子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

美味しくて夫も悶絶!「5分以内で作れる」超時短おつまみレシピ集

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ダンナさん一人もしくは夫婦二人で毎晩晩酌するというご家庭も少なくないと思いますが、夕食の準備と並行して酒のつまみを作るのは大変。時間をかけずにパパっと作れるおつまみがあると、とても便利で助かりますよね。そこで『kufura』では、既婚女性255人にアンケートを行い、「5分以内で作れる超時短おつまみレシピ」を教えてもらいました。突然の来客や、急にお酒が飲みたくなったときなどにも大活躍すること間違いなしですよ。

豆腐にプラスアルファでお手軽アレンジ冷奴に

「ユッケ風冷奴。豆腐に卵黄、ごま油、ごま、ネギをのせて麺つゆをかけると、ユッケ味の美味しい冷奴になります」(49歳/主婦)

「大葉とじゃこ、たたき梅干しをのせた冷奴。調味料を使わなくても、じゃこと梅干しの塩気だけで美味しくいただけます」(61歳/主婦)

「めちゃくちゃお手軽な冷奴の天かすがけが、夫に大好評です」(40歳/デザイン関係)

「明太マヨ冷奴は、ただの冷奴よりもコクがあって美味しいです」(54歳/主婦)

「キムチをのせたキムチ冷奴は、最高に簡単でいいつまみになります」(44歳/主婦)

時間のかからない便利な酒のつまみといえば、真っ先に冷奴を思い浮かべる人も多いと思います。ただ、単なる冷奴だと、酒のつまみとして物足りなさを感じることもありますよね。そんなときはほんの少しアレンジして、ワンランク上の美味しさを楽しんでみてください。

ひと手間加えるだけで枝豆の美味しさがアップ

「枝豆のペペロンチーノ風。普通の枝豆もいいですが、ペペロンチーノ風にするとピリ辛で美味しいし、お酒にもよく合います」(51歳/総務・人事・事務)

「枝豆のカレー粉炒め。テレビで見てからよく作るようになりました」(36歳/その他)

「枝豆とじゃこの山椒焼きは、山椒の香りがクセになる美味しさです」(36歳/主婦)

「枝豆のニンニク醤油炒めは、夫に『お酒が進む』と喜ばれます」(59歳/営業・販売)

「枝豆を“食べるラー油”とニンニクで和えたもの。普通の枝豆も好きですが、この味付けにすることで、より一層お酒が進みます」(44歳/主婦)

そのまま食べても美味しい枝豆ですが、お気に入りの調味料で炒めたり、和えたりすると、また違った美味しさを楽しむことができます。イチオシはピリ辛系調味料を使ったアレンジ。刺激的な味わいで、お酒ともよく合います。冷凍枝豆を使えば、超時短でパパっと作れていいですね。

そのまま食べられるちくわが酒のつまみに大活躍

「ちくわの穴にキュウリを入れて食べやすいサイズに切ったら、ワサビ醤油で和える。すごく簡単ですが、ワサビのピリ辛がアクセントになって美味しいです」(36歳/主婦)

「甘辛く炒めたちくわの蒲焼き。鰻の蒲焼きみたいで美味しいです」(43歳/その他)

「切ったちくわをマヨネーズで軽く炒めて、仕上げに青のりをかけると、なんちゃって磯辺焼きになって美味しいです」(50歳/総務・人事・事務)

「短く切ったちくわの穴にマヨネーズを詰め、パン粉を散らしてトースターで焼く。こんがりと焼きめをつけるのがポイントです」(45歳/主婦)

「ちくわとチーズのオーブン焼き。斜めに切ったちくわにとろけるチーズをのせて、オーブンで焼くと、ビールによく合うつまみになります」(61歳/主婦)

火を通さずに食べられるちくわも、超時短おつまみのお助け食材の一つ。ちくわの穴にチーズやキュウリを入れた、ちくわチーズやちくわキュウリが定番ですが、ほかに蒲焼きや磯辺焼き、チーズやマヨネーズをのせて焼いたおつまみなども簡単でおすすめのようです。

だし巻き卵や具入りの卵焼きも簡単にできて便利

「定番のだし巻き卵。すぐに作れるし、夫にも美味しいと喜ばれます」(45歳/主婦)

「溶き卵に崩した豆腐、細かく切ったネギや余り野菜を入れた卵焼き。簡単だし栄養も満点で、酒のつまみにピッタリです」(65歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「キムチととろけるチーズを入れた卵焼き。ボリュームがあってとても美味しいと好評です」(56歳/主婦)

「明太子入りの卵焼きは、ピリ辛でお酒が進むと喜ばれます」(43歳/主婦)

普通のだし巻き卵もいいですが、具入りの卵焼きもボリュームがあって酒のつまみにピッタリ。卵はすぐに火が通るので、時間をかけずに作れるのも嬉しいですよね。毎回入れる具材を変えることで、飽きることなくいろいろな味わいを楽しむことができそうです。

ごま油が香る野菜のナムルはクセになる美味しさ

「ビニール袋にレンチンしたもやしと調味料を入れてもみ込み、もやしのナムルを作ります。夫の大好物で、たくさん作ってもすぐに完食してしまいます」(26歳/その他)

「キュウリのナムルは、スライスしたキュウリに調味料を加えてもみ込むだけなので簡単。いつも夫は『美味しい!』と言いながら、たくさん食べてくれます」(48歳/主婦)

「輪切りにしたズッキーニをレンジで1分ほどチンしたら、ごま油や鶏がらスープの素などの調味料で和えて、ズッキーニのナムルに。夫はいつも『これ大好きなんだよ!』と言いながら、美味しそうに食べてくれます」(53歳/主婦)

「キャベツのナムル。ざく切りしたキャベツを鶏がらスープの素とニンニク、ごま油で和えるだけですが、すごく美味しいと喜ばれます」(44歳/主婦)

超時短おつまみとして、たくさん挙がっていた和え物の中でも、特に多かったのがナムル。好みの野菜をごま油や鶏がらスープの素で和えるだけで、簡単に美味しいナムルが完成します。野菜はそのままもしくはレンチンするだけでOKなので、短時間で作ることができますね。

ナムル以外の和え物も手軽にできておすすめ

「レンチンしたピーマンを塩昆布と和えるだけで、美味しい酒のつまみが出来上がります」(58歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ちぎってチンしたキャベツをマヨネーズ、ツナ缶、塩コショウ、からしと混ぜた和え物。すごく簡単ですが、病みつきになる美味しさです」(42歳/主婦)

「オクラとミョウガの梅肉和え。そのまま食べても、豆腐やごはんにのせても美味しいらしく、旬の季節になると『今年も作って!』と催促されます」(37歳/総務・人事・事務)

「千切りしたミョウガとほぐした明太子をごま油で和えたもの。夫はタラコや明太子があまり得意ではないものの、このおつまみだけはすごく喜んで食べてくれます」(62歳/その他)

「納豆にタレを加え、キムチとアボカドスライスを混ぜた納豆のキムチアボカド和えは、お酒にもごはんにも合って美味しいと喜ばれます」(50歳/総務・人事・事務)

ナムル以外の和え物も簡単に作れるので、時間がないなどパパっと作りたいときに便利。切って和えるだけで、火を使う必要もないので、5分とかからずに作ることができます。塩昆布や梅肉、明太子などを使えば、ほかの調味料なしでも美味しくいただけるので、すごく手軽でおすすめです。

コクのある炒め物ならお酒もどんどん進む

「豚肉とキムチをいっしょに炒めるだけの豚キムチ。酒のつまみの定番ですが、味付けいらずで手軽だし、ピリ辛でお酒もどんどん進むようです」(41歳/主婦)

「ベーコンとレンコンの塩きんぴら。レンコンの水煮を使えば、包丁もまな板も使わずに作れるので楽ちん。輪切りの唐辛子を多めに入れると美味しいです」(40歳/主婦)

「こんにゃくをごま油で炒めて焼肉のタレで味付けし、ネギを散らして無限こんにゃくに。炒めて出来合いのタレをかけるだけなので、すごく簡単に作れます」(32歳/その他)

「ナスの味噌炒めは、薄切りにしたナスを油で炒めて、料理酒で溶いた味噌と砂糖を絡めるだけ。濃いめの甘辛味で日本酒が進みます」(56歳/主婦)

「ネギをごま油でこんがりと焼き、塩を振っただけのネギのごま油炒め。簡単なのにすごく美味しくて、お酒にもよく合います」(59歳/主婦)

いろいろな具材をまとめて炒めようとすると時間がかかってしまいますが、一つか二つの食材を炒めるだけなら、短時間で作ることが可能。油で炒めることでコクが出るので、お酒がどんどん進む美味しいつまみが完成します。味付けをちょっと濃いめやピリ辛にするのがポイントのようです。

5分以内でできる超時短レシピはほかにもいろいろ!

「焼いた厚揚げに生姜と醤油をかけるだけで、夫はご機嫌です」(51歳/営業・販売)

「大きな栃尾の油揚げに納豆、チーズ、味噌をのせ、トースターで焼くだけで、ビールによく合う、とても美味しいつまみが完成します」(51歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「椎茸のグリル。生椎茸の軸を取り、内側にマヨネーズをのせてグリルで焼き、焼き目がついたら醤油と七味をかけます。肉厚の椎茸だと食べ応えがありますよ」(64歳/その他)

「餃子の皮にとろけるチーズをのせ、ブラックペッパーをかけてトースターで焼いたもの。お酒が進む美味しいおつまみになります」(45歳/主婦)

「キュウリのサラミサンド。輪切りにしたキュウリとサラミを重ねるだけですが、とても喜んでもらえます」(49歳/総務・人事・事務)

「チーズとナッツを味付け海苔で巻いたもの。料理と言えないくらい簡単ですが、飽きのこない絶品おつまみが出来上がります」(50歳/主婦)

「スライスしたリンゴでチーズをはさんだ、チーズりんご。甘さとしょっぱさがいい感じに混じりあって、初めて食べた人が驚くほどの美味しさです」(61歳/研究・開発)

ほかにも美味しい超時短レシピがいろいろ。食材を切ってはさむ、巻くなどするだけのおつまみなら、時間をかけずに簡単にできるし、見た目もおしゃれなので、ちょっとしたおもてなしにも使えそうですね。

いかがでしたか? 5分以内でできる超時短おつまみは、思った以上にたくさんある様子。ご紹介したレシピを参考に、皆さんも美味しいおつまみをパパっと作ってみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集