子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【レゴ収納】IKEAに100均ケース…みんなの「レゴ」の上手な収納術【kufura収納調査隊】vol.60

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

細かいパーツも多くごちゃごちゃした収納になりがちなレゴ。収納だけを意識すると子どもが使いづらくなりそうだし、悩みのタネになっている人もいるかもしれません。

ちょっとした工夫やアイディアで、レゴをスッキリきれいに収納できるなら真似してみたいですよね。今回のkufura収納調査隊は、収納上手な達人たちが実践しているレゴ収納を調査してきました。達人たちのInstagramを参考にしながら、上手に収納していきましょう!

  • 100均の「ケースやボックス」を使った収納法
  • 100均や『IKEA』の「袋」を使った収納法
  • 『無印良品』や100均の「引き出しケース」を使った収納法

100均の「ケースやボックス」を使った収納法

『ダイソー』のフタが立つケースは遊ぶときも取り出しやすい

@makky_148さんは『ダイソー』のフタが立つケース『ロックポットスリム』という商品を使っています。青系、赤系、白など大まかな色ごとに分けて収納していますね。これなら、子どもも使いたい色がすぐ見つかります。さらに、フタが立ちっぱなしになるため、遊ぶときも取り出しやすいのではないでしょうか。

「ハガキケース」はレゴ収納にもぴったり!

@otahinaさん、@as_noteさんは『ダイソー』の『はがき整理ケース』にレゴを収納。このお二人も大まかな色ごとにケースを分けていますね。さらに、@otahinaさんは『レゴクラシック』のボックスにハガキケースを収納。@as_noteさんは『ダイソー』で購入した『スクエアボックス』に入れています。どちらも、とてもきれいにまとめられていますね。

細かい収納は仕切り付きケースを使う

@shinokeluさん、@ee.acountさんはレゴの細かいパーツを100均で購入できる仕切り付きケースに収納しています。@shinokeluさんが紹介しているケースや@ee.acountさんが使っているケースは『セリア』で購入したそう。細かいパーツは大きなボックスに入れていてもなかなか見つけられなかったり、無くしてしまうことも。仕切り付きのケースで細かく分けておけば、使いたいものもすぐ見つかりますね。

さらに、@shinokeluさんは薄いパーツなど様々なパーツに合うようケースを上手に使い分けています。

『ダイソー』の『スクエアボックス』で大きさごとに収納

@nanametonarinototoroさんは、たくさんのレゴを『ダイソー』の『スクエアボックス』に収納しています。これまでにいろいろな収納法を実践してきて、この収納法に落ち着いたそう。あまり細かく分けた収納法にしてしまうと、片付けにくくなってしまいますよね。まだ子どもが小さい場合や、片付けが苦手な場合は、大きさだけ分けた収納法にすると片付けもしやすいのではないでしょうか。子どものことを考えられた収納法ですね。

ケースの種類ごとに棚に収納

@lego_sukiさんはレゴを入れているケースの収納を紹介してくれています。仕切りケース、『スクエアボックス』など、それぞれケースの種類ごとにまとめられていますね。さらに、空いたスペースには完成したレゴを置いています。とてもきれいに収納されていて、真似したくなりますね。ケースもむやみやたらに揃えるのではなく、同じようなケースで揃えるのが良さそう!

@lego_sukiさんが主に使っているケースは、蓋付きのケースは『セリア』、仕切りがあるケースは『セリア』や『ダイソー』、そして引き出しタイプのレターケースは『イオン』のものだそうです。

100均や『IKEA』の「袋」を使った収納法

車や船のレゴはそれぞれジッパー付きの袋に分ける

@kazokushuno_yuriさんは車や船など、それぞれを100均で購入できる「ビニールネットケース」を使って収納しています。これなら、細かいパーツがなくなることもなく、また他のパーツが混ざってしまう心配も防げそうですね。袋には中身が分かるようラベリングもしていて、子どもが使いやすい収納法を実践されています。

床に広げない! 『IKEA』のタイヤ入れならパーツも探しやすい

レゴで子どもが遊ぶとき、ケースから床にバーっと広げてしまうのは嫌だなと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。@yumi333333さんは『IKEA』のタイヤも入るケース『DIMPA(ディムパ)』という商品を使ってレゴを収納しています。とても大きなケースは、床にレゴを直接広げなくて済み、子どももレゴが探しやすいですよね。これなら、まだまだ片付けが苦手な小さな子どもにも良い収納法ではないでしょうか。

『無印良品』や100均などの「引き出しケース」を使った収納法

『無印良品』の引き出しに色ごとに収納

@ako_muuさんは『無印良品』の『ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・浅型』(写真左側の引き出しケース)と『ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・薄型2個』(写真右側の引き出しケース)を使用し、レゴの色別に収納しています。引き出しの中にも、さらに細かく分ける場合はケースを使ってきれいにまとめられていますね。

100均の引き出しケースで色ごとに収納

@megumi._.fukushimaさんは『セリア』で人気な引き出しケース『プルケース』を使って、レゴを色別に収納しています。このケースは重ねられるため、収納スペースも取らなさそう。さらに、中身が見えるため、使いたい色もすぐ見つけられますね。

キャスター付きなら動かしやすい

@achamacocoさんは『無印良品』の『ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・浅型』に『ポリプロピレン収納ケース用キャスター』を使ってレゴを収納。@lego_nectarさんが使っている引き出しは『カインズ』で購入されたそう。

キャスターを付けることで、遊びたい場所まで持っていくとき、収納場所を変えたいとき、掃除をするときなど動かすのが子どもでも簡単にできるのがいいですよね。

中身が見えない引き出しは色シールでラベリング

@momozou123さんは『ニトリ』の引き出しケース『3段ケース(オールホワイト)』を使ってレゴを収納しています。引き出しケースが透明でなく中身が見えない場合、@momozou123さんのように色シールのラベリングをすることで分かりやすくなりますね。

さらに、パーツでも分けている場合は「細かいパーツ」などのラベリングもすると、子どもも使いやすいですね。

達人たちのInstagramで見た収納術はいかがでしたか?

子どものことを第一に考えて、遊ぶときに取り出しやすく、年齢に合わせた片付けやすい収納法を実践してあげると、子どもも上手に収納してくれるのではないでしょうか。ぜひ、達人たちの収納テクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載