子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「生パイ」宮城県からお取り寄せしたらクリームとパイのコラボがおいしすぎて!【本日のお気に入り】

日々の生活に甘い物が欠かせません。
東北生まれの私に、宮城県の「生パイ」がおいしいらしい、という情報が。

クリーム好きの血がさわぐ

null

生活の潤い=スイーツなので、「よりおいしいもの」を求めています。

宮城県の「生パイ」は、オリジナルの生クリームが絶品と聞き、クリーム好きとしては見過ごすわけにはいきません。

調べてみると、宮城銘菓で名高い「萩の月」の菓匠三全が手がけている洋菓子と知り、一気に信頼感が高まりました。

さて、さっそくお取りよせしてみました。

ROYAL TERRASSE(ロワイヤルテラッセ)「生パイ」は、冷凍の状態で届きます。

 

同封の説明書どおり、4時間冷蔵庫で箱のまま解凍し、いざオープン!
中には5個の生パイと、トッピング素材が。

ここからが「生パイ」の見せ場。

舟形のタルトに、付属の「トッピング・パイ」をふりかけます。

さらに「トッピング・パウダー」を茶こしでかける。

味は期待以上で、ひかえめに言って最高、クリーム最高オブ最高!

自らトッピングをするから、ふりかけたパイ生地がサクサクで香り豊かなんです。

「萩の月」もクリームが素晴らしいお菓子ですが、「生パイ」も同様で生クリームだけどカスタード味もあって、その加減が絶妙。

スプーンで食べるのはもどかしく、手でパクっといっちゃいますね。

菓匠三全のサイトから購入しました。
5個入り×2箱 冷凍 3,470円(税込)


編集部・工藤葉月

幼児雑誌の編集を20年ほど経て、2021年秋kufura編集部担当に。夫、娘と3人暮らし。スイーツに目がなくご飯はぬいても甘いものは切らさない。韓国ドラマ、映画、食べ物好きで娘と韓流情報を交換するかわたら、最近は2.5次元に沼りはじめて推し活スタート。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集