子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「エコバッグ派vsレジ袋派」あなたはどっち?その理由は?…主婦のリアルな声を紹介

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

みなさんは、普段のお買い物の際、エコバッグと有料のレジ袋のどちらを利用することが多いでしょうか? かつては、エコ意識の高い層のアイテムだったエコバッグですが、2020年7月に全国の小売店でレジ袋有料化が義務付けられたこともあり、最近ではすっかり社会に定着した感もあります。実際のところどうなのか、『kufura』では、20代~50代の既婚女性271人を対象に、アンケート調査を実施しました。

あなたはエコバッグ派or有料のレジ袋派?

まず、「スーパーやコンビニで買い物をするときは、“エコバッグ持参”と“レジ袋購入”のどちらが多いですか?」と尋ねたところ、結果は以下のように。

ほとんどエコバッグを持参している…231票(85.2%)

エコバッグを持参することが多いが、たまにレジ袋を購入している…23票(8.5%)

ほとんどレジ袋を購入している…10票(3.7%)

ほとんどレジ袋を購入しているが、たまにエコバッグを持参する…6票(2.2%)

ご覧の通り、「ほとんどエコバッグを持参する」という人が圧倒的! 次いで多い「たまにレジ袋を購入している」と回答した人と合わせて、実に9割以上の人がエコバッグ派とのことです。

節約orエコ?エコバッグを持参する理由

「ほとんどエコバッグを持参している」と回答した人に、その理由も尋ねてみました。

(1)節約のため

「有料と聞くだけで損した気分になるから」(45歳/主婦)

「ビニール袋を有料で買うことに未だに抵抗があるから」(49歳/主婦)

「レジ袋の5円・3円とかでも後々の家計に響いてくる! かなり節約生活しないと、我が家は生きていけないから」(26歳/その他)

「最初はレジ袋を買っても良いかと思ったのですが、一度は3円くらいでも、銀行の利息と比べると大金なので、持つように心がけました」(35歳/その他)

エコバッグを持参する理由として、圧倒的に多かったのは、もっぱら節約のためという声。

たしかに、1枚数円といっても、積み重なると結構な額になりますし、以前は無料だったものをわざわざ買うのはもったいない気がしますよね。そういう点で、今年7月のレジ袋有料化は、エコバッグを定着させる効果が絶大だったといえそうです。

(2)エコのため

「エコのためにカバンに常時数個のエコバッグを入れているから」(42歳/その他)

「エコバッグを使った方がゴミが出ないから」(36歳/デザイン関係)

「やはりできるだけプラスチック製品は減らしたい」(54歳/主婦)

レジ袋の削減が環境問題の解決にどれほど役立つかについては、専門家の間でも意見が分かれているようです。とはいえ、エコバッグがなるべくゴミを減らそうという意識付けになること自体はよいことですよね。

また、下記のように、節約とエコ両方を兼ねてエコバッグを持参しているという意見もありました。

「お金と資源の節約が出来る」(41歳/主婦)

「節約とエコのため、エコバッグを持参している。足りなかったときや忘れたときは、お店にある段ボールに入れて持ち帰るようにしている」(37歳/主婦)

「有料になったし、地球環境問題に参加できる1番簡単なことだから」(48歳/主婦)

(3)既に習慣化しているから

「有料になる前からエコバッグ派なので」(41歳/主婦)

「以前からの習慣でエコバッグは持ち歩いているから。それでも以前は店員さんが袋に詰めてくださったので出番は少なかったが、今は100%エコバッグを使っている」(58歳/主婦)

「エコバッグに慣れたためか、買い物行くときは必ず持っていく癖がついた」(42歳/主婦)

節約やエコなど目的はさておき、既にエコバッグを持ち歩くのが習慣化している、という声もありました。出かけるときに、鞄のなかにエコバッグが入っていないと落ち着かない……なんて人も最近は増えているのでは?

(4)その他、こんな意見も…

「エコバッグに慣れたら慣れたで使いやすいから」(39歳/主婦)

「買い物数が多く、エコバッグでないと入りきらない」(58歳/主婦)

「周りを見ると、エコバッグ持参が多いから」(52歳/主婦)

「無料の頃もらったレジ袋がたくさんあるのでそれをエコバッグとして使っている」(55歳/主婦)

コメントにもあるように、エコバッグって使い慣れると便利! なんせ丈夫なので、2リットルのペットボトル飲料など重いものを雑に詰め込んでも、破れる心配がないという点が筆者は気に入っています。

レジ袋を購入する理由は?

エコバッグ派が圧倒的多数とはいえ、レジ袋が全く不要になったわけでもありません。レジ袋を購入することのある人たちに、その理由を聞いてみました。

(1)エコバッグを忘れるとき、エコバッグに入りきらないときがあるから

「洗濯のタイミングで持ち歩き忘れたときには購入する」(40歳/その他)

「エコバッグを持っていくことが多いが、たまに忘れるのと持ってないときもあるのでレジ袋を買うこともある。ゴミ袋などにも活用できるからいいかと思っている」(33歳/その他)

「エコバッグを持参していますが、思いのほか多く品物を購入してまったときなどには、袋がたりないので購入します」(43歳/主婦)

エコバッグを持ち歩くように心がけていても、うっかり忘れてしまうこともありますよね。エコバッグを洗濯したり、普段使わない鞄で出かけたり、突発的な買い物だったりするときなど。

お会計時に「袋いりま……あ、やっぱり1枚ください!」という瞬間、わずか数円のことながら、悔しいような、負けたような気分になってしまうのは筆者だけではない……はず!?

(2)レジ袋のほうが便利だから

「エコバッグは弱いし使いづらい。持ち歩くのが面倒。レジ袋は、いつもごみ袋として使っているから無駄にならない」(44歳/主婦)

「エコバッグをカバンに入れるとパンパンになってしまうので持ち歩かないことが多いから」(41歳/総務・人事・事務)

「ベビーカーで外出しているから、常にハンドルを握っていて、エコバッグを持つことが難しい。肩が下がっているのでエコバッグがずり落ちる。リュックだけでもしんどい」(38歳/その他)

「子どもの保育園での汚れ入れとして必要だから」(43歳/主婦)

「犬の排泄物をとるのにいつも使っているから」(27歳/学生・フリーター)

エコバッグを使ってみたものの、かさばったり、持ちにくかったりで、「これなら有料でもレジ袋のほうが……」という経験をした人もいるようです。

また、手ごろなサイズのゴミ袋がたくさん必要な人の場合、買い物の都度、レジ袋を購入してもそれほど“もったいない感”はないかもしれませんね。

 

以上、エコバッグ派とレジ袋派、それぞれの見解をご紹介しましたがいかがでしたか?

一口にエコバッグといっても、タイプはさまざま。1度エコバッグに満足できなかった人も、口コミ評価の高い別のアイテムを試してみる価値はあると思います。『kufura』の過去記事でも失敗しない選び方を紹介しているので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。