子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

これが豆腐!? とろけるチーズみたいに使える「相模屋」の「BEYOND TOFU シュレッド」が便利【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

皆さんは『相模屋』という豆腐のブランドをご存じですか? 最近、スーパーの豆腐売り場でひときわ異彩を放っているブランドです。

定番商品に加えて、「ひとり鍋」「とうふ麺」「おだしやっこ」などのユニークな商品コンセプトが目を引き、商品サイクルが早いのが特徴。

中でも「BEYOND TOFU」と銘打たれたシリーズは、豆腐を別の食材に変身させたものが多く、「これはいったいどんな味なの!?」と思わず手に取ってしまうようなラインナップです。

最近、筆者の家族に好評だったのがチーズのように使える『BEYOND TOFU シュレッド』でした。

『BEYOND TOFU シュレッド』は、豆腐からできている、チーズ風のシュレッド。たっぷり250g入りで値段も税込300円~400円程度とお手頃。

とろけるチーズと同じように、万能に使えます。

コクがあるけれど、風味はチーズよりもあっさりで塩分控えめ。チーズを豆腐に置き換えて、脂肪分をカットしたいときもおすすめです。

この日は「豆腐シュレッドのマカロニグラタン」を作りました。加熱するとこんな感じ。

過熱前

「グラタンの上にのってるのはなーんだ?」で盛り上がる

食事中、子どもに聞いてみました。

「グラタンの上にのってるの、なーんだ?」

「チーズでしょ?」

「はずれー。豆腐だよー」

「えー、豆腐じゃないみたいだね」

こんな会話で盛り上がりました。

ピザやグラタン、トースト、カレーに乗せたり、サラダのトッピングにしたり、さまざまな食材に活用できました。

定番商品も展開しつつ、「BEYOND TOFU」で遊び心を見せる相模屋。

最近発売された商品は『うにのようなビヨンドとうふ』。

ウニの色をしていて、ウニの香りがする豆腐なのだとか。どんな味か想像できないけど、なんだか試してみたいような、試したくないような。

この“ワクワク・ドキドキ感”が「BEYOND TOFU」シリーズの魅力でもあります。

今は、なかなか旅行をする機会がないので、筆者は明日も“相模屋ウォッチャー”として、“ビヨンド冒険”をしようと思っています。


北川和子

ライター。『kufura』では家族関係や敬語の記事を担当。教育誌やビジネス媒体でも執筆しており、「育てる・働く・暮らす」が密接にかかわっていることを実感しながら執筆活動をしている。最近ハマっているのは低温調理器を使った肉料理。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集