kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

3位ひじき、2位きんぴら!お弁当に大活躍「作り置きおかず」強い味方の1位は?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「明日のお弁当、何を入れよう……」何気に悩ましいお弁当のおかず問題。そんな時の強い味方なのが、“作り置きのおかず”です。日頃、みなさんはお弁当のためにどんなおかずを作っていますか? 

『kufura』では、456名の女性に「お弁当のためによく作る作り置きおかず」についてアンケート調査(自由回答)を実施しました。ランキング形式でみていきましょう!

5位:冷凍して作り置き!「からあげ」

10票を獲得し、5位にランクインしたのは「からあげ」でした。

「からあげ。家族みんなが好き。前日に揚げても、次の朝もレンジアップで温めて弁当に入れると朝揚げ物をしなくていいからラク」(50歳/主婦)

「からあげ。いつでも食べれるように冷凍して作りおき」(40歳/主婦)

お弁当に入れるために冷凍保存しているという声が多く挙がりました。お弁当の定番おかずは、冷凍して作り置きしておくと効率的ですね。

4位:小分けにして冷凍!「ほうれん草」

4位は15票を獲得した「ほうれん草」でした。

「ほうれん草の和え物。冷凍して朝弁当に詰めるだけ」(34歳/学生・フリーター)

おひたしにしたり、炒めたほうれん草を冷凍しておくという意見が多く挙がりました。また、

「ほうれん草。小分けにして冷凍しておけば味つけするだけ」(42歳/主婦)

という声のように、シンプルに茹でたほうれん草を小分けして冷凍しておくことで、当日にアレンジできるようにしているという意見も多くみられました。

3位:栄養たっぷり!「ひじき」

3位は20票を獲得した「ひじき」でした。

「ひじき。栄養の足りないお弁当の時に入れられる」(32歳/主婦)

「ひじきの煮物。カップに入れて冷凍できる。濃いめに味付けしておけば、冷めてもおいしい」(35歳/主婦)

「ひじき煮。おかずだけでなく、ご飯にも混ぜられる」(45歳/主婦)

「ひじき。 冷凍もできて保冷剤がわりになる」(43歳/その他)

という声のように、小分けにして冷凍しておけば、不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養を補えるうえに、保冷剤がわりにもなって便利! ごはんにまぜてひじきご飯にもできちゃいます。

2位:人気の常備菜はお弁当にも!「きんぴら」

2位は27票を獲得した「きんぴら」でした。

「きんぴらごぼう。冷凍してそのまま弁当箱に入れ、食べ頃には自然解凍していておいしい」(38歳/その他)

「きんぴらごぼう。一度に大量に作っておいて、冷凍保存ができるから」(47歳/公務員)

過去記事「4位切り干し大根、3位ひじき煮を超えた!“よく作る常備菜”便利な1位は」では、“よく作る常備菜”1位に輝いた「きんぴら」。お弁当の作り置きおかずとしても大活躍です。たくさん作って、一部はタッパーに入れて冷蔵庫へ、一部はお弁当用にカップに小分けして冷凍庫に保管しておくご家庭も多いのではないでしょうか。

1位:小さめサイズが便利!「ハンバーグ」

1位は36票を獲得した「ハンバーグ」でした。

「ハンバーグ。小さめに作ったものを冷凍しておき、解凍して詰めるだけ」(42歳/主婦)

「ハンバーグ。夕飯がハンバーグの時に弁当用に作って冷凍しておく! アレンジもしやすい」(29歳/主婦)

「ハンバーグ。子どもの好物なので頻繁に入れても文句言われない。凍ったままお弁当箱に入れて保冷剤代わりにする。食べる頃には自然解凍されている」(37歳/主婦)

子どもにも大人気、定番のお弁当おかずの代表格です。お弁当用に小さめに作っておき、焼いてから冷凍しておくと便利ですね。

 

6位以降は、「ポテトサラダ」「たまごやき」と定番のお弁当のおかずが続きます。

どのおかずも小分けして冷凍しておくと便利ですが、そのまま入れると自然解凍したときに水分が出てお弁当を傷ませることもあります。これから夏にかけての季節は特に食中毒対策が必須です。

過去記事「“お弁当によくいれる冷凍食品”ランキング…2位唐揚げ、では1位は?」でもご紹介したように、市販の冷凍食品も上手に利用して、安心して食べられるお弁当作りを心がけてくださいね!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE