子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「トリイのウスターソース」に夢中です!絶品「ウスターソース煮」のレシピはこんなふうに 【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ウスターソースが好きです。ドロッとした中濃ではなく、サラサラで、味もシャキッとキレがよくてスパイシー。こんなに美味しくて完成された調味料、あるでしょうか。中でも今、ハマり中なのが「トリイ」のウスター。複雑なスパイスの旨味もありつつ、とんがり過ぎてないまろやかさ。リピート中のレシピもご紹介!

「トリイ」のウスターが美味しい理由は…

そもそも「ウスターソース」ってなんだっけ?

そもそも、ウスターソース。中濃ソースとか、おたふくソースと何が違うか、知ってますか?

実は、西洋からまず日本に入ってきたのはウスターソースなんだそう。ただ、あの「シャバシャバ具合」が、たこ焼きなどの粉物にかけるには適さず、日本独自でトロミをつけたのが濃厚ソース。で、その濃厚ソースと、ウスターの中間の濃さに作ったのが、「中濃ソース」というわけ。

「トリイ」は大正13年創業の老舗ブランド

全国に色々なご当地ソースがあるのですが、トリイさんは静岡の地で大正13年からソース作りを続けている老舗。パッケージには……

原材料:砂糖・野菜(たまねぎ、トマト、にんじん、にんにく、セロリ)・醸造酢、食塩、香辛料、レモン果汁、昆布、かつお節

とあります。しかも無添加!
サイトによると「新鮮な野菜の旨味を届けたいので野菜は国産100%、砂糖は鹿児島産の粗糖(そとう)という、精製される前のミネラル分たっぷりのものを使用」

とあります。ウスターソースって、それ自体がすでにスパイスや酢などが絶妙に配合された、完成された調味料なんですよね。そこが醤油や塩とは違うところ。だからこそ、メーカーによって配合の妙があり、この「トリイ」がめちゃくちゃ好みだったんです。

味付けはウスターソース“だけ”でこの美味しさ!「鶏レバーのソース漬け」

この「鶏レバーのソース漬け」は、茹でて下処理したレバーをウスターソースにつける「だけ」という、めっちゃ簡単かつ絶対失敗しない(なぜなら味はソース味だけだから!)レシピ。

作り置きしておくと、ご飯に乗せてレバー丼にしても、お弁当にも、もちろんおつまみにもいいんです。日常的に摂りたい「鉄分」を、こんなに美味しくたっぷり取れるのも嬉しいところ。ちなみに鶏レバーは、牛や豚のレバーと比べて、低炭水化物かつビタミンB1が豊富です。

「鶏レバーのウスターソース漬け」の作り方

材料:鶏レバー、ウスターソース、しょうが、にんにく

作り方:

(1)鶏レバーの下処理をします。これ実は「沸騰したお湯で茹でるだけ」でOKなんです。パックから出した鶏レバーを、グラグラと沸騰してる鍋に入れ、8分ほど茹でる。アクはそのままで大丈夫。

以前記事で紹介した、料理研究家の沼津りえさんのこの方法(鶏レバーの下処理は茹でるだけで臭みゼロ)を試してびっくり!今まで水の中でグルグル回したり牛乳に浸していた手間はなんだったんだろう?というくらい簡単かつ全く臭みがなくなりました。

(2)下茹でしたレバーを水にとり、汚れや余分な油をよく洗う。ハツとレバーを切り離して、何度か水を変えながら。

(3)食べやすい大きさに切って、内部の血の塊などを取り除く。
レバーやハツは切ると内部に血の塊などがあります。でも茹でることで血も塊になっているので、包丁の刃先などでポロっとキレイに取り除けるんです!だから臭みが残らない!

(4)キレイな水につけて1~2分、水をペーパーで拭き取れば下処理終了。

(5)ジッパー付きバッグに、潰したニンニク、スライスした生姜とともにレバーを入れ、ウスターソースを全体が浸かるくらい入れるだけ。

3~4時間くらいから食べられるけど、一晩漬けるとグッと美味しさが増します!

レバーを茹でる方法。パサついちゃうのでは?と私も最初は疑問だったのですが、作ってみたら、その驚くほどしっとりした仕上がりに大満足。ぜひ一度お試しいただきたい方法です。

「鶏もも肉と新玉ねぎのウスターソース煮」

レバーはちょっと……という方は、鶏もも肉で(胸肉でも!)。こちらは下味としてソースを揉み込んでおいてから煮るのがポイント。ウスターソースの酸味で、お肉も柔らかく仕上がります。新玉ねぎの水分がまた美味しさを増強してくれる!

材料:鶏もも肉、新玉ねぎ、ニンニク、ウスターソース、料理酒、ゴマ油

(1)ひと口大にした鶏肉をジッパー付きバッグに入れ、ウスターソースを入れて全体にもみこみ、冷蔵庫で1時間くらい置く(これが下味に)。

(2) 新玉ねぎは1㎝くらいの厚さの輪切りに。

(3)鍋にゴマ油を熱し、鶏肉を皮から強火で焼き付ける(軽く焦げ目がつくくらいが美味しくなります。裏面も同様に)

(4)表面を焼いたら、酒とウスターソースを投入。酒とウスターソース1対3くらいで、肉がヒタヒタになるくらいまで。

(5)肉の上に新玉ねぎをのせ、潰したニンニクを1個風味づけに投入したら、蓋をして弱火で15分くらい煮る。

(6)玉ねぎがしんなりしたら味をみて、薄いようならウスターソースを少し上から足して、できあがり!

(7)ピンクペッパーがもしあれば、添えると相性がいいですよ。

ウスターソース、トンカツとか揚げ物にかけるだけじゃもったいない!こんな風に料理に使うとまた、その味と実力に惚れ直しますよ。

ぜひ一度試してみてください!


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集