですよ」(以下「」内、沼津さん)

パニーニがおうちで手作りできるなんて嬉しいですね! 早速作り方を見てみましょう。

【材料】(18〜20cm×2個分)

薄力粉・・・100g

砂糖・・・小さじ1強(5g)

塩・・・小さじ1/4弱(1g)

ベーキングパウダー・・・小さじ1(3〜4g)

水・・・50g

サラダ油・・・小さじ1強(5g)

ロースハム・・・2枚

スライスチーズ(溶けるタイプ)・・・2枚

【作り方】

(1)材料を合わせる

ポリ袋に薄力粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れ、全体を混ぜ合わせます。ここに、水とサラダ油を入れ、素早く口を閉じます。ポリ袋はパンパンにせず、少しゆるめておきましょう。

「ドライイーストはぬるま湯を使いますが、今回は発酵させないのでベーキングパウダーを使います。なので、冷たい水を使ってOKですよ」

(2)シャカシャカと1分振る

ポリ袋を持って、1分間思いっきりシャカシャカ振ります。このとき、ポリ袋の両角を親指と中指で押さえると振りやすいですよ。

最初は中身がドロドロしていますが、ポリ袋の表面がツルツルになり、粉がまとまってきたら、水和(小麦粉の粒子に水が行き渡った状態)が成功したサインです。

(3)両手で1分もむ

次は両手で生地を1分間もみます。全体をムラなくよくもみ、生地が上がってきたら、中に押し込んでもんでください。

「水分の分量を間違えると粉がまとまりにくくなりやすいので、分量だけはきっちり計ってくださいね」

(4)手をグーにして1分こねる

ポリ袋の中身を平らにし、猫の手のように手をグーにして、生地を押さえるように上からグイグイ押します。生地が広がってきたら、生地を折り曲げて1分間しっかりこねてください。

(5)折りたたんで伸ばすを4回くり返す

ポリ袋を開き、折りたたむ→伸ばすを4回くり返します。まず、生地を半分に折りたたんで押します。さらに半分に折りたたんで押し……と4回くり返してください。

「25分のクイックパンは、ここで生地作りはOK。弾力があり、生地を押して戻ってきたらグルテンが上手にできた証拠です。

発酵がいらないので、ここまでできたらポリ袋で包み、2〜3日冷蔵保存も可能。冷蔵庫にストックしておけば、食べたいときにすぐ焼けますよ!」

(6)半分に分割する

生地を包丁などで半分に切ります。

(7)パニーニの形に成形する

分割した生地の1つを平らにして、半分に折りたたみ、麺棒で薄く伸ばします。上下を返しながら楕円形になるように伸ばしたら、ロースハム1枚、半分にちぎったスライスチーズ1枚分をのせます。

縦に両端の生地をくっつけたら、閉じ目を下にして、18〜20cmくらいになるまで麺棒で薄く伸ばしてください。表面に菜箸で縞目に筋を入れたら完成です。同様にもう1つ作りましょう。

「菜箸をグッと下まで力強く押して、縞目をしっかりつけてください。これで本格的なパニーニになりますよ!」

(8)弱めの中火で6分焼く

フライパンに生地を並べ、弱めの中火で3分焼きます。3分焼いたらひっくり返して、さらにもう3分焼きましょう。

(9)できあがり!

こんがり焼き目がついたら完成です。熱いうちにいただきましょう。

パクッとかじると、チーズがとろ〜り。外はサクッ、中はもっちりした生地が、ハムの塩気と相まって幸せ〜! 香ばしく小麦が香り、薄く伸ばした生地がサクサクと絶妙な食感です。

「水を牛乳に替えると、コクが出ておいしいですよ。ピザソースやミートソースを入れたり、えびとアボカドや、炒めたお肉を入れたり、アレンジは自由自在です!」

休日の朝、作ってみたところ、パン作りは初心者ですが、本当に25分くらいで失敗なくできてビックリ! 感動したのは、ポリ袋の中で完結するので、キッチンも手も全然汚れないところ。こんなに画期的にパンが作れるなんて衝撃でした。味もバッチリ、おいしかったです!

25分パンも55分パンもアレンジ自在。今度はホワイトソースなど、他の具材のパニーニも試してみようと思います。沼津さんの書籍には、他にもたくさんのパンのバリエが載っているので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

取材・文/岸綾香

その他のレシピを知りたい人は『55分で焼きたてパン』(主婦の友社)を参考に!

 

【取材協力】

沼津りえ

料理研究家、管理栄養士、調理師。料理教室『cook会』主宰。バラエティー豊かなレッスン内容が好評で、東京・阿佐ヶ谷を中心に数多くの料理教室を開催。毎年、梅漬けの教室はリピーターが多く大人気に。手軽でシンプルなアイディア溢れるレシピに定評があり、雑誌などのメディアでも活躍。著書に『いろんな味で少しだけつくる ちょこっとだけ漬けもの』(学研プラス刊)、『野菜まるごと冷凍レシピ』(主婦の友社)など多数。HPはこちら。Instagram@rienumadu

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集