子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「GU」のとろみパンツ(1,990円)は猛暑でも快適&オトナ見え【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.40】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは、editor_kaoです。

夏、あまりに暑くて、着こなしに悩むことってありませんか? 特にパンツは、はくこと自体が鬱陶しくて、デニムなんてもってのほか。ついついワンピースに手が伸び、「来る日も来る日もワンピース」みたいな日々を過ごすことが、私もよくあります。

今回は、そんな猛暑の時期でも、ラクに過ごせるパンツを見つけたのでシェア!

真夏に最強な大人のパンツを発見しました!

はいこちら、GUの「リブイージーワイドパンツ」です!

てろんとしたリブ素材のドローストリング(ウエストゴム)パンツです。商品名に「ワイド」とあるものの、そこまで幅がある感じはなく、ストレートパンツの気持ちではけそう。
生地に落ち感があるので、実際に着用すると、きれいなシルエットを描いてくれます。サイズはXS〜3XLまで、カラーは全6色です。

価格:1,990円
サイズ:Mサイズ
素材:ポリエステル97%、ポリウレタン3%
カラー:ダークブラウン

着心地もさらっとしていて快適ですし、伸縮性もあるからストレスフリー。そして、「やや光沢感のある素材」というのが、またよくて。天然素材とはまた違う、ゆるっとしているけれど、ほっこり見えないから、きれいめな印象に映るんです。

特にダークブラウンは、大人っぽさと今っぽさが好バランス。リブだからシワも目立たないし、マシーンウォッシャブルだし、ひょっとしたら、真夏のパンツとしては最強かもしれない……。

素材の風合いが、いろんな着こなしと好相性

そんなわけで、ここからはコーディネート実例。素材に特徴はあるものの、無地ですし、デザイン自体はシンプルなので、難しくありません。たとえば……

【Style01】白Tシャツと合わせて、さらっとシックに大人っぽく

カットソー/COS バッグ/レトラ ネックレス/頂き物 靴/ユニクロ

過去の連載(vol.32「COS」のオーバーサイズT<各5,500円>は、立体シルエットが大人の体型に理想的!)で紹介した、オーバーサイズの白Tをトップスに。ボトムをダークブラウンにするとニュアンスが出て、シンプルな組み合わせでも、旬なムードが生まれます。小物も黒で統一して、細部まで大人っぽく。

ちなみにサンダルは、kufura編集長によるこちらの記事(ユニクロの華奢サンダル<2,990円>は上品見え&全く足が痛くない!【本日のお気に入り】)にも登場している名品で、私も大・大・大愛用中!

本当は、こんなふうにさらっとした着こなしで一年中過ごせたら、「素敵な大人」って感じ、しますよねー。

【Style02】ワンピースとのレイヤードも、かさばらず心地いい着こなしに

ワンピース/クーム 帽子/ヘレンカミンスキー バッグ/和光 靴/ダイアナ

流行のワンピース×パンツのレイヤードスタイル、今まではデニムを合わせていたのを、イージーパンツにチェンジして。

印象がラフになりすぎませんし、パンツのとろみのある素材がもたつかないので、レイヤードにも向いているんです。ワンピースの種類は特に選ばないけれど、パンツと同トーンのものにすると、なじみやすいです。

決定!真夏のパンツは「てろんてろん」に限る!

これは私の持論ですが、「真夏のパンツは“てろんてろん”に限る」。

もちろんコットンやリネンのパンツもはくのですが、ここ数年流行している、とろみのあるサテンパンツに出合ってからは、「こんなにラクなものはない!」と、感激しました。このイージーパンツも、その派生系。

着ていてストレスがないのはもちろんですが、カジュアルだけど、見た目がそこまでカジュアルではないところが、大人の着こなしにぴったりなんです。 パンツ自体に程よい存在感があるので、トップスがシンプルでも様になりますし、着心地がラクだから真夏にぴったりだけれど、秋以降だって活躍するはず。

たとえばニットと合わせても、素材にギャップが生まれて、かわいいんですよね。こんなにいいパンツ、真夏だけというのももったいない!

今日もいいお買い物、できました!

【これまでの連載はこちらから】


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。現在Domaniでも「今日からは、自分のために服を着たい」を連載中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集