kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

使いやすさUP!ゴチャつかずスッキリ「子ども服収納」アイディア集【kufura収納調査隊】vol.27

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

サイズが小さいために、ゴチャゴチャしがちな子ども服収納。スッキリ綺麗に使いやすくするには、どんな工夫をすればよいのでしょうか?

そこで今回の【kufura収納調査隊】は、収納上手な達人たちが実践している子ども服収納を調査してきました。達人たちのInstagramを参考にしながら、上手に収納していきましょう!

  • 自由自在で使い勝手も良い「カラーボックス」収納
  • ボックスを使って小分けに!「引き出し」収納
  • ハンガーラックを使った「かける」収納
  • 真似したくなる!「アイディア」収納

自由自在で使い勝手も良い「カラーボックス」収納

カラーボックスと専用引き出しで子どもが使いやすい洋服棚に

☺︎TOMOMI☺︎さん(@chomo1124)がシェアした投稿 -

@chomo1124さんは『ニトリ』のカラーボックスに、「収納ボックス専用レール」を使った引き出しをつけ、子ども用の洋服棚を作ったとか。引き出しには絵と言葉でラベリングされているため、子どもも自分で洋服を取り出したり、片付けたりすることもできそうです。

カラーボックスは他にも様々な用途があるため、子どもが成長して洋服棚が不要となっても、便利な収納家具として使えるのが嬉しいポイントですよね。

 

まるでロッカー!ハンガーラックと引き出しを組み合わせた収納棚

misatoさん(@mst.13.27)がシェアした投稿 -

@yuno_roomがシェアした投稿 -

@mst.13.27さん、@yuno_roomさんは『ニトリ』のカラーボックスに突っ張り棒を使い、ハンガーラック棚として子ども服を掛けています。突っ張り棒を使うことで簡単にハンガーラックが作れるため達人たちの間では大活躍! まるで子ども用ロッカーのようで、子どもも自主的に収納を覚えてくれそうですね。

また、『ニトリ』のカラーボックス専用の引き出しも利用。子ども服収納でとても人気なアイテムのようですね。

『ニトリ』の『インボックス』も便利

あ ぴ ❤︎さん(@babyfacey__)がシェアした投稿 -

@babyfacey__さんは『ニトリ』のカラーボックスで『インボックス』を使っています。インボックスもサイズや色の種類が様々で、カラーボックスで使える便利なアイテムとして人気が高いとか。パジャマや季節外の洋服は深めのボックスに、タオルや靴下などは低めのボックスになど使い分けても良さそう! 色もシンプルに白で統一されていると、とてもスッキリした印象ですね。

ラベリングはあえて英語にすれば語学勉強にも繋がる!?

YokoarakawAさん(@yoooooko_405)がシェアした投稿 -

@yoooooko_405さんのように引き出しはラベリングをすると、より中身が分かりやすくなりますね。@yoooooko_405さんはイラスト付きの英文字ラベリングをされています。英語がまだ分からない子どもでも、イラストを見て自分で片付けができるようになりそうですね。

ボックスを使って小分けに!「引き出し」収納

仕切り箱で小分け収納すれば取り出しやすく片付けやすい

*Ërika*さん(@erika_k121)がシェアした投稿 -

ゆみさん(@yumi333333)がシェアした投稿 -

@erika_k121さん、@yumi333333さんは引き出し内で仕切り箱を使って洋服を小分け収納しています。引き出し内に無造作に洋服を入れると、どこに何があるか分からなくなりますよね。ケースを使って靴下、タオル、下着などを分けると、取り出しやすさ、片付けやすさがある収納ができそうです。

@erika_k121さんのようにケースを統一するも良し、@yumi333333さんのように収納したいものに合わせて複数のケースを使って収納するのも良しですね。

 

Skittoとケースを使えばシンデレラフィットも目指せる!?

maiさん(@makochi.m)がシェアした投稿 -

@makochi.mさんは『カインズ』で人気の『Skitto』を使って洋服を小分けしています。『Skitto』はサイズ展開も豊富なため、シンデレラフィットも目指せるのではないでしょうか。

@makochi.mさんは『Skitto』をさらに紙袋で仕切り、収納しているそう。ケースが大きすぎてもケースインケースでさらに小分けすれば、どんどん収納がしやすくなるのではないでしょうか。

小分けケースにもラベリングで中身を分かりやすく

Yumiさん(@eternalsounds0619)がシェアした投稿 -

引き出しなどにラベリングをしている人も多いですが、小分けケースそれぞれにラベリングをしている達人もいました。@eternalsounds0619さんは、小分けケースに、靴下、パンツ、シャツなどラベリングをしています。小分けケースでも中身が分かりづらくなることもありますが、これならどのケースに何が入っているか一目瞭然。家族誰でも分かるようになれば、より片付けも簡単になりそうですね。

クリップを使った簡単ラベリングでケース同士も動かさない

mayuさん(@mayuru.home)がシェアした投稿 -

@mayuru.homeさんはクリップを使ってラベリングしています。ケース同士もクリップで止めれば、引き出し内でケースが動いてしまう心配もなさそう。クリップでのラベリングなら高さも手頃で簡単に真似できそうですね。

中身を隠せばスッキリ感が際立つ

kaoriさん(@life___simple)がシェアした投稿 -

半透明な引き出しなどは、中身がごちゃごちゃしていると見た目があまり良い印象ではないですよね。特に洋服は様々な色もあるため、ごちゃごちゃした印象に見えがち。

@life__simpleさんは画用紙を使って隠していますね。中身が見えないことで、ごちゃごちゃした印象もなくなっています。この一工夫はぜひ真似してみたいですね。

ハンガーラックを使った「かける」収納

畳むのが面倒な人はクローゼットにかける収納で手間を省く

Minaさん(@minaaaasan)がシェアした投稿 -

@minaaaasanさんはクローゼットに子ども服をハンガーにかけて収納しています。畳むのが面倒な人、子育てなどに忙しく少しでも家事の時間を減らしたい人にもおすすめな収納法ではないでしょうか。

子どもがまだ自分で洋服を選べない年齢の頃は、親が洋服を選ぶため取り出しやすいところにあるのもいいですね。よく使う服、お気に入りの服はハンガーにかけ、細々したものは引き出しを使って収納すると使い勝手も良いクローゼットができそうです。

子どもも使いやすい高さにハンガーラックを突っ張り棒でDIY

mikaさん(@mi.home)がシェアした投稿 -

@mi.homeさんは突っ張り棒を使ってハンガーラックを作っています。@mi.homeさんは強度も考えて洋服が少し重くなる秋、冬の季節は2本使いしているそう。

突っ張り棒で作るため高さも自由自在! 子どもの高さに合わせれば、子どもも取り出しやすいクローゼットが簡単にできますね。

真似したくなる!「アイディア」収納

引き出しがわりにケースを使って小分け収納

ukさん(@uk__502)がシェアした投稿 -

uk__502さんは棚にケースを使って子ども服を収納しています。棚の場合、直接洋服を畳んで置いている人も多いかと思いますが、このようにケースを使うと取り出しやすさもUPしそうですね。

上段はトップス、下段は下着類など段ごとに収納する衣類を分けてあげると、子どもも覚えやすく自分で洋服を選び、片付けるようになってくれるのではないでしょうか。

季節外の洋服は『ジップロック』を使って圧縮収納

kanaさん(@kanya_116)がシェアした投稿 -

季節外の洋服は邪魔になることも多いですよね。@kanya_116さんは『ジップロック』を使って季節外の洋服を圧縮して収納しています。

保存袋にまとめたあとは、ケースなどにまとめて収納しておけばホコリを被る心配もなくスッキリ収納ができそうですね。

ウォールポケットを使えば子ども靴もスッキリ収納が可能

Rさん(@r_____stagram)がシェアした投稿 -

@r___stagramさんはウォールポケットを使って子ども靴を収納しています。子ども靴は小さく、これなら取り出しやすく片付けやすい収納ですよね。さらに、見せる収納としても素敵な印象に!

意外にも思いつかないアイディアですね。収納スペースも取らず真似しやすい収納法ではないでしょうか。

達人たちのInstagramで見た子ども服の収納術はいかがでしたか?

取り出しやすさと片付けやすさが意識された収納ばかりでしたね。ラベリングなどで一工夫することで、子どもが自分で片付けたり取り出したりできるような収納法が真似できそうです。ぜひ、達人たちの収納テクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE