子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

やわらか素材の「ドライヤーホルダー」で、掛ける収納始めました【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ずっとドライヤーの収納で、イラっとしてきました。
凹凸のあるフォルム、長いコード、使った直後は熱い……。片付け下手の私には、難易度が高すぎるアイテム! そしてたどり着いたのが、洗面台下の扉に“掛けて収納”というスタイルです。

決め手は“ドライヤーにもやさしい”ソフトな素材

ドライヤーを掛けていない状態
扉の内側はこんな感じ

これまで、うちのドライヤーの正式な置き場所は、化粧台の鏡扉の中でした。ただ、使った後にコードを巻き付けて扉に入れるという作業はちょっと億劫で(しかもちょっとバランスが崩れると落ちてきたりする)、けっきょく化粧台の上に置きっぱなしの日も多く……。

そして見つけたのが、この「ドライヤーホルダー」。イノマタ化学という会社のもので、日本製。私はネット通販で購入しましたが、100均でも取り扱いがあるようです(ちなみに、同社のサイトでの参考価格は170円)。

我が家では、写真のように洗面台の扉に取りつけて使っています。他にも、ラックに掛けたりしてもよさそうですね。

シンプルなパーツ!
縦入れの状態
横入れの状態

パーツの組み立て(組み立てと言えないほど簡単)によって、2つの入れ方を選べます。

コードは(適当に)巻いて、フックのところに掛けておけばOK! やわらかい素材なので、ドライヤーを入れるときにカチカチ言わないのも、子どもの肌が当たっても危なくないのも嬉しい点です。

想像していたより、しっかりホールドしてくれます。

これは、ドライヤーのサイズや形状が合えば、コスパのよい収納アイテムだと思いますよ!


編集部・加藤友佳子

仕事と育児(小学生男女・ほぼワンオペ)の健やかな両立を夢見るkufura副編集長。新聞記者、雑誌編集を経てkufuraの立ち上げへ。料理は好きだが、その他の家事は苦手。毎日の生活を、少しだけ気楽にしてくれるコト・モノを探し続ける日々。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集