子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

自分へのご褒美!「どんなときもご機嫌になれる」主婦のとっておきの方法ランキング

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

仕事に家事、育児に追われる女性の日常生活はただでさえハードモード。おまけに、昨年からはコロナ禍でさまざまな環境の変化もあり、余計に心身に負担がかかりやすい状況が続いています。ストレスがたまって無性にイライラするとき、みなさんはどう対処していますか?

『kufura』では、20代~50代の女性395人を対象に“どんなときでもご機嫌になれる私のとっておきの方法”をテーマにアンケート調査を実施しました。ランキング形式で、効果抜群の息抜き方法をご紹介します!

第5位:読書に没頭する・・・15票

「小説を読んで自分の世界に入り込む」(24歳/学生・フリーター)

「ハッピーエンドの恋愛小説を読む」(35歳/公務員)

「ひたすら携帯小説を読んで現実逃避」(45歳/主婦)

「片っ端から笑える漫画を読む。集中して読むので不機嫌なことを忘れてしまう」(51歳/主婦)

小説であれ漫画であれ、読書に没頭すると、リアル世界での悩みや辛さが緩和されますよね。感動小説で涙したり、ギャグ漫画でクスっとしたり、お気に入りの作品でネガティブな感情をデトックス!

第4位:晩酌する・・・21票

「好きな味のビールを飲む」(57歳/その他)

「アルコール(ワイン、ビール、バーボン、日本酒)飲めば忘れちゃう」(52歳/主婦)

「おいしいパスタを食べながら辛口の白ワインを飲む」(55歳/主婦)

「ワインを飲みながら好きな漫画を読む。好きなものが揃えば気分はあがる」(49歳/総務・人事・事務)

筆者自身もそうですが、酒好きにとって、晩酌タイムは至福のひととき。アンラッキーなことばかり続いて落ち込んだ日も、がんばった自分に乾杯してあげるだけで、気分が上向いてくる感じがしますよね。

第3位:休息する・・・29票

「ふて寝してすっきりする」(33歳/主婦)

「お気に入りのパジャマでさっさと寝る」(35歳/広告・宣伝)

「寝る。寝起きには昨晩何があったか少なくとも一瞬は覚えておらず、ケロッとした対応を周りへとれる」(28歳/コンピュータ関連技術職)

「早めにやる事を終わらせて布団に入り、ゆっくり休む。自由な時間に自分を振り返ることができる」(45歳/その他)

心がささくれだつのは、実は体に疲れがたまっているのが原因かも!? 何はともあれ十分な睡眠をとって、心身ともにリフレッシュしましょう。

第2位:好きな音楽や動画を視聴する・・・107票

「好きなアーティストの音楽を聴く。その時の気分にあった曲を聴くとスカッとする」(24歳/営業・販売)

「YouTubeで好きなヴァイオリニストの演奏する協奏曲を視聴する。ヴァイオリニストになった気でやる気が出る」(51歳/その他)

「大好きなアイドルの生配信をみる。一瞬にして、仕事の疲れが吹き飛びます」(24歳/公務員)

「韓ドラで現実逃避に浸る」(49歳/主婦)

「コメディドラマを観てスカッとさせる」(28歳/主婦)

「犬や猫のTikTokなどの投稿を見る。癒される」(55歳/主婦)

さまざまな音楽、動画配信サービスのおかげで、いつでもどこでも自分の好きなエンタメ作品に気軽にアクセスできるのはとてもありがたいですよね。ちなみに、音楽は“聴く”だけでなく、お気に入りの曲をかけて大声で歌うというアイディアもありました。これもストレス解消にもってこい。

第1位:おいしいものを食べる・・・113票

「コンビニスイーツを2、3個買って独り占めします。値段はリーズナブルだしコンビニスイーツって高級感があってご褒美感覚で買っています」(30歳/その他)

「ハーゲンダッツの苺味です」(36歳/総務・人事・事務)

「コーヒーメーカーで挽きたての珈琲を淹れる。そしてお菓子を食べる。子育てでゆっくりする時間がなくても、たとえ10分でも自分の好きな事を出来ると機嫌が戻ってきます」(26歳/主婦)

「おいしいかりんとうを食べて、カフェオレを飲む」(57歳/主婦)

「色とりどりのお菓子を食べる。マカロンとかマーブルチョコとか」(52歳/主婦)

「焼肉を食べに行くと機嫌が治ります」(46歳/その他)

「お寿司を食べさせとけばご機嫌になります。笑」(32歳/その他)

「大好きなお寿司を一人占めして食べる」(34歳/主婦)

“どんなときでもご機嫌になれる私のとっておきの方法”の第1位に輝いたのは、好きなものを食べること。チョコレートをはじめ、スイーツを挙げる人が続出しました。

思い通りに物事が進まなかったり、少々理不尽な目に合ったりしても、大好物のアレさえあれば……。自分へのご褒美としてちょっと奮発するのもアリですが、お手頃価格のコンビニスイーツなどもクオリティが高く、コスパ抜群ですよね。

その他、こんな方法でご機嫌に…

「上質なラベンダーの入浴剤。これで入浴すれば気分晴れ晴れ」(55歳/主婦)

「マッサージチェアに乗る。全て忘れられる」(37歳/デザイン関係)

「散歩に出る。外の空気を吸うと気分転換になる」(29歳/弁護士)

「ジョギングにいくとすっきりして何でもなかったかのように過ごせる」(44歳/主婦)

「布団にこもってスマホでゲーム。一人で無心にゲームしてると怒りも収まるので」(37歳/主婦)

「数独をすると没頭して忘れる」(34歳/その他)

「旦那とハグすること。旦那に愚痴を吐いたり、一緒に他愛もない話をしたりする時間」(25歳/その他)

「娘と触れ合う。娘は本当にかわいい」(40歳/営業・販売)

「趣味友達とのライン」(49歳/コンピュータ関連技術職)

「飼い猫のお腹に顔をうずめる。そして昼間なら猫と日向ぼっこ」(42歳/主婦)

お風呂でリラックスしたり、体を動かしたり、趣味に没頭したり、はたまた家族やペットに癒されたり……。みなさん思い思いの方法で、心を安定させているのですね。

 

最近、知らず知らずのうちにストレスをためこんでいませんか? 爆発したりダウンしたりしてしまう前に、ぜひみなさんのアイディアもご参考に、がんばっている自分を労わってくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。