子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

GAPのニットパンツ(8,990円)は「部屋着以上、外着未満」の優秀バランス【4ケタアイテムで叶えるオシャレvol.26】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

明けましておめでとうございます! editor_kaoです。早いもので、この連載も2年目に突入しました。これからも、4ケタプライスの素敵なアイテムを見つけたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

私的・年末年始スタイルについてご紹介します

さて、2022年最初にご紹介したいのは、こちら! GAPの「ニット プルオン ワイドレッグ」です。聞き慣れない名前ですが、つまりはワイドシルエットのニットパンツですね。

地厚ながら、さらっとした素材感で、着心地のいい一枚です。かすかに光沢もあり、ニットパンツだけどラフになりすぎないのが優秀。やや大きめなのでXSを選びましたが、注意したいのが、ニットパンツだけにインナーがひびきやすく、ぴったりさせ過ぎないほうが賢明です。
ウエストがドローストリング仕様なので、多少のサイズ調整も。色はほかに、モーブとライトブルーもありましたが、いちばん部屋着っぽく見えないチャコールにしました。

元旦に登場させるには、やや地味なビジュアル……とも思ったのですが、私の個人的な年末年始のスタイルの話をしたくて。 通常であれば、1年で最ものんびり過ごせる時期。家族で旅行に行ったり、実家に帰省したりなど、室内でゆるっとする時間がたくさんあります。そこで、いつも年末が近くなると「部屋着じゃないけど、リラックスして着られる一枚」を新しく買って、それをフル活用しているんです。

アイテムは、オーバーサイズのワンピースだったり、ニット素材のオールインワンだったり、その年によって違うのですが、今回はニットパンツにしてみました。

大事なのは「あくまでも部屋着ではない」ところ。いわゆるワンマイルウェアですが、室内で着るけれど、限りなく外着にも近くて、初詣や近所への散歩、スーパーに買い物に行ける、くらいのバランスがベスト。

休みが長い今の時期は、こういったアイテムがとても重宝するんです。たとえば実家に帰省するというときも、このアイテムを軸にワードローブを構成すると、無駄がないのではないでしょうか。

ニットパンツでも、だらしなく見えない組み合わせってあるんです

そんなわけで、この原稿を書いている今はまだクリスマスですが、来たる年末年始に向けて、コーディネートを妄想してみました。

【Style01】セットアップ風スタイルでつくる大人っぽいカジュアル

アウター/GAP ニット/デミルクス ビームス インに着たカットソー/ユニクロ(メンズ) バッグ/イアクッチ 靴/ムーンスター エイトテンス

ニットパンツと近い色のニットを合わせて、セットアップ風にしてみました。ちなみにGAPには同素材のトップスもあるので、本当にセットアップにすることもできます。白のカットソーをインして、すそをのぞかせると、ウエストマークされるので、パジャマっぽくなりません。

アウターは、 vol.21『GAPのダウンベスト(7,990円)は、着る時期が短いからこそ冒険した色を選びたい!』)、足元は、vol.20『スニーカー以上ローファー未満! ムーンスターの「エイトテンス キッチェ」(5,500円)』と、連載の集大成的な組み合わせになっていますが、他意はございません。

【Style02】白いブラウスでニットパンツをクリーンな印象に

カーディガン/ジャメヴ ブラウス/ハッシュニュアンス バッグ/エルベ シャプリエ 靴/トッズ

もっときれいめな着こなしをするなら……と、考えたコーディネートです。パンツの表面がさらっとしているので、布はくのブラウスとも好相性。

ベーシックなワイドパンツと、それほど離れた存在ではないのがこのパンツの強みだし、だからこそ選んだので。お正月が終わっても、週末は(ひょっとしたら平日も)こんな組み合わせをしていそう。

冬の休日は、「部屋着以上、外着未満」なアイテムが最強です!

こんな着こなしで、お正月休みは過ごしていそうです。また、お正月があけても、すぐに3連休がやってきますし、冬の休日にこういったリラクシーなアイテムを一着取り入れるのは、本当におすすめ!

予定はないけど、温泉旅行とかドライブとかに行くときもすごーく便利なので、ぜひチェックしてみてください。

今回も、いいお買い物できました!


editor_kao

エディター。大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やブランドサイト、ウエブマガジンで活動中。現在Domaniでも「今日からは、自分のために服を着たい」を連載中。また、インスタグラム@editor_kaoでは、私服コーディネートを紹介するかたわら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集