子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「Reasy」のロゴT(2,980円)は、配色&素材が大人も着られる絶妙バランス【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.36】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは、editor_kaoです。

この連載も、おかげさまで36回を迎えるのですが、みなさんは、覚えていらっしゃいますでしょうか。

ついに見つけた!大人も着やすいロゴT

かつて私が、「大人はロゴTよりもフォトTだ!」と、のたまっていたことを(連載vol.3 大人はロゴより“フォト”がイイ。「niko and…」のフォトTシャツ3,990円)。

あれから約1年と3カ月。とうとう大人も着やすいロゴTを、ネットで発見しましたよー!

『Reasy』は、大人の女性に向けたアパレルや小物、雑貨を扱うショッピングサイト。インテリアもあるので、見ていると思わず目移りしてしまいます。

ユニセックスなサイズ感の、ゆったり着られるTシャツです。生地感は、しっかりしながらもやわらかく、着心地もよし。色もロゴの種類も豊富にそろっていますが、私は落ち着いた雰囲気のサンドベージュ×エクリュロゴにしました。
“Salut!”は、フランス語で「やあ!」とか「じゃあね!」みたいな、あいさつに使う言葉です。

価格:2,980円
サイズ:フリー
素材:綿100%
カラー:サンドベージュ×エクリュロゴ

若づくりでもほっこりでもない、理想のロゴデザイン

このロゴTシリーズ、正式な商品名は「大人女子のためのゆったりロゴTシャツ」というらしいのですが、その名のとおり、フォントの選び方や、Tシャツとロゴの色の組み合わせが、どれもいいバランスで。

今までなぜ私が、ロゴTを苦手にしていたかというと、カレッジ風だと、ロゴが強すぎて若づくりに見えたり、かといって華奢すぎるとほっこりしちゃったりしたから。そのどちらでもないトコロを突くデザインに、なかなか出合えずにいたんです。

でもこのTシャツは、なんだかちょうどいい。しかも、このくらいのプライスのTシャツって、ガサガサしたカジュアルな素材感のものが多いけれど、表面がなめらかなのも高ポイント!

ロゴTを、甘めな着こなしのスパイスとして投入

大人がロゴTを着るときは、スポーティな着こなしより、女っぽさを感じる着こなしに、外しとして投入するのがおすすめです。たとえば……

【Style01】ロマンティックなフリルスカートと、シックな配色で

スカート/エディット アンド コー ブレスレット/ブランド不明 バッグ/ラヴァンチュール マルティニーク 靴/ユニクロ

女っぽいアイテムの代表ともいえそうな、フリルが贅沢にあしらわれたスカートに、ロゴTをON!スカートがフェミニンなので、Tシャツのそではロールアップしてコンパクトにしました。

バッグはゴールド、足元も黒と、余計な差し色をせずに、落ち着いた雰囲気でまとめて。こんなコーディネートで、夏の日の夕暮れ、シャンパンを飲みに出かけてみたいです(ふくらむ妄想……)。

【Style02】きれい色との組み合わせで、大人のカジュアルスタイルに

パンツ/クーム 眼鏡/ジンズ バッグ/レトラ 靴/ダイアナ

ボトムは、デニムももちろん合うのですが、ロゴTだけで十分カジュアルなので、きちんと感のあるタックパンツにしてみました。ミントグリーンのパンツと、サンドベージュのTシャツの色合わせがさわやか!

バッグと靴は、ロゴに合わせて白で抜け感を与えて。これにベージュのジャケットを羽織れば、オフィスカジュアルにもなります。

夏の着こなしに頼れるロゴTだけど、選びは慎重に

最初に書いたとおりなのですが、ロゴTのようなキャッチーなアイテムは、大人は選び方が重要になってきます。10代だって着ているアイテムですし、自分になじんで見えないと、どうしても“着られている感”が出てしまう。

大きなポイントとしては、「ロゴの大きさとフォントデザインに、自分の顔立ちが負けていないか」、そしてTシャツの色も含めて、そのロゴTが「手持ちのワードローブと合わせやすいか」ではないでしょうか。

夏はコーディネートがシンプルになりがちなので、ボトムを合わせるだけで決まるロゴTは頼りがいのある存在。でも突然変異のように取り入れても、オシャレには見えません。ぜひ、自分らしい一枚を吟味してみてください。

今日もいいお買い物、できました! Salut!

【これまでの連載はこちらから】


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。現在Domaniでも「今日からは、自分のために服を着たい」を連載中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集