子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

カレー派?ラーメン派? 「おせちに飽きたら食べたくなるものランキング」第1位は…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新年を迎え、お重を開いた瞬間には気分の上がるおせち料理ですが、2日目、3日目にはありがたみが薄れ、別のものが食べたくなる……というのは、お正月あるあるの鉄板ネタですよね。

そんなわけで、今年も『kufura』では、20代~50代の男女914人(男性500人、女性414人)を対象に、“おせちに飽きたら食べたくなるもの”をテーマにアンケート調査を実施しました。まずは、男女総合、および男女別の人気ランキングを発表します。

「おせちに飽きたら食べたくなるもの」ランキング

【男女総合】

第10位:餅…16票

第9位:うどん…20票

第8位:寿司…29票

第7位:ファストフード(ハンバーガー等)…32票

第6位:ピザ…33票

第5位:すき焼き…44票

第4位:寄せ鍋…49票

第3位:焼肉…72票

第2位:カレー…188票

第1位:ラーメン…194票

【男性】

第10位:餅…9票

第9位:うどん…10票

第8位:ファストフード(ハンバーガー等)…14票

第7位:寿司…15票

第6位:ピザ…16票

第5位:すき焼き…19票

第4位:寄せ鍋…25票

第3位:焼肉…36票

第2位:カレー…109票

第1位:ラーメン…120票

【女性】

第10位:うどん…10票

第9位:パン…11票

第8位:寿司…14票

第7位:ピザ…17票

第6位:ファストフード(ハンバーガー等)…18票

第5位:寄せ鍋…24票

第4位:すき焼き…25票

第3位:焼肉…36票

第2位:ラーメン…74票

第1位:カレー…79票

“カレーvsラーメン”の一騎打ちの様相を呈した今回のアンケートでしたが、男性の支持票が伸びた結果、ラーメンが勝利。以下、焼肉、寄せ鍋、すき焼き、ピザと、家族みんなで囲めるメニューが上位を占めます。

また、和風のおせちの後には、洋風のハンバーガー、フライドチキンといったファストフードを無性に欲したり、あるいは、おせちの甘辛い味に飽きて、さっぱりしたお寿司やうどんが食べたくなったり……というのも、お正月あるあるですよね。

では、寄せられたみなさんのコメントを見ていきましょう。

第1位:ラーメン

「カップラーメン。そのジャンクさ、チープさが無性に恋しくなる」(45歳/男性/その他)

「味噌ラーメン。味が濃く正月モードから日常への口直しにちょうど良い。安いし手軽」(33歳/男性/営業・販売)

「トムヤムクンヌードル。よく分からないけど、違う味付けがほしい」(45歳/男性/デザイン関係)

「天下一品のラーメン」(53歳/男性/その他)

「こってり系ラーメン。しょっぱくてこってりしたものが欲しくなる」(37歳/女性/主婦)

「カップラーメン。塩味が食べたくなります」(52歳/女性/主婦)

家でささっと食べるインスタントラーメンも、お店で食べるラーメンも、どちらもごちそう! ちなみに、コメントにある天下一品のラーメンは、オンライン通販でも購入可能です。筆者は何度もリピ買いしていますが、お店と同じ超濃厚どろどろスープが自宅で再現できちゃいます。こってりラーメンに目のない人は、お正月休みに試してみる価値ありかも……。

第2位:カレー

「カレー。昔CMでおせちもいいけどカレーもねってあって、それ以来おせちが終わるとカレーになる」(51歳/男性/医師)

「カレーライス。おせちは淡白な味なので、カレーのスパイスで刺激がほしい」(57歳/男性/その他)

「カレーライス。家庭料理の定番だが、家庭料理に懐かしさを覚える」(42歳/女性/営業・販売)

「カレーライス。ご飯をモリモリ食べたくなる」(46歳/女性/その他)

男女ともに、“例のCM”を挙げる人が続々……。お正月にカレーは、もはや日本の風物詩といっても過言ではありません。

第3位:焼肉

「焼肉などの肉類。肉を摂取しないとスタミナがつかなくて身体がONにならない」(36歳/男性/その他)

「焼き肉。家族みんなで楽しめて、好きなものを焼いて食べれるから」(28歳/男性/営業・販売)

「焼肉。お正月料理は味の薄いものが多い気がするので、焼肉をタレにつけてガッツリ食べたい」(34歳/女性/主婦)

「焼肉。人が集まるのでワイワイしながら食べたい」(49歳/女性/主婦)

ガツンとスタミナをつけたいときには、やっぱり焼肉! ここ最近は、イワタニの「やきまる」など、煙の出にくい焼肉専用グリルも登場しているので、2021年の正月はおうち焼肉を楽しむ家庭が増えるかもしれませんね。

第4位:寄せ鍋、第5位:すき焼き

「鍋。塩ちゃんこか寄せ鍋がいい。魚すり身、鶏肉、新しい野菜をたっぷり入れて食べて〆は雑炊が元気になる」(43歳/女性/主婦)

「鍋。作るの楽だし、みんなで食べれるし。だけど、味が色々あって美味しい」(25歳/女性/その他)

「すき焼き。食べる事で、改めて、一年間、頑張ろうという気持ちになれるから。元気になれる」(28歳/女性/その他)

「すき焼きです。豆腐屋、しらたきネギなどたくさん入っていて身体にも良いし、後からうどんを入れるとさらに美味しいです」(47歳/男性/営業・販売)

体が温まり、みんなでワイワイ楽しめて、肉、魚、野菜などがバランスよく摂れ、しかも、調理も楽ちん! いいことづくめの鍋系は、正月休み必須のメニューといえそうです。

第6位:ピザ、第7位:ファストフード(ハンバーガー等)

「ピザ。大人数で頼むので、いろいろな味が楽しめるからです」(35歳/女性/その他)

「ピザ。デリバリーサービスが利用出来るしピザが嫌いな人間は周りにいないから」(55歳/男性/営業・販売)

「マクドナルドなどのファストフード。和食ばかりで、飽きてしまうので、揚げ物や脂っこいものが食べたくなります」(31歳/女性/主婦)

「フライドチキン。テレビCMで食べたくなる」(48歳/男性/研究・開発)

年中無休で稼働しているピザデリバリー店やファストフード店のおかげで、新年早々、食べたいものが自由に食べられる……。日本に生まれた育ったことを感謝したくなる瞬間ですよね。

第8位:寿司…29票、第9位:うどん…20票

「お寿司です。フレッシュな魚が食べたくなります」(53歳/女性/主婦)

「お寿司。自分の好きなネタの種類が多くてみんなで食べると美味しいから」(32歳/男性/公務員)

「うどん。素うどんですがだしがきいていて美味しいからです」(42歳/女性/主婦)

「丸亀製麺のうどん。早くて温かくて美味しいし、消化に良いから」(43歳/男性/その他)

「どん兵衛ですね」(41歳/男性/その他)

さっぱりしたものが食べたい人に支持されたのは、寿司やうどん。ちなみに、ラーメン、うどん以外の麺類では、焼きそばや蕎麦、パスタなどを推す声もありました。

第10位:餅

「醤油バター餅」(38歳/男性/その他)

「焼き餅。砂糖醤油で食べると絶品」(57歳/女性/主婦)

「お餅。焼いても煮ても美味しいから、おせちに飽きたら大体食べてる」(31歳/女性/デザイン関係)

昔からお正月の定番のお餅は、小腹を満たすのにも最適。しかも、味付けのバリエーションで飽きずに食べられるのも魅力的ですよね。

その他、おせちに飽きたときに食べたいものは?

その他の意見を、大きく分けると、こってり系か、あっさり系になります。

こってりいきたい人は?

「麻婆豆腐。辛い物が食べたくなるから。汗もかいてすっきりする」(25歳/女性/その他)

「豚まん。なんとなくチープなものを食べたくなる」(29歳/女性/弁護士)

「お好み焼き。こってりと、みんなでワイワイ食べれて、美味しい」(43歳/女性/主婦)

「たこ焼き。くるっと回すのも楽しいし、中身を変えたりしてみんなで楽しめるから」(31歳/女性/公務員)

「かつ丼。油分補給に」(52歳/男性/その他)

「ポテトチップスなどのスナック菓子。ふと思い立った時に手軽に食べられるから」(34歳/男性/その他)

上記以外では、ケーキやアイスクリーム、お汁粉などスイーツ系を挙げる人も。体重計も気になりますが、お正月くらいは思う存分、食べたいものを食べてもOK……ですよね!?

あっさりいきたい人は?

「うめぼし。贅沢の後は質素なものを食べたくなるため」(46歳/男性/主夫)

「納豆ごはん。お正月期間中かなり豪華な食事が続くので、しばらくすると簡単・質素・素朴なものを食べたくなるから」(43歳/男性/総務・人事・事務)

「お茶漬け。食べ過ぎで胃が疲れているので」(43歳/男性/その他)

「普通のご飯と味噌汁に鯵の開き。一番、いつ食べても美味しいのでほっとする」(34歳/女性/その他)

「卵かけ御飯。お正月料理から粗食に戻したくなる」(55歳/女性/金融関係)

「味噌汁。優しい味の味噌汁がおいしくなる」(40歳/女性/主婦)

「サラダ。味が濃いものが多いので、トマトやキュウリを食べたくなる」(53歳/女性/主婦)

あっさり系もまた「わかる~!」と共感してしまう人が多いのでは? 正月ならではの豪華なごちそうが続いた後は、白いご飯に納豆、みそ汁こそが至高のメニューになりますよね。

 

以上、“おせちに飽きたら食べたくなるもの”ランキングの結果はいかがでしたか? お正月休みは好きな料理で英気を養い、2021年をハッピーな幕開けにしたいものですよね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集