子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ボーダーカットソーのこだわり」を女性309人に大調査。ボーダーの太さなどポイント続々

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ワードローブの定番の一つ「ボーダーカットソー」。カジュアルな着こなしはもちろん、工夫次第できれいめな着こなしも可能なので、1枚持っていると何かと便利ですよね。ボーダーカットソーは色や形などさまざまな種類があるので、何枚か持っているという人も多いのではないでしょうか? 今回『kufura』では、ボーダーカットソーを持っている20~50代の女性309人に、今持っている枚数とボーダーカットソーのこだわりを聞いてみました。

皆が持っているボーダーカットソーの数をチェック!

まず最初に、「ボーダーカットソーを何枚持っていますか?」と聞いたところ、以下のような結果となりました。

第6位:10枚・・・7人

第5位:4枚・・・21人

第4位:5枚・・・24人

第3位:3枚・・・57人

第2位:2枚・・・93人

第1位:1枚・・・98人

このように「1~2枚」が圧倒的に多いことがわかりましたが、ボーダーカットソーはボーダーの太さや色、ネックラインなどの違いによって、着たときの印象が大きく変わるので、4枚、5枚などかなりの枚数を持っている人も意外と多い様子。ちなみに、第7位以下は、6枚(5人)、8枚(2人)、15枚(1人)、16~20枚(1人)となっています。

ボーダーの色は合わせやすいモノトーンが人気!

次に、皆さんが持っているボーダーカットソーのボーダーの色についても聞いてみました(複数枚持っている人は全ての色を回答)。人気のカラーは以下のとおりです。

第7位:ベージュ・・・29票

第6位:赤・・・32票

第5位:青・・・55票

第4位:グレー・・・56票

第3位:白・・・71票

第2位:ネイビー・・・116票

第1位:黒・・・197票

いちばん人気は黒で、白地に黒いラインの入ったボーダーカットソーを持っている人がもっとも多いことがわかりました。2位には定番のネイビーがランクインしていますが、3位に白、4位にグレーがランクインしていることから、いろいろなカラーがある中でも、主にモノトーンに人気が集中しているようです。

ボーダーカットソーのこだわりポイントはココ!

1枚だけでなく、2枚3枚と複数枚持っている人も多いボーダーカットソー。ボーダーの太さや色、ネックカットや袖丈など、いろいろなパターンがありますが、皆さんはどんなところにこだわって選んでいるのでしょうか? 自分なりのこだわりポイントを聞いてみました。

<ボーダーの太さ>

「ボーダーカットソーは、ボーダーが細いほうが上品な着こなしができるので気に入っています」(51歳/その他)

「ボーダーは線が太いと子どもっぽく見えてしまうので、線が細めのものを選ぶようにしています」(41歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ボーダーは線が太めのほうがカジュアル感が出るので好きです」(39歳/その他)

「太めのボーダーのほうがコントラストがハッキリするので、若々しさが感じられていいと思います」(52歳/主婦)

「ボーダーが規則正しいものより、細い線や太い線がランダムなほうがおしゃれ感が増すような気がします」(34歳/その他)

「ボーダーの線は、細いものが二重になっているようなタイプが好き。このタイプだと、定番以外の着こなしもしやすいです」(46歳/その他)

もっとも多かったこだわりは、ボーダーの太さ。中でも特に線が細いものが人気でしたが、太いものがいいという人や細い線や太い線がランダムに入っているものがいいという人もいました。同じ色や形のカットソーでも、ボーダーの太さによって印象が大きく変わるので、ここにいちばんこだわっているというのも納得ですね。

<ボーダーの色>

「ボーダーカットソーは、白と黒のモノクロのものしか買いません。モノトーンだとほかの服とも合わせやすいので、使い勝手もいいです」(25歳/主婦)

「ボーダーは淡い色のほうが強調されないので、いろいろな服装に合わせやすくて重宝します」(58歳/主婦)

「定番のネイビー×白は何にでも合わせやすいので、つい買ってしまいます」(44歳/その他)

「マリンテイストが好きなので、いつも定番のネイビーか水色のボーダーカットソーばかり買っています」(58歳/その他)

「白地に黒のボーダーカットソーだと、絶対にほかの人とかぶってしまうので、基本的にそれ以外の色の組み合わせを買うようにしています」(48歳/その他)

「ボーダーカットソーは家でしか着ないので、あえてピンクなどのかわいい色を着るようにしています」(48歳/主婦)

ボーダーの色も皆さんのこだわりポイントの一つ。ほかの服などと合わせやすいように、モノトーンや淡い色のボーダーカットソーを購入するという人が目立ちましたが、ほかにも定番のネイビーや明るいピンクがいいなど、皆さん色のこだわりはいろいろのようです。

<デザインや形>

「ボーダーは全体ではなく、おなか部分のみに入っているタイプが好き。形もタイトなものではなく、ふんわりしたシルエットのものばかり買っています」(35歳/主婦)

「太って見えないように、コンパクトな作りのボーダーカットソーを選ぶようにしています」(45歳/主婦)

「太めのボーダーで、1~2サイズ大きめのものをダボっと着るのが好きです」(49歳/学生・フリーター)

「ボーダーカットソーは太って見えがちなので、首元がボートネックでスッキリと華奢に見えるものを選ぶようにしています」(56歳/主婦)

「袖の長さが7分丈のボーダーカットソーが、着たときの全体のバランスが良くて気に入っています」(31歳/総務・人事・事務)

ボーダーカットソーは、タイトなシルエット、緩めなシルエット、クルーネックやボートネック、7分袖や10分袖などデザインもいろいろ。皆さんそれぞれ、自分好みのデザインがあるようで、これだけは外せないというポイントも多いようです。

<ブランド>

「無印良品のボーダーカットソーは丈夫だし、安くてかわいいのでリピ買いしています」(43歳/主婦)

「ポートランドというブランドが好きで、ボーダーカットソーは必ずそこで買うと決めています」(56歳/デザイン関係)

「セントジェームスのでないと着ないというくらい、このブランドのパネルボーダーカットソーがお気に入りです」(47歳/主婦)

「セントジェームスやオーシバルなど、フランスの有名メーカーのボーダーカットソーはすごくおしゃれなので、ほかと違って大人が着てもいいかなと思えます」(57歳/主婦)

「ボーダーカットソーはここのものしか着ない!」というくらい、ブランドにこだわっているという人もいました。ボーダーカットソーはどこの店でも買えるくらい定番のアイテムですが、自分の好みや体型にピッタリ合う1枚を見つけるのはけっこう大変。なので、お気に入りのブランドがあるというのはある意味うらやましいですね。

<その他のポイント>

「ボーダーカットソーは太って見えるものもあるので、絶対に太って見えないものを選ぶようにしています」(28歳/総務・人事・事務)

「全体的にスタイリッシュなコーディネートになるよう意識しているので、あまり主張しすぎない色やラインのボーダーカットソーを選ぶようにしています」(35歳/主婦)

「1枚でパリッと着られる素材が好み。素材がしっかりしていて、さりげなくワンポイントがあるものをお店で見つけると、すぐに欲しくなってしまいます」(45歳/営業・販売)

「ボーダーカットソーはとてもシンプルなので、カジュアルになりすぎないように、上質感のある素材のものを選ぶようにしています」(56歳/主婦)

ほかにもこだわりポイントはいろいろ。ボーダーカットソーは太って見えたり、カジュアルで子どもっぽく見えてしまう場合も意外と多いので、着たときに細く見えるものや大人が着ても違和感のない上質な素材を選ぶようにしているという人が目立ちました。

1枚持っていると何かと便利なボーダーカットソー。ご紹介したランキングや皆さんのこだわりを参考に、自分にピッタリ合うとっておきの1枚を探してみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集