子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

風で洗濯物が寄る問題に!ハンガー固定アイテムの「ハンガーとまる」【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏は洗濯物を外干ししていると、短時間でパリッと乾いて気持ちがいいですよね。けれど、夏服って薄手のモノばかり。風が強い日は、洗濯物が物干し竿の端に寄ってしまい、乾き具合にムラが……なんてことありませんか? そんな「風で洗濯物が寄ってしまう問題」を解消してくれるアイテムを見つけました!

数あるハンガーストッパーの中でコレを選んだ決め手は…

風でハンガーが動かないようにするためのアイテム、いわゆる“ハンガーストッパー”を探してみると、思いのほかいろんな種類があって驚きました。

その中でわたしが選んだのは、その名も「ハンガーとまる」というこちらの商品。知恵の輪のようなものが8個入っていて、税込み660円でした(Amazonで購入)。

選んだ決め手は下記のポイントから。

・物干し竿にしっかり固定されるから出しっぱなしOK(着脱の手間がかからない)

・ステンレス製(出しっぱなしにしておきたいから耐久性は重要)

・好みの間隔で固定できる(洗濯物によっては間隔を調整できる)

物干し竿とほぼ同じ高さで洗濯物がかけられる(物干し竿より10センチほど下にハンガーをかけるようなアイテムだと、マキシ丈ワンピースの裾などがベランダについてしまう可能性も)

・見た目がスッキリしている

実際に使ってみると、本当に便利だったんです!

使い方は簡単で、物干し竿にお好みの間隔で「ハンガーとまる」を挟むだけ……なのですがとっても固い!!

「ハンガーとまる」が使える物干し竿の直径は25~32mm。我が家のものは上限の32mmと太めだったので、挟むのに力が必要だったのかも(購入前に物干し竿の直径の確認をお忘れなく)。

そんな強力なピンチ力だから、一度取り付けるとしっかり固定されます。あとは輪になっている部分に洗濯物をかけていくだけ。ハンガーの間隔がキープされるので風通しもよく、洗濯物が風で寄っちゃうストレスとはおさらばです!

とてもスッキリした見た目ですが、物干し竿からは少し出っ張る形になるので、小さなお子さんがいるご家庭や、低い物干し竿をお使いの方は注意いただくといいかもしれません。

パッケージに記載のイラストによると、高さ違いで3通りのかけ方ができるそう。
上の小さな輪っかにかけられなかった白色の太ハンガーですが、下の輪っかならOKでした!
イラスト一番右のかけ方だと、物干し竿とハンガーが平行に。枚数が少ない時は、このかけ方の方が早く乾きそう!

パッケージのイラスト(写真左)にあるように、3通りのかけ方ができるのもいいところ。また、幅9mmまでのハンガーならかけられるため、手持ちの太めハンガーも大きな輪っか部分に余裕でかけられました。

とにかく完成度の高いんですが、それもそのはず。「ハンガーとまる」は、日本一の洗濯ばさみ屋を目指すステンレスピンチメーカー『Image Craft』によるプロダクトで、この道60年以上というばね職人・安江章一さんが生みの親なのだそう。

このユニークなかたちや使い勝手は、ハンガーストッパーとしての機能を追求した職人技によるものだったんですね。ありがとうございます、安江さん!

ストッパーがもう1つあれば…な時は「無印のピンチ」の出番

洗濯物量によっては、「ハンガーとまる」がもう1つあれば!と思う日も。それが強風の日ならば、『無印良品』の「ピンチ・物干し用」(4個入りで250円・税込み)を使ってハンガーが動かないよう固定しています。

紫外線に強いポリカーボネート素材だから、4個とも物干し竿に挟んで外に出しっぱなしに。

洗濯物すべてにピンチを着脱するのは手間だけれど、1、2本くらいなら頑張れます。せっかく外干ししたのに、風で洗濯物が寄って乾きが悪くなる方が、私にはストレスなんですよね(笑)。

いいハンガーストッパーと出合えたことで、今日も洗濯物がパリッと! 同じようなモヤモヤを感じている方、ぜひお試しください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集