子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

何度リピートしてもまた食べたくなる!えとやの梅の実ひじき【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ご飯のお供はいろいろありますが、我が家では普通の梅干しはイマイチ不人気。でも『太宰府 十二堂えとや』の「梅の実ひじき」は何度もリピートし、冷蔵庫に常備しています。

ふっくらしたひじきと梅の相性がバツグン

『太宰府 十二堂えとや』の「梅の実ひじき」は、福岡県のお土産としても人気のセミドライタイプのふりかけ。太宰府の海産物店『十二堂えとや』が創業時に考案した代表的な商品です。

あたたかなご飯とともに口に入れると、ふっくらとしたしそ風味のひじきとごまの香りが広がり、砕かれたのカリッとした歯ごたえとのバランスが最高においしい!(こうして書いている間も生唾が……)

一箱150gで、702円(税込)。わりとしっかりした量が入っているのですが、気がつくとなくなってしまいます。賞味期限が製造日から一カ月ということもあり、我が家では毎回3箱以上を注文しています。

お弁当にも食卓にも

我が家では、月並みですがお弁当によく梅の実ひじきを使っています。時間がないときはふりかけとしてごはんにのせますが、余裕があるときはご飯と混ぜます。

ご飯と混ぜるとご飯と梅の実ひじきがしっかり馴染んで、おかずがなくてもパクパク食べられるようで、学校での限られた休み時間にお弁当を食べ切るのが苦手な息子からも好評です。

なにより、煮物だとあまり食が進まないひじきを進んで食べてくれるのがうれしい! カルシウムや食物繊維など、栄養豊富なひじきは積極的に取り入れたい食材なので、梅の実ひじきはワタシにとって「待ってました!」という気持ちでした。

自分用にお弁当を用意しないワタシは、もっぱら食卓で。朝やお昼はもちろんですが、夕食時、お酒を飲んだ後の締めのご飯に梅の実ひじきがピッタリなんです!

普通にごはんにかけたり、お茶漬けにしても。ごはんとの相性が抜群すぎて、ご飯のお供にする食べ方から抜け出せませんが、『太宰府 十二堂えとや』の公式ホームページを見ると、卵焼きやパスタなどにアレンジしてもよさそうです。

自宅用以外にお友だちにもあげたくなるご飯のお供。都内でも、百貨店やちょっとよいスーパーなどで見かけることがありますが、なかな店舗には行けないというワタシのような方は、公式オンラインショップを利用するのがおすすめです。

もし店舗で見かけたら「ラッキー!」と思って、ぜひ試してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。