子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コスパ良すぎ!な「無印アイテム」編集部員セレクト5選…コスメに衣類に収納も

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア『kufura』では、編集部メンバーが“これはイイ!”と思ったお気に入りのアイテムをご紹介する【本日のお気に入り】を連載しています。

シンプルで機能的な生活アイテムが揃う『無印良品』。編集部メンバーもよくお世話になっています。今回は、驚異のコスパと使い勝手のよさから、編集部メンバーが愛用しているコスメ・衣類・収納アイテムをご紹介します!

1:リピ買コスメ「UVルースパウダー プレストタイプ 02 パールナチュラル」(1,290円)と「マイルド ジェルクレンジング」(590円)

その仕上がり、使いやすさに惚れ込んで、もうリピート買い3つ目なのが「UVルースパウダー プレストタイプ 02 パールナチュラル(1,290円)」です。無香料・無鉱物油・紫外線吸収剤フリーなのも安心ポイント。

マスク生活ということもあり、肌には極力何ものせたくないというのが本音。とはいえ、シミ予防の紫外線対策はしておきたいし、あまりにスッピン見えも、オトナとしていかがなものか。そんな私に、このパウダーが最適なんです!その理由は……。

1:薄づきで肌のキメがほどよく整う(整ったように見える!)、でも粉っぽくはならない

ファンデーション系(粉モノ系)をまったく肌にのせないと、さすがに肌のアラが目立ちすぎて外出は厳しいし、テカリも気になります。でもこのパウダーがあれば大丈夫!

私の使い方はこんな風に。

朝、化粧水、美容液(←季節によってUV効果のあるものを選択)などで肌を保湿した後、気になるシミや目の周りだけにBBクリームをポンポンとおいてアラをカバー。

その後、大きめのフェイスブラシに、このパウダーをクルクルっとたっぷりふくませ、顔の上をザザっと撫でて、パウダーをむらなくのせていくだけ。軽くのせるだけで、一枚透明な膜がかかったように、明らかにキメが整った肌に見せてくれます。肌作りだけなら3分かかりません。

薄づきで粉っぽさとは無縁、夕方になってもシワっぽくなることもありません。肌の保水力が落ちている、私のようなオトナ肌には嬉しいポイントです。

左:容器に1cmほどのフチがあることで、ブラシで粉を撫でた時に、粉が周りに飛び散らない! だから後始末が断然ラク。 中:前バージョンの四角デザイン(お見苦しい使いかけで失礼します)。これは使い勝手がちょっと残念でした……。 右:洗い上がりの肌がしっとりする「マイルド ジェルクレンジング」もリピ買いしてます!

2:粉飛びしない、優秀容器で時短メイクが叶う!

直径6㎝ほどと小ぶりで、パウダー面の上に1cmほど容器のフチがある構造です。

ここにブラシを入れクルクルっと数回撫でると、適量の粉が取れます。パウダーがつきすぎることがないので、朝の時間がないときでも失敗しません。さらに優秀なのが、このフチがあることで、ブラシで粉を撫でた時に、粉が周りに飛び散らない!

実はこのパウダー容器、復活リニューアル版なのです。数年前まではこれと同じ円型だったのですが、前バージョンでは四角に変更に。これが実は残念な使い勝手で……。

パウダーを使っていくと4隅がどうしても残ってしまう。そしてピンクとミルク色の部分が先に終わってしまうため、ミックス感もどんどん減ります。さらに、容器に「フチ」がないので、ブラシで表面を撫でると周りに粉飛びがひどく、そのたびに飛び散った粉を拭くのもプチストレス……。

そんな多くの声が商品開発さんに届いたようで、無事に円形容器が復活したという経緯があります。

きちんとメイクをしたい時は、リキッドファンデーションを塗った上から、このパウダーをブラシでオン。それでも厚ぼったい仕上がりにはならず、自然なツヤ肌を作ってくれる万能パウダーです。

ちなみに。無印良品のコスメでリピートしてるのがもう1品。マイルド ジェルクレンジング(590円)、合成香料無添加、無着色、無鉱物油、アルコールフリーの設計です。

はちみつ状のねっとりしたジェルで、メイクによくなじませていくとスルスルとメイクが浮いてくるのがわかるので、水で乳化させながら洗い流します。濡れた手肌でも使えるとありますが、乾いた肌で、量をたっぷり目に使うのがコツ(使う量が少ないと、肌に伸ばす時に摩擦が気になり、落ちもイマイチ。そこだけ注意です!)。

こちらは何より、メイクを落とした後の洗い上がりの肌がしんなり柔らかくなるのが、使い続けてる理由。ほんのりオレンジの香りも爽やかです。夏場など、がっつりメイクの時にはオイルクレンジングも使いますが、結局はこちらに戻ってくるというリピート品。チューブタイプなので、旅行やジムなどに持参するのにも便利です!

無印良品のコスメは、コスパがいいのに加え、成分も考えられていてオトナが使うにもいいアイテムが揃っています。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

編集長・佐藤明美

2: 遂に出た裾ラウンドタイプ!「スムース編みロング丈長袖Tシャツ・黒」

趣味のスポーツに、おうち着にと、Tシャツを使うシーンが多い私。様々なブランドのものを持っていますが、無印のはとにかく着心地が柔らか!

ヘビロテするとヨレヨレになりますが、生地がガビガビに硬くならず、柔らかをキープしてくれるため、つねにひとつはワードローブにあります。

そんな無印長袖Tシャツを“着すぎて穴が開く”という大人ではあまりない状態まで着用した後、今回新たに買い足したのがこちらの「スムース編みロング丈長袖Tシャツ M〜L・黒」税込・1,490円。素材は、無印らしいオーガニックコットン100%です。

左:ドロップショルダー&裾ラウンドタイプのシルエット。 右:お尻が隠れる、ロング丈&オーバーサイズ。1枚でゆるっと着たり、写真のように重ね着にもイイ!

まず気に入ったのは、その肌触り! 本当に柔らかで気持ちいい! これって編み方の特性もあるのでしょうか。そこで「スムース編み」をネットで調べてみました。

“両面編みの一種で、両面とも表地にした編地。ほどよい肉厚感と優れた伸縮性があり、型崩れしにくいのが特徴。編地の表面が滑らかなことからスムースと言われるようになりました”とあります。

確かに裏も表も滑らか! 着心地がいいのはもちろん、表の方はちょっとした光沢感もあります。生地もペラペラではなく、ちょうど良い厚み。

形の方は後ろ身頃がやや長めな綺麗なラウンド型! さらに良いのが、プチプラのラウンドTシャツにありがちな、動いたり、洗濯すると裾が跳ねるということがないんです(ちなみに私は他の洗濯物と一緒に、洗濯機の手洗いモードで洗っています)。

また、肩がドロップショルダーなのも◎! 163cmの私がM〜Lサイズを着て、ちょうどお尻が隠れる丈なのもいいですね。つくりはオーバーサイズなので、小さめの方や綺麗めに着たい方はS〜Mサイズが良いかもしれません。

今回は主に趣味のスポーツ用だったので黒を購入しましたが、普段着用として白も欲しくなってしまいました。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ライター・小池麻美子

3:ハリのある素材、水に強い、半透明…「TPU自立するポーチ」が洗面台で大活躍!

昨年末、2年ぶりに実家に帰省することに……。かつて使っていた旅行用ポーチは劣化が激しく、通りかかった『無印良品』で何気なく手に取ったこのポーチ「TPU自立するポーチ・L」がとっても使い勝手のよい、まさに良品だったのでご紹介します。

購入したのは縦12×横18.5×幅4㎝のLサイズ。価格は、750円(税込)でした。ちなみにTPU素材というのは熱可塑性ポリウレタンのことで、プラスチックの一種のようです。

左:こんなにくしゃっとしても、一瞬で元通りに! 右:水が入らないよう加工されたファスナー部分。ファスナーはストラップ付きで開閉しやすい。

触ってみると“強度があって伸縮しないシリコン”のような感じです。ハリがある素材なので、しっかり自立します。

コンタクトレンズに基礎化粧品(試供品含む)、ファンデーション&アイシャドウはポーチと同じ『無印良品』の「メイクパレットS」にセット、数日の旅行に必要なものを入れてもまだ余裕があります! ポケットなどはありませんが、ズボラな私は、ポケットがあってもそこに入れるのは旅行の出発準備の時だけ、という人間なので不便はありません!

使ってよかった点としては、

  • 軽くて収納力もある
  • 半透明だから、どのあたりに何が入ってるか分かりやすい
  • ファスナー部分にも水が入りにくいよう工夫されている
  • ストラップがついていることで開閉もしやすい!

歯ブラシや化粧品を入れるポーチは洗面所に置くことが多いと思うのですが、これなら水しぶきが飛んでも安心です。

何気ないポーチですが使い勝手がよく、自宅の洗面所でも小物入れとして使っています。

商品説明には、“素材の特性上、スレやアタリにより傷が生じます。又、経年劣化により2~5年で強度低下や外観変化・ベタつき等が生じる場合がありますので、ご了承ください。”とあるので、耐久性という点ではマイナスポイントになってしまいますが、価格と使い勝手を考えると、やはり“良品”かなと思っています。

編集部・加藤友佳子

4:引き出し内の整理・収納に!3枚99円の「シート仕切りボックス」

1足ずつ入れられる不織布のポケット仕切りボックスを取り入れたものの、冬物靴下は厚手で小さなポットに入らない! どうにかしたいなぁ、と試しに買ってみたのが無印の「シート仕切りボックス」です。

「シート仕切りボックス」は、無印でも人気の収納アイテムシリーズ「ファイルボックス」の中を仕切るのに便利なアイテムとして売り出されています。

上:無印でも人気の収納アイテム「ファイルボックス」シリーズに合わせた2サイズ展開。 下:シンプルで適度な大きさが引き出し内の仕切り・整理に使いやすい!

サイズは次の2種類(いずれも3枚セットで99円)。

  • 幅10cm用(約104×93×H99mm)
  • 幅15cm用(約143×104×H99mm)

組み立てるとスッキリとした“箱”に。名前に「シート」とある通り薄手ではありますが、底に2箇所ツメを差し込むところがあるおかげで、へたらず自立してくれます。ちなみに、素材は無印でお馴染みのポリプロピレン製です。

で、我が家の靴下収納です。厚手靴下が不織布の仕切りボックスのポケットが小さくて入らないのです……。仕方なく、ポイっと置いておくというズボラぶり。

そこで、まずはあぶれていたモコモコ靴下をこの「仕切りボックス」に。次に、引き出し内の隙間にはめてみると……ジャストフィット! どの靴下もスッと取りやすくなりました!

この「仕切りボックス」のいいところは、引き出し内を隙間なく仕切れる(サイズによります)だけでなく、“スペースの一部分だけを仕切りたい”というニーズも叶えてくれるところ。コートのベルトなどの小物類収納にも使えますね。

そして、仕切りそのものがシンプルデザインのため、引き出しを開けた時の見た目もスッキリ。

なにしろ3枚で99円ですから、数を揃えやすいのもうれしいポイント。脱ズボラ収納を目指し、早速追加で購入して、引き出し収納を見直していきたいと思います!

編集部・モグ

※価格は購入当時のものです。サイトによって価格が変わる場合があります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集