子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ココアやコーヒーも一手間加えてカフェ風に!寒い冬にお家で飲みたいホットドリンクアレンジ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

温かい飲み物が恋しい季節になってきました! コロナ禍でおうち時間が増えている今、皆さんはご自宅でどんなホットドリンクをよく作って飲んでいますか? 今回『kufura』では、20~50代の女性474人にアンケートを行い、「家でよく飲むあったかアレンジドリンク」を教えてもらいました。どんな飲み物をどのようにアレンジしているのか、早速見ていくことにしましょう。

マシュマロのトッピングもオススメ「ココアのアレンジ」

「温かいココアにマシュマロをトッピング。マシュマロを加えることでコクがプラスされるため、ココアがさらに美味しくなります」(20歳/学生・フリーター)

「温めた牛乳にココアと板チョコを入れて作るチョコココアは、程よく溶けたチョコが美味。電子レンジで簡単に作れるし、飲むと体がすごく温まります」(37歳/主婦)

「ホットミルクココアに、インスタントコーヒーとチョコレートシロップを混ぜてカフェモカ風に。家で手軽にカフェの味わいを楽しむことができます」(37歳/営業・販売)

「ココアに練乳を少し加えると甘くて美味しくなり、体も温まります」(28歳/主婦)

「私のイチオシは、バター入りココア。バターを入れることでコクが出るし、表面が油分でコーティングされるので、ココアが冷めにくくなるのも嬉しいです」(34歳/主婦)

「ココアに少しだけラム酒を入れると、大人の味わいになって美味しいです。寝る前に飲むと体が温まって、ほろ酔い気分でよく眠れます」(36歳/総務・人事・事務)

寒くなると無性に飲みたくなる“ホットココア”。優しい甘さとかすかな香ばしさが、たまらない美味しさですが、チョコやマシュマロを加えるだけでも、またひと味違った美味しさが楽しめます。バターやラム酒などを入れるのも、体が芯から温まって良さそうですね。

シナモンを加えてスパイシーな味変「コーヒーのアレンジ」

「シナモンコーヒー。コーヒーにシナモンを入れると、スパイスが効いてまたひと味違った美味しさが楽しめます」(47歳/その他)

「コーヒーに泡立てた生クリームをのせてウインナーコーヒーに。甘さと苦さが程よくミックスされて美味しいし、コーヒーも冷めにくくなるので助かります」(47歳/その他)

「コーヒーにハチミツを加えると、コクが出て美味しくなるし、なんだか体の芯から温まります」(57歳/主婦)

「寒い冬は、練乳をたくさん入れたコーヒーがいちばん。たっぷりのミルク感と独特の甘さで、一口飲むだけでホッとします」(49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「コーヒーにあんこを少し入れるだけで、味が一気にまろやかになって美味しくなります」(43歳/主婦)

「コーヒーに板チョコを入れて簡単カフェモカに。いつも1日にコーヒーを何杯も飲むので、板チョコで簡単に味変できる手軽さが気に入っています」(58歳/主婦)

ホットドリンクの定番“コーヒー”も、ひと手間加えるだけでワンランク上の美味しさが楽しめます。コロナ禍でカフェなどに行きづらいという人も、アレンジコーヒーなら家で簡単にカフェ気分を味わうことができます。ぜひ、いろいろなアレンジを試してみてくださいね。

チョコレートをひとかけ入れると癒やしの甘さに「ホットミルクのアレンジ」

「ホットミルクにチョコレートをひとかけ入れる。ほんのりとした甘さで疲れが取れるし、心も癒される感じがします」(30歳/総務・人事・事務)

「電子レンジで温めた牛乳にハチミツを加えたハニーホットミルクは、ほんのりした甘さが最高。甘すぎないので飲みやすいし、体が温まるので夜寝る前に飲むとよく眠れます」(24歳/学生・フリーター)

「温めた牛乳にシナモンパウダーとハチミツを加えたもの。飲むと体が温まります」(51歳/その他)

「温めた牛乳にきな粉と黒ゴマ、オリゴ糖を入れる。体が温まるし、きな粉と黒ゴマでボリュームも出るので、小腹が空いたときにもおすすめです」(29歳/総務・人事・事務)

「ホットミルクにワインやブランデーを一滴。体が芯から温まります」(47歳/主婦)

就寝前の飲み物として人気が高い“ホットミルク”。そのまま飲んでもほっこりできていいですが、ほんの少しアレンジするだけで、美味しさをグンとアップさせることができます。寒い冬はハチミツやチョコレートでほんのり甘さをプラスしたり、ブランデーなどで温め効果を高めるのもおすすめです。

スライスしたりんごを入れて簡単アップルティーに「紅茶のアレンジ」

「紅茶にスライスしたりんごを入れて、簡単アップルティーにすると美味しいです」(58歳/主婦)

「砂糖の代わりにジャムを入れた紅茶。ジャムのほのかな酸味と甘味で、紅茶が一段と美味しくなります」(59歳/その他)

「紅茶にすりおろしたしょうがを入れてしょうが紅茶に。普通の紅茶よりも体がポカポカ温まります」(42歳/会社経営・役員)

「ハチミツを入れたレモンティー。レモンを入れるとサッパリして飲みやすい」(28歳/学生・フリーター)

「ミルクティーにシナモンパウダーを振りかける。シナモンの効果で体が温まるだけでなく、味も香りもワンランクアップしてミルクティーが美味しくなります」(28歳/その他)

「鍋でティーパックを煮出し、おろししょうがと牛乳を加えてチャイ風に。しょうが効果で体がほんわかと温まるので、冷え性の人に特におすすめです」(45歳/その他)

「温めた牛乳に紅茶とバナナのみじん切り、ハチミツを加えたバナナミルクティー。スッキリした茶葉の味わいが、バナナのトロトロ感とマッチして美味しいです」(53歳/主婦)

紅茶の定番といえば、ストレート、レモン、ミルクの三つがありますが、それぞれにアレンジを加えて、さらにいろいろな味わいを楽しむことができます。サッパリした味わいがお好みなら、ストレートやレモンティーをアレンジ。コクのある味わいがお好みなら、ミルクティーにハチミツやスパイス、フルーツを加えてアレンジするのがおすすめです。

緑茶にミルクと砂糖が意外とあう!「お茶のアレンジ」

「緑茶にミルクと砂糖を入れてレンジでチン。熱々でほんのりした甘さが寒い冬にピッタリです」(56歳/主婦)

「ウーロン茶と牛乳を混ぜて、ウーロン茶ラテを作ります。簡単に作れるうえ、市販のラテなどと違って砂糖が入っていないので、スッキリと飲めて美味しいです」(33歳/主婦)

「温かい麦茶に牛乳を加えてラテ風にして飲みます。麦茶の香ばしさと牛乳の自然の甘味がちょうどいいバランスで、すごく飲みやすくて美味しいです」(44歳/主婦)

「ほうじ茶にハーブをプラス。寝る前に飲むと体が芯から温まってぐっすり眠ることができます。ハーブによるリラックス効果も期待できますよ」(34歳/その他)

「お茶に梅干しを入れて、醤油を少し垂らして飲みます。健康的だし、体の奥まで温まる感じがします」(57歳/主婦)

アレンジが難しそうな“お茶”も、工夫次第でいつもとは違った味わいを楽しむことができます。牛乳を加えることでラテ風にして飲むこともできますが、市販のラテと違ってまったく甘味がないので、スッキリした味わいを楽しむことができる様子。逆に、甘さが欲しいときには、砂糖やハチミツなどをプラスして、簡単に自分好みの味に調整できるのも嬉しいですね。

きな粉とハチミツで優しい味わいに「豆乳のアレンジ」

「温めた豆乳にきな粉とハチミツを入れて飲みます。牛乳よりも豆乳のほうがヘルシーな感じがするし、優しい甘さでリラックスできます」(35歳/主婦)

「豆乳ココア。豆乳は牛乳よりもヘルシーな感じがするし、牛乳を使ったココアよりも、まったりした味わいになって美味しいです」(25歳/学生・フリーター)

「温めた豆乳にスティックコーヒーを入れた豆乳カフェオレ。優しい味わいで心も体もホッと温まります」(49歳/主婦)

「豆乳をカップに3分の2ほど入れ、電子レンジで加熱。そこに粉末の黒砂糖を小さじ1~2杯入れて、コーヒーを注ぐ。黒砂糖の優しい甘さとコーヒーの苦み、豆乳のまろやかさがベストマッチで、本当に美味しいです」(33歳/広報・宣伝)

“豆乳”がメインのアレンジホットドリンクも人気です。ココアやコーヒーを加えたり、黒糖やハチミツで甘さをプラスすると、豆乳独特の大豆感が和らぐため、豆乳が苦手な人でも美味しくいただくことができます。

甘酒やアルコール…ほかにもアレンジいろいろ!

「甘酒にココアパウダーを混ぜると、冷えた体もポカポカに温まります」(45歳/その他)

「甘酒に豆乳を加えて豆乳甘酒に。自分の好みの甘さに調整したら、レンジでチンするだけなので、すごく手軽。栄養価も高くて美味しいです」(31歳/コンピュータ関連技術職)

「レモンとハチミツ、すりおろししょうがをお湯で割ったホットドリンク。寒いときや風邪をひきそうなときに飲むと、体が芯から温まってすごくいいです」(53歳/その他)

「オリゴ糖を加えたホット青汁。オリゴ糖と青汁で腸内環境が整うし、ホットにすることで体の中から温まります」(53歳/主婦)

「飲むヨーグルトをレンチンして、ホットヨーグルトドリンクに。温めることでコクが出て美味しくなるし、体が冷えることもありません」(55歳/主婦)

「熱々のホットワインは、寒い季節にピッタリ。ステイホームによるオンライン飲み会にもおすすめです」(45歳/主婦)

「ホットジンにバターを溶かして飲むと、おなかの中からじんわりと温まります」(59歳/主婦)

ほかにもいろいろなアレンジホットドリンクがありましたが、特に人気が高かったのが“甘酒”を使ったアレンジ。甘酒はそのまま飲んでも美味しくいただけますが、ココアを混ぜたり、豆乳や牛乳で割るなどしても味わいが変わって美味しいようです。ほかには、青汁や飲むヨーグルト、ワインなどの冷たいドリンクを温めて飲むアレンジも、寒い冬にはおすすめです。

いかがでしたか? 定番のホットドリンクも、ひと手間加えるだけで新たな味わいを楽しむことができるようです。ご紹介したアレンジレシピを参考に、心も体も温まる美味しいホットドリンクで、寒い冬を元気に乗り切っていきましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事