子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「酸っぱいミカンの大量消費」どうしてる?スイーツにも料理にも、美味しいアレンジレシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ミカンが美味しい季節になりました。いつでも食べられるように大量に買い置きしておきたいものですが、買ってみたらハズレで「酸っぱかったー」なんてこともありますよね。たくさん買ってしまったけど、どうしよう……。そこで今回『kufura』では女性318人にアンケートを実施し、「酸っぱいミカンの大量消費アレンジレシピ」について聞いてみました。酸っぱいミカンも一手間加えれば、美味しいデザートやドリンクに早変わり。新たな美味しさを発見できそうです。

搾り汁を料理に活用!スダチやお酢の代わりとしても大活躍

「スダチの代わりに魚にかければ良い」(49歳/総務・人事・事務)

「搾ってジュースにして、お酢の代わりにご飯に混ぜてちらし寿司にする」(52歳/主婦)

「ミカンを搾ってお鍋へ。ポン酢のような感覚で使用できる」(40歳/その他)

「オレンジソースにしてステーキにかけます。今はレシピサイトがたくさんあり、家にあるものでできるレシピが載っているので、料理が下手な私でも簡単にできます」(52歳/その他)

「ミカンの搾り汁とオリーブオイルを一緒に混ぜ合わせ、サラダやカルパッチョのドレッシングに。粒からしなどもちょい足しすると、オシャレな一皿になる。旦那が美味しいと褒めてくれた」(68歳/主婦)

「ポテトサラダに搾って入れる。さっぱりしていて、子どもたちもよく食べてくれます」(49歳/総務・人事・事務)

酸っぱいミカンも、搾ってお酢のような感覚で料理に使えば、美味しい調味料になりますね。また、オレンジソースにしてステーキにかければクリスマスの豪華メニューに、搾ってお鍋に入れれば冬のあったか料理に! いろいろなアレンジで冬のメニューに大活躍してくれそうです。

甘酸っぱさがアクセントになるミカンスイーツ

「ミカンのパウンドケーキ。クリームとの相性抜群」(38歳/営業・販売)

「ミキサーで攪拌し、オレンジムースやヨーグルトに混ぜてミカンタルトにします。スッキリとした酸味で大人向けですが、甘味を調整すればお子様にも喜ばれます」(43歳/主婦)

「ミルク寒天。ミルクの甘さとミカンの甘酸っぱさがとっても合います。お母さんがよく作ってくれます」(19歳/学生・フリーター)

「ミカン飴。グラニュー糖を水に溶かし一煮立ちしたら、竹串に刺したミカンをくぐらせ砂糖が固まれば完成。砂糖の薄い膜が固まり、食感抜群。中から甘酸っぱい果汁が出てきて病みつき」(47歳/その他)

「ロールケーキにいれて食べます。手間がかかるがフレッシュ感がおいしいです」(38歳/その他)

「フルーツサンド。生クリームの甘さに酸っぱいミカンがアクセントになって、いくらでも食べられる美味しさです。大量消費したいときの我が家の鉄板メニューです」(35歳/主婦)

甘酸っぱいミカンも生クリームや砂糖と合わせれば酸味が緩和され、美味しいデザートに変身。あっという間になくなってしまいそうですね。屋台で見かけるミカン飴は家でやったら子どもたちに喜ばれそう!

大量消費にもってこい!長期保存ができるミカンジャム

「ハチミツと皮を剥いたミカンを混ぜ合わせ、ジャムを作ります。いろいろなものに使えて、美味しいです」(43歳/主婦)

「ミカンジャム。ミカンを剥いて、できる範囲で小さく切る。砂糖を気持ち多めで入れて鍋で煮る。日持ちもするし美味しいと評判です」(26歳/学生・フリーター)

「ミカンに砂糖を入れて煮込んでジャム風にして、ヨーグルトにいれると美味しいですよ」(63歳/主婦)

大量消費にはもってこいのジャムは、砂糖を多めにすれば長期保存が可能なので、たくさん作り置きできて便利です。中には酸味がある方がジャムに向いているという人もいました。

生搾りジュースやお酒の割りものとして贅沢遣い

ビタミンたっぷり生搾りミカンジュース

「生搾りミカンジュース。少し砂糖で甘さを加えて、子どもでも飲みやすいようにアレンジ」(30歳/営業・販売)

「牛乳、ヨーグルト、ミカンをハンドブレンダーで混ぜてスムージーにする」(56歳/総務・人事・事務)

「スムージー。りんごやほうれん草と一緒に入れてしまう。多少の酸っぱさがあった方が美味しい」(47歳/総務・人事・事務)

ここぞとばかりに大量のミカンを使って、贅沢生搾りジュースを作ってみるのもいいですね。甘さが足りない時は砂糖を加えたり、バナナとの相性もよいそうなのでミックスジュースにするのもオススメです。

ミカンティーにミカン酎ハイ…お酒や紅茶との相性も良し

「搾ってハチミツと熱い紅茶に入れる。香りが良くなって温まります」(58歳/主婦)

「紅茶に入れる。レモンティーみたいで、酸っぱさが気にならない」(49歳/主婦)

「ワインとシナモンでホットワインにする」(50歳/主婦)

「酎ハイにする」(58歳/総務・人事・事務)

「ジュースにしてお酒と炭酸割。甘くなくて逆に美味しい。果実酢としてお酢に漬けるのもありです」(57歳/その他)

紅茶やお酒などへの活用レシピも多数登場しました。搾って使うのもいいですが、輪切りにしてミカンが浮いてる様子を見ながらゆっくりと一杯やるのも癒されそうです。

いかがでしたか。酸っぱいミカンもデザートにドリンクに料理にと使い道たくさん! これからは「ミカンを大量に買ったら酸っぱかった……」というときでも、今回ご紹介したアレンジレシピを参考に、美味しく食べきることができそうですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集