子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

水筒にピッタリ!スティック氷の「アイストレー」は取り出しやすさも抜群【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもや自分の水筒にも冷たい飲み物を入れる季節、氷の出番も多くなりますよね。今日、ご紹介するのは、スティック状の氷ができる蓋付きのアイストレー(製氷トレー)。氷を取り出すのがちょっと楽しみになるくらい、気持ちよく取り出せるんですよ。

毎日氷を作ることが、(それほど)負担にならないアイストレー

底の部分がシリコンになっています。ここをギュッと押して氷を取り出すこともできます
スティック状の氷が9個できます。全体のサイズは約幅8×奥行26.5×高さ4cm

温かくなってきた4月のこと、例年通り冷蔵庫の自動製氷機を掃除していたとき、(ちょっと雑に扱った私が悪いのですが)製氷機の奥の方の部品がパキッと折れてしまったのです! 使い続けるのには不安があり(だって部品が取れちゃってるから)、急遽、アイストレーが必要に……。

ニオイがつくのを防ぐために、蓋付きのもので探していたところ、この『パール金属』の「冷た倶楽部 取り出しやすいスティックアイストレー 蓋付」を発見。価格はネットで600円ほどの商品です。

すでに3週間ほど使っていますが、とっても使い勝手がいいんです。

バタバタッ!と氷が落ちるのが気持ちいい!

水を入れて蓋をして、出来上がった氷は、両脇を持ってちょっとひねるだけで簡単に取り出すことができます。スルッとトレイから抜けてくれるのが気持ちよくて、氷を取り出すのが楽しくなります。

底面がシリコンになっているので、落ちなかった氷は後ろから押して出すこともできますが、ひねるだけでだいたい全部の氷が落ちるので、あまり押し出すことはありません。

マイボトルにちょうどいいサイズ!

出来上がる氷は、水を少な目に入れるか多めに入れるかで多少異なるのですが、だいたい長さ6cm、幅2cm、高さ2.5cmのサイズです。

写真手前は『KINTO』の「ウォーターボトル300ml」、飲み口の直径は約3.3mm。(余談ですが、このボトルも本当に優秀で。コチラの記事で紹介していますが、使うほどに便利さが際立つアイテム。仕事中に、ちょっとしたお出かけに、調子が悪い日にベッドサイドにおいて……と活躍しています)

奥は子どもの水筒で、『サーモス』の「真空断熱ケータイマグ 400ml 」。こちらの直径は約5cm。(ミッフィーが可愛い!)

こういった小さめのボトルにちょうどいい大きさです。スティック状なのでボトルにも入れやすいですよ。

ウォーターボトル(指に引っ掛けられるのが便利!)と水筒(子どもの水筒、真夏になるまでは飲み残しのないようこのサイズにしています)の、蓋をした状態も一応。

もっと大きい水筒用の氷については、『水筒用の製氷トレーをセリアとニトリでゲット!保冷力アップ&朝の時短に【本日のお気に入り】』の記事も参考にしてみてくださいね。

自動製氷機の便利さには叶いませんが、サイズと取り出しやすさは文句なし! いまのアイストレーに満足していない方は、夏に向けて新しいトレー探しをしてみてはいかがでしょうか。


編集部・加藤友佳子

仕事と育児(小学生男女・ほぼワンオペ)の健やかな両立を夢見るkufura副編集長。新聞記者、雑誌編集を経てkufuraの立ち上げへ。料理は好きだが、その他の家事は苦手。毎日の生活を、少しだけ気楽にしてくれるコト・モノを探し続ける日々。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集