子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【2022カルディのバレンタイン】狙いは「ビジュアル系チョコレート」!おすすめ7選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

今年もやってきました、バレンタインシーズン! お正月明けからバレンタイン商品が並び始めますが、やはりどのショップも出そろうのは1月半ば過ぎ。さて、今年も『カルディ』のバレンタインはかわいいものが出そろいました! でもそれだけに、店舗によっては完売商品も出てきているので、欲しい方は急いでくださいね!

早くも完売店舗続出!カルディオリジナルのトランク缶

「オリジナル トランク缶」1,100円(税込、以下同)

今年のバレンタイン商品のリサーチに行ってまず目に飛び込んできたのが、このトランク缶! 持ち手はきちんと合皮でできており、トランクの模様にはエンボス加工が施されており、とどめはこの高級感あるシックなカラーリング。これで1,100円は“買い”です!

カルディオリジナルのお菓子缶って、甘かったりかわいいデザインのものが多かった気がするのですが、数年前、今はバレンタインの定番となった“カメラ缶”が出てきたあたりから変わってきて、こうした大人っぽいものやユニセックスなデザインのものを出すように。

中にはシューズ型のチョコレート1個とクランチチョコ6個が入っています。かなりの上げ底感は否めませんが(笑)、この缶欲しさにぜひ買ってください。

ただやはりものすごい人気商品なので、うちの近所のカルディはすでに完売(ただし離れた店舗にはまだありました)! なので見つけたら“即買い”してくださいね。

毎年、早々に売り切れてしまう「トカゲ缶」

「カカオの森トカゲ缶(ピンク・ブルー)」各356円

そしてこちらは毎年出ているらしい、“トカゲ缶”。カルディマニアを名乗っておきながら、実はこの存在がまったく目に入っていなかったわたくし……爬虫類に興味がないため、他の商品にばかり気を取られていたのですが、トカゲを飼っている知り合いから「知っているでしょ? カルディのバレンタインといったらこの“トカゲ缶”。めちゃくちゃかわいくて、トカゲ好きの間では有名なんだよ! 去年は買えなくて悔しかったけど、今年は早めに買いに行ったから手に入れられた!」と聞き、初めてその存在を知りました(笑)。

カルディマニアというよりも爬虫類&トカゲマニアの人たちの間では、かなりの人気商品のようです。でもこうして見ると、愛嬌のあるトカゲが描かれていてかわいいんですよね。中にはひと口サイズのタブレットチョコが4枚入っています。手のひらサイズの缶なので、再利用もしやすそう。ちなみに缶の裏の原材料表シールをはがすと……これまたかわいいので、ぜひ購入した方は裏のシールをはがしてみてください

いつものカルディらしいかわいい缶も!

「ティーポット缶(チョコクランチ)」529円

そしてこちらはいつものカルディらしい、かわいいデザインのチョコクランチ缶。ティーポットやマグカップなどがやわらかな水彩画タッチで描かれ、エンボス加工が施されています。お値段も500円台というところが良心的。これは“友チョコ”として活躍しそうですよね。中には“トランク缶”と同じチョコクランチが6個入っています。

高級感あふれる、イタリアの老舗チョコレートブランドのアソート缶

「ペルニゴッティ プラリネビンテージコレクション『プラリネアソート』(ブルー・ホワイト)」各1,458円

中世ヨーロッパな魅力たっぷりの缶をカルディで見たときは正直、驚きました。なぜなら高級感があり、デパ地下スイーツ系のビジュアルすぎて、カルディらしくないからです(笑)。

でもありがたいことに、お値段はカルディ仕様。もちろんいつもの商品にしてはちょっとお高いのですが、おしゃれな缶に入ったチョコレートがギリギリ1,500円以下で買えるなら、“あり”だと思います!

「ペルニゴッティ」はイタリアのチョコレートブランドで、1860年創業という老舗。本国では、スーパーマーケットにも置いてある、とても親しみのあるブランドです。

中には3種類のチョコレートが入っています。

●クレミーノ(ヘーゼルナッツペーストが入ったクリーミーなチョコレート。四角く三層になっている)

●ジャンドゥイオット(トリノ名物で、砂糖、ココア、ヘーゼルナッツから作られる、台形の形をしたチョコレート)

●ジェンマ(イタリア語で「宝石」を意味する丸形のチョコレート)

イタリアのチョコレートらしく、どれもヘーゼルナッツが使われており、カカオとは別のナッツの香ばしさとなめらかさを堪能できるチョコレートが入っています。

名店「マキシム・ド・パリ」のお菓子が買いやすい値段に!

「マキシム・ド・パリ シガレット」907円

「マキシム・ド・パリ」の缶に入ったお菓子は、いつ頃からかは覚えていないのですが、バレンタイン時期になるとカルディに並んだ商品でした。が、やはり100年超えの名店のお菓子……結構なお値段がしたんですね。

缶に描かれているベル・エポック調のイラストは、「マキシム」のメニューのイラストを手がけ、ココ・シャネルとも親交が深かったジョルジュ・グルサによるもの。

素敵!しかし高い!と思っていたら、今年サイズが小さくなって1,000円以下で買えるようになって登場。こうしたリニューアルはありがたいですよね! 目上の方へのちょっとしたバレンタインギフトとしてもおすすめです。

ねこ、ネコ、猫、NEKO、猫がすき!

上段:「キャット メモパッド チョコレート」572円、下段:「キャットミニパックチョコレート」各230円

2月22日の猫の日が近いせいもあるかもしれませんが、今年のバレンタインにも猫チョコが登場! どれも1,000円以下の買いやすいお値段なのが魅力です。これは完全に“友チョコ”仕様ですよね!

メモパッド付きチョコレートの方には、3Dな猫の表紙がついたメモが2つついています。

そして猫型のミニパックチョコレートの中には、ひと口サイズのタブレットチョコが4個入っています。

どちらもこのタブレットチョコの包み紙がシックでかわいいのです!

ちなみにもうちょっと子ども向けであれば、「キャットクランチ6P」399円もあり。こちらは小中学生のバレンタインの友チョコに良さそうです。ミルククランチチョコとホワイトクランチチョコがそれぞれ3個ずつ入っています。

カメラチョコやラジカセチョコがミニパックになって登場!

レトロチョコレート ミニパック各213円

ここ数年、バレンタインになると購入制限されるほど人気の“カメラ缶”や“ラジカセ缶”。今年も販売していますが、私が注目したのは“ミニパック”。レトロなカメラやラジオ、カセットにレコードプレイヤーなどが印刷された小さいパックです

お値段も税込み200円ちょっとですし、近所や職場の人にちょっと配るのにもいいですよね。しかも子どもっぽいかわいさではなく、あくまでも大人かわいいのがいい! これ、通年売ってほしいです(笑)。

 

いかがでしたか、今年のカルディのバレンタイン。明らかに去年より全体的なクオリティが上がっているので、売り切れるのも時間の問題! ぜひ1月中にチェックしに行ってみてくださいね!

 

撮影/中田ぷう

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集