子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

話題の「マルチポット」。煮る、揚げる、炒める…すべてOK!で、こんなに頼りになるなんて【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

キッチン収納の限界もあり、新しい鍋など大きいキッチン道具には、なるべく手を出さない!と決めていたのですが、数年ぶりに新しい道具をお迎えしました。それが話題の「マルチポット」。これが、買って大正解!

この「深さ」が絶妙!「注ぎ口」の便利さにも拍手!

この『To May Dolce のマルチポット』。少し前からインスタなどでもかなり話題になっていたので、気になっていました。

最終的に購入の背中を押してくれたのは、料理上手のエディター・門司紀子さんのひと声。彼女と一緒に、台湾料理を作るインスタライブを配信したとき「これ、ホント便利ですから!買った方がいいですよー」と、実際に料理に使いながら太鼓判を押されたこと。

で、実際購入してみたら、もう初日から「買って大正解」と実感。引き出しにしまう間も無く、毎日大活躍しています(ネット通販で、3,300円くらいでした)。

具だくさんの汁物に、この「注ぎ口」が助かる!

汁物、スープが大好きな私。これまではもちろん鍋で調理したあと、具材をまず器に入れ、その上から、お玉などでスープをすくって上から注ぐのが常、でした。

でもこのマルチポットだと、ご覧のように取手を持って、直接注げます。これが思った以上にラク、なんです。

もちろん「ヤカン」がわりに、牛乳を温めたり、単にお湯を沸かしたときも、そのままコップに注げます。

フッ素加工だから焦げつきづらく、洗いやすいのもポイント。

この「深さ」のおかげで、揚げ物の油がハネない!

このポットのもうひとつの特徴は「深さ」。フタをとると12cmというその深さのおかげで、揚げ物のハードルがグンと下がりました。周りへの油ハネが、ほとんどないんです。

少量の揚げ物をしたい時、直径約15cmというこの小ぶりのサイズは、底面積が小さい故に油の量が少なくて済む、という面でも嬉しいところ。私は野菜の素揚げをよくするのですが、油を1cmほど入れて揚げるのに、ちょうどいいんです。

この少しだけくびれのあるコロンとしたフォルムも、実用を考えてのこと。中で熱の対流が起こるので熱伝導率がよく、効率よくムラなく火が通るのだそう。

また底面のステンレスも加熱スピードを上げてくれる役割が! 私はガスコンロですが、IH対応可能というところも、人気の理由かもしれません。

小ぶりで、深い、今までになかったバランス。これって使う人のニーズを捉えた、親切設計ですよね。

これから長く一緒に過ごせる、信頼できる相棒、みつかりました!


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集