子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

アメリカンドッグにクレープ!子どもが喜ぶホットケーキミックスで作るアレンジおやつ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

“HM”と略語ができるほど、お菓子作りの材料として定着したホットケーキミックス。味に安定感があり、失敗が少ないと評判も上々です。特に今年は家にいる時間が長かったので、HMを使ってお菓子作りにチャレンジした親子も多いのではないでしょうか。
そこで『kufura』では20代から50代の子どものいる女性190人にアンケート調査を実施し、「子どもが喜ぶホットケーキミックスで作る簡単おやつ」を聞いてみました。たこ焼き器や炊飯器を使ったアイデアお菓子も気になります。

たこ焼き器で作る「アメリカンドッグ」

「たこ焼き器でまん丸いアメリカンドッグを作って竹串に4コくらい刺して食べてます。見た目の可愛さに喜んでパクパク食べています」(52歳/主婦)

「たこ焼き器で自分たちで作れる楽しさもあり、子どもたちは大好きです。チョコレートやシュガースプレーなどのトッピングも準備してみるとしばらく楽しんで食べてくれます」(34歳/総務・人事・事務)

「ホットケーキを薄く焼いてフィッシュソーセージを巻くだけなので、簡単で喜んでいます」(43歳/主婦)

「揚げたてをみんなで食べるのがなにより好きなのでまた作ってとリクエストされます」(38歳/営業・販売)

「お祭りみたいと言って喜んで食べてます」(46歳/学生・フリーター)

「ウインナーが大好きなので朝ごはんに出すと喜んでくれる」(38歳/主婦)

「アメリカンドッグ。一口サイズに作ってよくホームパーティーで出す」(37歳/主婦)

たこ焼き器で作るアメリカンドッグは作る楽しさも加わることから、親子で作る料理として人気。小さなお子さんでも食べられるミニサイズというのも嬉しいですね。

またアメリカンドッグのソーセージにチーズをプラスした韓国風“チーズハットグ”も人気でした。

「チーズハットグ。ご飯のおかずとしても作って欲しいと言う」(50歳/総務・人事・事務)

「チーズハットグ。子どもと一緒に作ります。ホットケーキミックスの甘い香りと、チーズのしょっぱさが合わさるとクセになるようで、けっこうな大きさになるのですが3本はペロッと食べてしまいます」(47歳/主婦)

豆腐を加えてもちもち「ドーナツ」

「ホットケーキミックスと絹ごし豆腐を使って作るともちもち食感のドーナツができるので、子どもが喜んで食べます」(43歳/主婦)

「豆腐の焼きドーナツ。4才でも簡単に作れて失敗なしなので、自分から作ろうと言ってくる」(56歳/主婦)

「ドーナツ。簡単に作れるし、味も一定しているのでいつ食べても美味しいと絶賛です」(45歳/主婦)

「自分で丸めたりしながら楽しそうに食べています」(20歳/学生・フリーター)

「揚げたてを頬張っている顔をみると作ってよかったと思える」(42歳/主婦)

「バナナドーナツ、かぼちゃドーナツ。子どもと一緒に生地を混ぜたりするので、焼き上がりをすごく楽しみにしている。好きな野菜を入れて作るので、美味しいね~と言って喜んでくれます」(33歳/主婦)

「焼きドーナツ。人参とほうれん草とチョコレートをすりおろして混ぜて焼いたのですが、チョコのおかげかとても美味しいといってぱくぱく食べていました」(28歳/主婦)

豆腐を入れると柔らかくなり、時間が経っても硬くならないそうなので安心して大量に作り置きができます。かぼちゃやさつまいもなど季節の野菜を入れても楽しめそうですね。

レンジで数分!簡単「蒸しパン」

「蒸しパンはレンジで簡単にできるので、朝のパンがないときなど重宝している」(33歳/主婦)

「蒸しパン。ミックス粉を混ぜて、ドライフルーツを飾って蒸すだけ」(46歳/主婦)

「蒸しパン。レーズンを入れて作ります。出来たてのホクホクしたのをバターを塗って食べるのが好きで、おかわりしていっぱい食べます」(24歳/その他)

「サツマイモなどを入れた蒸しパン。好きなので嬉しそう」(59歳/主婦)

「子どももかき混ぜるのを手伝ってくれるし、野菜を入れてもニコニコして食べてくれます」(33歳/主婦)

「蒸しパン。黙々とたべる」(25歳/主婦)

「蒸しパン。ダイエットにもなるので嬉しい」(55歳/主婦)

ふわふわとした食感がやみつきになる蒸しパン。レンジで数分チンすると出来上がるという驚きの手軽さなので、ぜひ毎日のおやつに取り入れたいです。また、野菜を刻んで混ぜれば子どもが喜んで野菜を食べてくれる、と小さいお子さんのいる親御さんにも好評でした。

炊飯器で作れる「パウンドケーキ」

「バナナケーキ。炊飯器で作るので、匂いがしてきた時点でテンションあがってます」(48歳/主婦)

「バナナパウンドケーキ。バナナを潰して粉を混ぜるだけなので、子どもが喜んで作ります。手作りなので美味しいです」(48歳/主婦)

「バナナケーキ。出来立てのを出すと『やったー!』と言い、大喜びしていました。おかわりもしていました」(33歳/その他)

「マグカップバナナケーキ。電子レンジで簡単に作れるので、一緒に作っています。バナナ以外にもチョコなど追加して自分好みにアレンジしています」(45歳/主婦)

「ニンジンケーキ。炊飯器で簡単にできるので楽チン」(52歳/主婦)

「かぼちゃケーキ。野菜なのに美味しいので喜ぶ」(38歳/主婦)

「パウンドケーキ。計量や混ぜる作業を一緒にやるので、出来上がりが楽しみなのと達成感で美味しさが増す」(38歳/その他)

「チョコ入りスコーン。卵を混ぜたり喜んで手伝いをしてくれる。親子のコミュニケーションにもなるし、市販のドーナツはあまりたべないが、自分が作ったのだといつも以上によく食べてくれる」(32歳/主婦)

パウンドケーキは材料がシンプルで、作り方も混ぜるだけと簡単なので子どもたちが率先してお手伝いしてくれると評判です。

またスコーンやマフィン、カップケーキも人気で「アイシングで好きなキャラクターを飾り付けしてあげると、大喜び!」(51歳/主婦)とアレンジを楽しんでいる方もいました。ナッツやココア、チョコなどを入れて味を変えれば飽きずに食べられそうです。

生クリームや果物のトッピングが楽しい「クレープ」

「クレープ。一緒に生クリームや果物など、中に入れるトッピングを用意すると喜びます」(34歳/主婦)

「クレープは薄く何枚も焼いてミルクレープ風にしたり、冷凍もできるので時間があるときに再度解凍して食べられる。子どもも生クリームやバナナをトッピングして、お菓子作りに参加できるので喜んでいます」(33歳/主婦)

「クレープの中にいろんなものを自由に入れることができるので、注文を聞きお店屋さんみたいで楽しいです」(46歳/総務・人事・事務)

「具材を自分で選んで巻けるので、とても喜んで食べている」(37歳/その他)

薄く焼いたクレープを何層にも重ねて作るミルクレープは、人生で一度はチャレンジしてみたいお菓子ですよね。ホットプレートを囲みながらみんなで作ったらさらに盛り上がること間違いなし。間にフルーツを挟めば豪華なミルクレープになって、誕生日やお祝いのケーキにも喜ばれそうです。

他にもオニオンリングやサーターアンダギーなど

「オニオンリング。いつもは野菜を食べないが、たくさん食べてくれる」(33歳/その他)

「サーターアンダギー。ドーナツは飽きたので、片栗粉をまぜて油をまぜて硬めに作りました。食感の違いに病みつきになったようです」(55歳/主婦)

「たこ焼き機で焼くベビーカステラ。作っている時も楽しそう」(49歳/主婦)

「バームクーヘン。子どもが自分でやるっと言って、1人でやるので助かる」(40歳/その他)

「クッキー。一緒に作って、型抜きとか出来るので楽しんでます」(34歳/主婦)

ホットケーキミックスに塩コショウを足してオニオンリングの生地に。衣を厚めにすると食べ応えがあり、また甘塩っぱさが後を引くので、お菓子感覚でパクパク食べてしまいそうです。

サーターアンダギーは加える砂糖を黒糖に変えるとより味わいが豊かに。お好みでケチャップや粉砂糖、きな粉などかけて食べても美味しいそうです。

 

いかがでしたか。ホットケーキミックスを使えばお菓子作りが簡単にできるので喜んで手伝ってくれるお子さんが多いようです。

また、ひそかに野菜を加えたお菓子にするなど、ママの知恵が光りました。おやつを食べながら野菜も摂取できるなんて嬉しいですね。上記のラインナップを参考に、ぜひ親子でおやつ作りを楽しんでください。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集