子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

長財布派が多数!長財布派orミニ財布派、どちらが多い?それぞれの財布のメリットとデメリットも

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

最近は、コンパクトで持ち歩きに便利なミニ財布が流行っているようですが、皆さんは長財布とミニ財布、どちらのタイプを実際に使っていますか? 今回『kufura』では、どんなタイプの財布が使いやすいのかを検証すべく、「実際に使っている財布のタイプとメリット・デメリット」について、20~50代の女性314人に聞いてみました。

実際に使っている人が多いのは長財布!

長財布とミニ財布、実際にどちらを使っている人が多いのでしょうか? アンケートでは、以下のとおりの結果となりました。

「長財布」・・・216人(68.8%)

「ミニ財布」・・・98人(31.2%)

長財布の愛用者は7割。ミニ財布が流行っているとはいっても、実際に使っている人はそれほど多くはないようです。では、どんな理由で皆さんが長財布、もしくはミニ財布を使っているのか、それぞれのメリットとデメリットを見てみることにしましょう。

長財布愛用者が教える!長財布のメリット・デメリット

まずは、長財布愛用者に聞いた、長財布のメリットとデメリットをご紹介していきます。

<メリット1>容量たっぷりでたくさん入るのがいい!

「長財布はお札や小銭、カードなどをたっぷり収納することができるので便利です」(57歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「長財布はたくさんものが入るので、お店でもらったレシートも、すべて財布に入れてとっておくことができます」(50歳/営業・販売)

「容量が多いので、家用のお金と自分用のお金を同じ財布に分けて入れておくことができます」(49歳/その他)

長財布はサイズが大きい分、容量もたっぷり。たくさんのお札や小銭、カード類だけでなく、お店でもらったレシートもすべて財布に入れておくことができるので便利ですね。

<メリット2>お札を折り曲げずに入れられるのがいい!

「お札を折らずにきれいに入れられるところが気に入っています」(43歳/その他)

「長財布は、お札を折らずに入れられるのでシワシワになることもなく、自動会計機でもスムーズに支払いをすることができます」(42歳/主婦)

「長財布は新札が必要なときに、お札を折らずに入れて持ち運べるので助かります」(51歳/コンピュータ関連以外の技術職)

長財布は、お札を折り曲げずにそのまま入れることができるのも大きなメリット。お札のシワを伸ばしたりする必要がないため、自動会計機でもそのままスムーズに支払いができます。

<メリット3>お札や小銭を出し入れしやすいのがいい!

「お札入れや小銭入れが大きいので、お金が出し入れしやすいです」(34歳/主婦)

「財布全体がパカッと開くので、小銭が取り出しやすいです」(26歳/その他)

「お札の出し入れがスムーズなので、使う際にストレスがありません」(35歳/その他)

長財布は開け口が大きいので、お金の出し入れが簡単。お札や小銭が出し入れしやすいと、支払いの際にレジのところでもたつくこともありませんね。

ほかにも長財布のこんなところがお気に入り!

「長財布は中に入っているお札の枚数や小銭が見やすいので、財布の中にいくら入っているのかがすぐにわかって便利です」(54歳/総務・人事・事務)

「ミニ財布を使っていたときは、バッグの中で財布を探すことが多かったのですが、長財布は大きいのですぐに見つけることができます」(45歳/研究・開発)

「長財布はミニ財布などよりも大人っぽくて、持ったときに気品が出る感じがするところが気に入っています」(42歳/コンサルタント)

ほかにも長財布のメリットはいろいろ。「長財布はミニ財布よりも大人っぽい」「おしゃれな感じがする」といった、財布の見た目に関する声も目立ちました。

<デメリット1>大きすぎる&重すぎるのが残念!

「長財布は大きいのでカバンの中でもかなり場所を取るし、洋服のポケットに入れられないのが困ります」(25歳/営業・販売)

「長財布はかさばるので、ほかに持っていく小物の量が限定されます」(29歳/主婦)

「大きいだけでなく、かなりの重さがあるところもデメリットです」(50歳/その他)

いちばんのデメリットは、大きすぎてバッグの中で場所を取る、財布が重すぎるといったもの。たしかに長財布はサイズが大きいため、バッグにいれるとかさばってけっこう邪魔になりますよね。また、いろいろとものが入る分、重量が重くなってしまうという難点もあるようです。

<デメリット2>小さいバッグに入らないのが残念!

「小さいバッグに財布が入らない」(34歳/主婦)

「小さいバッグだと、財布がバッグからはみ出してしまう」(47歳/総務・人事・事務)

「小さめのバッグに入れると、財布が引っかかって出しにくい」(37歳/主婦)

「長財布は小さいバッグだと入らないこともあるため、財布に合わせてバッグを選ぶことになってしまうのが困ります」(43歳/出版・マスコミ関係)

長財布はサイズが大きいため、小さいバッグだと入らないというデメリットも。小さいバッグで出かけたくても、財布が入らないために大きいバッグに変更せざるを得ないというのは困りますよね。財布がバッグからはみ出してしまうというのも、防犯上ちょっと心配です。

ほかにもまだある…長財布のこんなところが残念!

長財布には、ほかにも以下のようなデメリットがあるようです。

「長財布はものがたくさん入るため、いらないカードやレシートが入れっぱなしになってしまう」(48歳/主婦)

「容量が多い分、カードやレシート、小銭などを入れすぎてしまって、財布がいつもパンパンに膨れてしまうのが困ります」(52歳/学生・フリーター)

「長財布は開け口が大きいので、会計の際など、レジ係や後ろに並んでいる人に中身が見えてしまうんじゃないかと気になります」(47歳/その他)

ミニ財布愛用者が教える!ミニ財布のメリット・デメリット

では次に、ミニ財布愛用者に聞いた、ミニ財布のメリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>とにかくコンパクトなのがいい!

「コンパクトなミニ財布は、洋服のポケットに入れることもできて便利」(32歳/主婦)

「財布が小さいと、荷物全体がコンパクトになるので嬉しいです」(40歳/デザイン関係)

「いつも小さめのバッグを持ち歩いていますが、ミニ財布ならバッグに入れてもスペースを取らずにすむので助かります」(28歳/広報・宣伝)

「ミニ財布はかさばらず軽いので、身軽に出かけられます。キャッシュレスでほぼカードしか使わない私にはちょうどいいです」(29歳/営業・販売)

ミニ財布のいちばんのメリットは、”コンパクトさ”です。ポケットや小さなバッグにすっぽり入るため、出かける際もとっても身軽。特に、子どもの荷物が多くなりがちな子育て中のママたちには、コンパクトで荷物にならないミニ財布が人気のようです。

ほかにもミニ財布のこんなところがお気に入り!

「ミニ財布はたくさんお金を持ち歩けない分、余計なお金を使わないので、節約することができます」(29歳/学生・フリーター)

「容量が少ない分、余計なものは入れないので、財布の中がいつもスッキリ。たくさんあったカードも必要なものだけにしぼることができました」(46歳/企画・マーケティング)

「ものが入らないので、常に財布の中身を整理するようになりました」(34歳/主婦)

ほかにも、ミニ財布のメリットはいろいろ。ミニ財布はお金をたくさん持ち歩くことができないので、特にムダ遣いが多い人にはミニ財布がおすすめかもしれませんね。

<デメリット>容量が少なくてものが入らないのが残念!

「ミニ財布は容量が少ないので、あまりものが入らないのが困ります」(50歳/その他)

「小銭が多くなると財布が閉まらなくなってしまう」(43歳/主婦)

「カードが入らないため、別にカードケースを持たないといけない」(35歳/主婦)

ミニ財布のデメリットは、やはり容量が少なくてお札や小銭、カード類があまり入らないという点。コンパクトなのはいいですが、必要なものが入らないのは困りもの。購入の際は、自分にとって最低限必要なものが入るサイズの財布を選ぶように気をつけましょう。

ほかにもまだある…ミニ財布のこんなところが残念!

「お札が取り出しにくく、支払いの際などに時間がかかる」(40歳/総務・人事・事務)

「お札は折りたたまないと入らないので、お札がクシャクシャになってしまって機械のレジなどで読み取りできないことがあります」(38歳/主婦)

「財布がコンパクトすぎて、大きなバッグに入れると財布を見失ってしまい、探すのに時間がかかります」(46歳/総務・人事・事務)

ほかにも、ミニ財布のデメリットはいくつかある様子。ただ、どれもコンパクトであるがゆえのデメリットという感じなので、何が自分にとって大事なポイントなのか、よく検討する必要がありそうです。

いかがでしたか? 長財布もミニ財布も、それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが使いやすいと感じるかは、人それぞれ違う様子。これから財布の買い替えを予定している人は、ご紹介した愛用者の意見を参考に、自分にピッタリな使い勝手のいい財布を見つけてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。