子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

唐揚げを親子丼風に、おにぎりの具に!2度美味しい「余った唐揚げ」を使ったアレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

家族みんなに人気の“唐揚げ”。「張り切ってたくさん作ったら、ちょっとだけ余ってしまった」なんてこともありますよね。余った唐揚げは、次の日のお弁当に入れたり、冷凍するのもいいですが、ちょっとした工夫でさまざまな料理にアレンジすることができます。

今回『kufura』では、女性500人に“余った唐揚げを使った簡単アレンジレシピ”についてアンケート調査を実施。皆さんが余った唐揚げでどんな料理を作っているのか見ていくことにしましょう。

丼ぶりにおにぎり…ごはんといっしょのウマウマレシピ

「卵でとじて親子丼風に」(37歳/その他)

「唐揚げを細かく刻んでから、おろしポン酢と海苔をかけて丼ぶりに」(46歳/金融関係)

「千切りキャベツといっしょにごはんにのせて唐揚げ丼に」(37歳/その他)

「ごはんの上にレタスを敷き、唐揚げに甘辛ダレとマヨネーズをかけて丼ぶりにする」(51歳/その他)

「刻んでチャーハンの具にすると食感がよく、味に変化があって美味しい」(54歳/その他)

「小さいサイズのおにぎりに。たくさん唐揚げを使えるし、小さいので食べやすい」(29歳/営業・販売)

「おにぎらずの具にする」(40歳/総務・人事・事務)

余った唐揚げを使ったアレンジレシピで、特に多かったのが“丼物”。中でも、唐揚げを卵でとじてごはんにのせる“なんちゃって親子丼”が人気でした。味の濃いタレやソースと絡めた唐揚げは、熱々ごはんと相性もピッタリ。丼ものだけでなく、おにぎりやおにぎらずの具としても活躍してくれるようです。

レタスや茹で卵といっしょにパンにはさんでも美味しい

「レタスなどの野菜といっしょにパンにはさんでサンドイッチにする」(33歳/主婦)

「唐揚げを薄切りにしてから、からしマヨネーズをつけてサンドイッチに」(54歳/主婦)

「唐揚げをスライスしてチキンバーガーに」(68歳/その他)

「コッペパンにマヨネーズで和えた茹で卵といっしょにはさむ」(46歳/その他)

「細かく刻んでホットサンドの具にする」(37歳/その他)

「食パンの上に小さく切った唐揚げと野菜、チーズをのせて焼く」(31歳/その他)

余った唐揚げは、パンにはさんでサンドイッチにするのもおすすめ。ボリューム満点で食べ応えがあるので、翌日のお弁当やランチにもピッタリです。細かく刻んで、ホットサンドの具にしたり、チーズといっしょにトーストにのせてピザトースト風にして食べるのも美味しそうですね。

お手軽アレンジで〇〇風料理にリメイク

「タルタルソースをかけてチキン南蛮風に」(24歳/営業・販売)

「中華風ドレッシングと長ネギを和えたものをかけ、油淋鶏(ユーリンチー)風にする」(37歳/総務・人事・事務)

「ごま油、砂糖、酢と絡めてチャイニーズチキン風に」(47歳/会社経営)

「唐揚げを軽くつぶしてからキャベツといっしょに炒めて、お好み焼き風に」(46歳/総務・人事・事務)

「グリルで焼いてカリッとさせてから、小さく切って串に刺し、串揚げ風にする」(44歳/主婦)

リメイクレシピでは、タルタルソースをかけた“チキン南蛮風”、長ネギのみじん切り入りの香味ソースをかけた“油淋鶏風”が人気。ひと手間加えるだけで、ただの唐揚げとはがらりと変わった料理になるのがいいですね。

酢豚やエビマヨ!? 余った唐揚げで代用レシピ

「酢豚の豚肉の代わりに唐揚げを使って酢鶏にアレンジ」(46歳/主婦)

「エビマヨのエビの代わりに唐揚げを使って鶏マヨに」(45歳/その他)

「小さくカットしてタコの代わりにタコ焼きの具に」(38歳/その他)

「唐揚げを細かく刻んで餃子の具に」(50歳/その他)

「揚げ出し豆腐の豆腐の代わりに唐揚げを使う」(68歳/主婦)

「唐揚げを4等分くらいの大きさにカットし、カレーの肉の代わりに使う」(76歳/主婦)

「ラーメンのチャーシューの代わりに唐揚げをトッピング」(35歳/その他)

余った唐揚げを、豚肉やチャーシュー、エビやタコなどの代わりに使う代用レシピもおすすめです。中でも、玉ねぎやピーマンなどの野菜といっしょに甘酢で炒めた“酢豚”ならぬ“酢鶏”にアレンジする人が多い様子。唐揚げはすでに火が通っているので、時間をかけずに料理が完成するのもうれしいですね。

いつもの定番料理に入れれば美味しさ倍増!

「野菜炒めにほぐして入れる」(50歳/公務員)

「みじん切りにして卵焼きに入れ込む」(61歳/主婦)

「細かく切って焼きそばの具に」(42歳/主婦)

「グラタンに入れる」(54歳/主婦)

「サラダの具材として生野菜にトッピング」(53歳/主婦)

唐揚げが少しだけ余ってしまったような場合は、いつもの料理にちょこっと入れ込むのが正解。野菜炒めや卵焼き、サラダなどに入れると、いつもの定番料理がかなり違った味わいに。料理のボリュームもアップするので、おなかも満足する一品になるようです。

南蛮漬けやおろし煮…ほかにもまだあるアレンジレシピ

「にんじんや玉ねぎの薄切りといっしょに南蛮漬けに」(66歳/主婦)

「大根おろしとだし汁といっしょに煮込んで、おろし煮にする」(34歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「唐揚げを醤油、みりん、砂糖で甘辛く煮つけ、白ごまを振る」(52歳/主婦)

「野菜のあんかけを作って上からかける」(32歳/主婦)

「唐揚げにトマトソースとチーズをのせてオーブンで焼く」(30歳/主婦)

「ブロッコリーといっしょにマヨネーズで和え、オーブンで焼く」(23歳/その他)

「チリソースといっしょに炒める」(28歳/総務・人事・事務)

「ケチャップ炒めにする」(37歳/その他)

酢に漬け込む、煮込む、オーブンで焼くなど、調理方法を工夫することで、余った唐揚げが全く違った料理に大変身。「2日連続で唐揚げはちょっと……」というときは、こんなアレンジレシピがおすすめです。チリソースやケチャップなどの調味料といっしょに炒めるだけでも、全然違った美味しさを楽しむことができますよ。

気になるレシピはありましたか? アンケートでは「唐揚げが余ることはない」という声も意外と多くありましたが、余った唐揚げをこんなにいろいろなレシピにアレンジできるなら、次に唐揚げを揚げるときはいつもより少し多めに作ってみるのもいいかもしれません。ぜひ、ご紹介したアレンジレシピを試してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。