子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【業務スーパーのおすすめ#21】おかず・おつまみ作りに大活躍の「うますぎっ!!ねぎザーサイ」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

生鮮食品、冷凍食品、調味料や日用品などあらゆる商品が集う業務スーパー。その「業スー」に週5で通い続けるバロンママさんが、おすすめ商品を教えてくれる連載です。

今回は、「うますぎっ!!ねぎザーサイ」。中華系の瓶入り調味料シリーズは、どんどん新しいものが登場するのでチェックが欠かせません!

ねぎとザーサイの最強コンビ!

null

こんにちは。コストコ、業務スーパーが大好きなブロガー/WEBライターのバロンママです。

今回は中国からの直輸入品、「うますぎっ!!ねぎザーサイ」を使った簡単レシピを取り上げます。私が通っている店舗では昨年12月頃に並び始めたと思います。

同じサイズの瓶に入った調味料シリーズはどんどん種類が増えており、個性的なものばかで気になります!

うますぎっ!!ねぎザーサイ(180g入/300円・税込)

原材料は「塩漬けザーサイ、糖類、ねぎ、植物油、しょうゆ、唐辛子粉」など。そのまま食べてみると、ザーサイがシャキシャキ! ピリッと辛いですが、全体的にはそこまで濃い味ではなく、意外とマイルドです。(以下、「ねぎザーサイ」と呼びます)。

そのままで、ご飯や豆腐などの様々な食材にトッピングするだけで楽しめます。

※価格は、店舗やタイミングにより異なります。

豚こまの唐揚げ風 ザーサイトッピング

null

カリッと揚げた豚こま肉にトッピングにしてみたらとっても美味!

豚こま肉はラップなどの上にひろげ、塩コショウをします。両面に片栗粉をつけて揚げ焼きにし、ねぎザーサイをかけるだけ。

塩コショウのみの味付けでも、ねぎザーサイのおかげで味わい深い1品に。ご飯もビールもすすみます!

チャーハンの味付けが決まる!

null

ザーサイとねぎの組み合わせなので、チャーハンは間違いないおいしさ! 味がぼやけがちなチャーハンですが、ねぎザーサイを使うとシンプルな具材でもしっかりとした味わいになります。

塩気はそこまで強くはないので、塩コショウ、しょう油などを少し足すと良いです。今回は薄めに味付けをしたチャーハンに、1人前につき大さじで大盛り1杯ほどのねぎザーサイを加えてみたところ、程よい味でした。

今回具材はシンプルに卵、ハム、小葱を使いました。少しピリ辛で、コクのあるチャーハンに!

レンジ蒸しなすのねぎザーサイ和え

null

もう1品!という時に簡単にできる副菜。

(1)長なす1本はガクを切り落とし、横半分、さらに縦半分に切ります。
(2)ラップを巻いて600wで3分ほど加熱します。
(3)ボウルにねぎザーサイ大さじ2、しょう油小さじ2ほどを混ぜておき、粗熱をとったなすを手で割いて入れ、和えて味をなじませます。

マヨネーズと合わせると野菜にぴったり

null

ちょっと意外ですがマヨネーズとの相性がとても良く、野菜を和える調味料として便利に使えます。

にんじんはスライサーなどで千切りにし、そこへツナ、マヨネーズ、ねぎザーサイを入れて和えるだけで完成! 簡単にパパッとできるのに、ピリ辛でコクがありおいしいにんじんサラダになりました。

ゆで卵をプラスすると、中華風のタルタルソースといった感じになりこれも良し。

 

食感が楽しくピリ辛なのもおいしい「うますぎっ!!ねぎザーサイ」は、いろいろな食材に合わせやすく、すぐに使い切れちゃいます! そのまま食べるのはもちろん、調味料としても優秀なので、ぜひ試してみてくださいね。


バロンママ

コストコが大好きで通い続けて16年のライター。コストコ商品に囲まれた生活をしています。ブログやインスタグラムではコストコ情報を日々更新中!

ポーランドの食器「ツェラミカ アルティスティッチナ」の器に合わせた料理写真の撮影、レシピ提供をする仕事もしています。

ブログ:https://ameblo.jp/baronmamadesu/
Instagram:@costco_love_baronmama/

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集