子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ちょっとそこまで」のスニーカー。おしゃれな人は何を履く?ボリュームスニーカーからCONVERSEまで【kufuraファッション調査隊】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

あまり外に出かけなくなった今、みなさん足元は何を履いていますか? お買い物やお散歩、公園といった最低限のお出かけに最適なアイテムといえば「スニーカー」。そこで今回のkufuraファッション調査隊では、定番のCONVERSEや流行のボリュームスニーカーを調査してきました。ファッションで少しでも気持ちを明るく! おしゃれを楽しんでいきましょう。

歩きやすさとスタイルアップが叶う「ボリュームスニーカー」

お父さんが履いていたような懐かしさとボリュームのある「ダッドスニーカー」が昨年に引き続き人気。ボリュームのある足元は、カジュアルにしか使えないかな?と思いきやキレイ目のセットアップとも相性抜群! これからの季節に取り入れたいコーディネートです。@__r.y___1154さんは『titivate(ティティベイト)』の「リネンライクセットアップ」に『New Balance(ニューバランス)』をあわせています。

同じく@__r.y___1154さんの着回しコーディネートをご紹介しました。ボトムスと足元が同じ組み合わせでも、トップスをパーカーにするだけでスポーティーな印象に。公園やお散歩といった軽い運動をするときに真似したい組み合わせですね!

「色、形、履き心地、すべて満点で衝動買いしてしまった」という@nano_helloさんのスニーカーをご紹介しました。『New Balance(ニューバランス)』のスニーカーは『emmi(エミ)』で購入されたそうです。『emmi(エミ)』はスニーカーにあうファッションを提案しているブランドで、女性らしいカラーや別注スニーカーなども豊富。何を買っていいか「悩んでいる方は、セレクトされたものから選ぶといった方法もおすすめです。

@yurie_916さんのスニーカーも『emmi(エミ)』でセレクトされた『PUMA(プーマ)』のもの。淡いベージュトーンのワンピースにぴったりのパステルカラーのスニーカーです。

セレクトショップでも自分好みのスニーカーが見つからない!という方には『NIKE(ナイキ)』のカスタムスニーカーがおすすめです。@mtmmakiさんは「AIR MAX 270 リアクト」を自分好みにカスタムされています。

グリーンとベージュの2トーンで作った『NIKE(ナイキ)』のカスタムスニーカーは、手持ちのジャケットとも相性抜群! ジャケットコーデに足元はスニーカーで外す組み合わせはぜひ取り入れたい。

プチプラブランドの『ZARA(ザラ)』のボリュームスニーカーも必見! 「チャンキーソールスニーカー」は厚底なので、スタイルアップも叶います。@mu320さんは『ZARA(ザラ)』のオンラインストアで購入されたそうです。万が一サイズが合わなくてもネットの注文履歴から簡単にサイズ交換もできるので、今はネットでお買い物がしたいですよね。

定番の「CONVERSE」ならリラックスモードに

全身『UNIQLO(ユニクロ)』コーデの@_mayu123_さん。「ドライソフトスウェットプルパーカ」と「EZYアンクルパンツ」と同じベージュの『CONVERSE(コンバース)』であわせています。ワントーンコーディネートで一気に垢抜けるには、足元にもベージュカラーのスニーカーが必須です!

@maayuutaさんのコーディネートをご紹介しました! ワンピースにもヒールではなく『CONVERSE(コンバース)』をあわせるのが今っぽい! リラックス感ある大人カジュアルに、ぜひ真似したい組み合わせです。

 

キレイ色のスカートに白の『CONVERSE(コンバース)』をあわせた@y_mmm_kさんのコーディネート。清潔感のあるコーディネートの名脇役として白も一足持っておきたいですね!

着脱しやすい「スリッポン」も見逃せない!

@lumie0206さんの足元は『EVOL(イーボル)』のもの。程よい厚底で脚長効果も! キレイ目にもまとまるのに楽ちんなところが嬉しいですよね。

脱いだり履いたりするのに時間のかからないスリッポンは、子育て中のママにとって強い味方ではないでしょうか?

 

以上、Instagramで見つけた素敵なスニーカーコーディネートをご紹介しました。お出かけする時間が限られている今、スニーカーが相棒という方も多いはず。オンラインで新しい一足を増やしてみるもよし、ぜひ着こなしの参考にしてみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事