子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【業務スーパーのおすすめ#26】中国醤油の風味とコクを活かす「葱麺醤(ツォンミェンジャン)」の使い方

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

生鮮食品、冷凍食品、調味料や日用品などあらゆる商品が集う業務スーパー。その「業スー」に週5で通い続けるバロンママさんが、おすすめ商品とアレンジレシピを教えてくれる連載です。

今回は、「葱麺醤(ツォンミェンジャン)」。ねぎと油の入った醤油で、その名の通り麺料理の味付けに重宝する中華調味料です。中国醤油の風味を活かし、麺料理&2種のアレンジレシピを教えてくれました。

ちょっと独特の醤油味がクセになる!

null

こんにちは。コストコ、業務スーパーが大好きなブロガー/WEBライターのバロンママです。

今回は、最近どんどん種類が増えている中国からの直輸入品、瓶入り調味料シリーズの中から「葱麺醤(ツォンミェンジャン)」をご紹介します。

葱麺醤(ツォンミェンジャン) 180g入り 267円(税込)

原材料は「醤油、植物油脂、中国醤油、ぶどう糖、ねぎ」などで辛味は一切なく、醤油味の万能調味料としていろいろな料理に使えます。

醤油をベースに、中国醤油、ねぎ、油でコクと風味をプラスしています。中国醤油の独特の香りがあるので好みが分かれるかもしれませんが、そのままはもちろん、味付けのベースとして使ってほかの調味料を足すという使い方もおすすめ。いつものおうちご飯も、目先が変わっておいしくなります。

液体部分と油脂が分離しているので使用する前によく振るようにとの注意書きがありますが、瓶を開けたときに汚れがちなので、振るよりも使用する直前にスプーンでよく混ぜて取り出す方法がおすすめです。

※価格は店舗やタイミングにより異なります

いつもとひと味違う焼きそばに!

null

まずは名前の通り麺料理の味付けに使用。業務スーパーの蒸し焼きそばを使い、野菜や肉を多めに入れて具だくさんの焼きそばを作りました。

蒸し焼きそば2袋に対し、葱麺醤大さじ3~4程度を使用しました。深みのある醤油味で、おいしい! お好みで葱麺醤を減らし、その分をオイスターソースで補うとまた違った味になります。

コクうま中華風ポークソテー

null

豚ロースは筋切りをし、軽く塩コショウをしたあと、小麦粉を全体に薄くつけます。油少々を入れたフライパンで両面をこんがり焼いたら、よく混ぜた葱麺醤大さじ1と1/2、酢小さじ2、砂糖小さじ1/2を混ぜておいたものを回しかけ、全体に絡めます。砂糖の甘味とともにさっぱりした甘辛味に。ご飯によく合うおかずになります!

いつもの野菜ソテーをちょっと味変

null

肉料理に添えたり、お弁当のおかずにも便利な野菜ソテー。ふつうの醤油味や塩味とはひと味違う香りと味に仕上がります。とくにおすすめなのがかぼちゃ! ホクホクの食感で、甘じょっぱい味がよく絡みます。

【材料】
・ブロッコリー 小房に分けたもの5個ほど
・パプリカ(赤、黄) 各1/4個
・かぶ 1個
・かぼちゃ 5~6cm角10個ほど

<調味料>
・葱麺醤 大さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2

【作り方】

ブロッコリーは下茹でせず、よく洗ってから小房に分け、水気を取ります。かぶは皮を剥かずに4から6等分にします。パプリカはひと口大に切ります。

野菜は数回に分けて(2種類ほどずつ)、油(分量外)を入れたフライパンでじっくりと焼き、取り出しておきます。

最後にすべての野菜をフライパンに戻し、合わせた調味料を回しかけ全体にいきわたるように混ぜ合わせ、水分がなくなったら完成。

 

辛味もなく醤油ベースの葱麺醤はいつもとひと味違う味付けをしたい時に役立ちます。業務スーパーの公式ホームページには「ご飯や炒飯、水餃子、卵かけご飯などに」ともあります。気軽にちょい足しできる醤油だれとして気軽にいろいろな料理に使ってみてくださいね。

さらに、酢や砂糖、鶏ガラスープなど好みの調味料を加えると味に深みが出てバリエーションがつきます! いろいろな組み合わせを試して、ぜひオリジナルの味を探してみましょう。


バロンママ

コストコ・業務スーパーマニア。
コストコへ通い続けて18年。関東地方全13倉庫を制覇、そして日用品から食品までコストコ商品に囲まれた生活をしています。業務スーパーへは週5で通い新商品をチェック!
コストコ・業務スーパー商品のアレンジレシピ考案を得意としています。

ブログやInstagramではコストコ・業務スーパー情報を日々更新中!

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集