子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「COS」のオーバーサイズT(各5,500円)は、立体シルエットが大人の体型に理想的!【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.32】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは、editor_kaoです。

みなさーん! これからの着こなしに絶対活躍する、大人のためのTシャツ、見つけましたよー! 前置きを書いている、この時間ももどかしいので、早速本題へ入りたいと思います!

一枚で着られる理想的なシルエットのTシャツです

大人になると、シンプルなTシャツを、一枚で着るのに抵抗が出てきますよね。間がもたないというか。そんな悩みを解決してくれるのが、これではないかと。紹介するのは、COSの「オーバーサイズ モックネックTシャツ」です!

ちなみにCOSは、洗練されたロンドンのブランドでミニマルなデザインが魅力。国内には現在4店舗、オンラインショップもあります。

名前のとおり、オーバーサイズシルエットのTシャツです。モックネックの襟元が知的な印象で、着こなしをラフにしすぎません。
あまりに興奮して、色を絞れず、連載初の2色買いをしちゃいました。写真の2色のほかに、ブラックとフューシャピンクも展開。

価格:各5,500円
サイズ:XS
素材:オーガニックコットン100%
カラー:ダークベージュ、ホワイト

大人がTシャツスタイルを躊躇するのは、シンプルすぎて、それにボディラインが耐えられなくなるから。すると、ちょっといいブランドの、上質な素材&凝ったパターンのTシャツに走りがちです。

私も昨年の夏は、1万円超えのもので乗り切りましたが、実はこれ、そのTシャツにものすごく形が似てるんです。まさか、半額で手に入るとは……。

最近は「オーバーサイズT」も定番になっているけれど、COSのこれがすごいのは、脇からすそに向かってシルエットがすぼまっている点。バストにはゆとりがありつつ、お腹まわりは適度に絞られているので、すそをアウトにしても、だらしない感じに見えないのです。

そして「太くて長い半そで」が、どれほど大人の着こなしを助けてくれるか!これもドロップショルダーで、実際に着るとひじが隠れるくらいの長さに。筒も太いから、二の腕のラインも出ないし、汗ジミだってそれほど気にならなそう。 上半身全体をふわっと包み込んでくれる立体的なシルエットが、体型をしっかりカバーしてくれるんです。

あと、Tシャツなんだけど、Tシャツ然としていないというか。シルエットのおかげで、ややブラウスっぽく見えなくもないところが、とにかく優秀。いや、厳密にはブラウスには見えないのですが(汗)、いわゆるカジュアルの代名詞としてのTシャツとは、少し趣が違っていて、そこが大人のTシャツとして理想形ではないかと。お願い、このニュアンス伝わってー!

きちんと感を意識したTシャツコーディネート

とはいうものの、シンプルなTシャツなので、着こなし例を紹介するほど難しいアイテムではないのですが……。でも実際にコーディネートを考えていくと、シルエットのせいでしょうか、カジュアルすぎる着こなしよりも、適度にきちんとした雰囲気のほうが、しっくりくるようでした。

【Style01】白T&黒デニムだって都会的な印象に

パンツ/ユニクロ サングラス/セリーヌ バッグ/レトラ 靴/ロックポート

夏の王道スタイル、Tシャツ&デニムを落ち着いたモノトーンで。Tシャツのシルエットが立体的なので、王道すぎる組み合わせも、古く見えません。

上半身にボリュームがある分、デニムは細身のシルエットを。小物もスポーティにならないよう、メルカドバッグとヒールで、女性らしくまとめました。これなら青山あたりへお買い物にも出かけられそうです。

【Style02】カラースカートと春の配色を楽しむ

スカート/グリーン パークス ネックレス/頂き物 バッグ/ジュスト カンパーニュ 靴/ダイアナ

ダークベージュのTシャツに、イエローのギンガムチェックのロングスカートを合わせて、まろやかな春色コーディネートに。足元は白のフラットシューズで、Tシャツスタイルのテンションを牽引。軽やかな抜け感を与えています。

自分が得意な「着るだけで様になるデザイン」を探して

Tシャツのように、果てしなく種類がある大定番のアイテムは、自分に合うものを見つけるのもひと苦労。一枚ずつ試着するのもしんどいし……。そんな場合は、「自分の体型にどんなデザインが合うか」が、事前になんとなくわかっていると、見つけやすいです。

私の場合は、さっき書いたとおり「太くて長い半そで」がそれ。あと、あまり触れなかったけれど、「モックネック」も大好き。襟元が詰まったデザインが苦手な人もいますが、Tシャツでもだらしなく見えない感じがして。

ただし、「そもそもどうしたら、自分の体型に似合うデザインがわかるの?」という質問には、「経験値」としか、答えるしかないのですが……。手持ちのワードローブの中から「これは体をきれいに見せてくれる」というものを、もう一度チェックして、どの部分が効いているかを研究するといいかもしれません。

私も、昨年着ていたTシャツを元に、今回のアイテムが発見できたわけなので。口コミも大事だけど、体型は千差万別。自分に合うアイテムを、自分のワードローブから導き出すという方法も、有効ではないでしょうか。

今日もいいお買い物、できました!

 

※記載の情報については執筆当時のものです。値段の変更や販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。現在Domaniでも「今日からは、自分のために服を着たい」を連載中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集