子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

プチッと美味しい「たらこ」をとことん味わい尽くすレシピ集!時短レシピにも最適

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもから大人まで、年齢を問わず大人気の「たらこ」。絶妙な塩気と、プチプチした食感がたまらないですよね。ごはんに乗せるだけでパクパクとお箸が進むので、いつも冷蔵庫に入れておきたい、便利食材です!

そんな美味しい「たらこ」、ただごはんに乗せるだけではなんだかもったいない気がしませんか? もちろんアツアツの白いごはんとの相性は最高ですが、実は「たらこ」は使い方がたくさん。いろいろなものと合わせて少しだけアレンジすると、いつもとは違う新たな「たらこ」の美味しさに出会えますよ!
                                                    そこで今回『kufura』では、女性500名にアンケートを実施。「たらこ」のおすすめレシピをうかがいました。ごはんとあわせてももちろん良し、パスタ、おかずにだって。皆さんに教えていただいたとっておきのレシピ、早速見ていきましょう!

混ぜるだけで完成!「たらこパスタ」

今回ダントツで大人気だったのが、たらこを使ったパスタ。子どもも大人も大好きな定番パスタですよね。しらす、大葉、のりなど、トッピングする具材で印象もがらっと変わります! 茹でたパスタに絡めるだけで簡単に完成するのも嬉しい。

「麺にたらこ・しらす・マヨネーズ・海苔を混ぜて」(47歳/主婦)

「たらこをほぐして、醤油とバターで和えて、パスタにからめる」(50歳/主婦)

「たらことバターと出汁しょうゆでパスタ」(42歳/主婦)

「たらこと大葉のパスタ」(64歳/その他)

「たらこをほぐして牛乳、バター、醤油を入れてパスタにする」(38歳/その他)

「豆腐とたらこのパスタ。パスタを茹で、豆腐とたらこと塩で和えるだけで、和風パスタになる」(37歳/その他)

「パスタをゆでて、バターと白ワインと大葉と一緒に和えるだけ」(55歳/主婦)

何でも合う!「和えて」使えば何通りも

ぱっと和えるだけで完成のお手軽レシピを紹介してくださった方がたくさんいらっしゃいましたよ。どんな食材とも合う「たらこ」は使いやすさ満点。中でも、白滝や糸こんにゃくとたらこを和えて箸休めの一品にしている方が多かったです!

「ゆがいて短く切った白滝とあえる。おやつ感覚でいくらでも食べられ、低カロリー」(68歳/その他)

「大根の千切りと和える」(69歳/主婦)

「ピーマンを細切りにしてたらこで和える」(49歳/総務・人事・事務)

「山芋のたらこ和え、刻みのりをかけて」(59歳/その他)

「ゆでたポテトにマヨとたらこを和える」(44歳/主婦)

「里芋のたらこマヨ和え」(50歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「サラダ」に入れてプチっとアクセントに!

「たらこ」はサラダに入れても美味しい!特にじゃがいもとの相性が良く、ポテトサラダに混ぜれば、家でも簡単にタラモサラダが完成。いつもとは違ったお店のようなサラダを出したら家族にビックリされてしまうかもしれませんよ!

「たらことマッシュポテトをまぜて作るポテトサラダ」(35歳/主婦)

「タラモサラダ。茹でたじゃがいもとたらことマヨネーズを混ぜるだけ」(45歳/その他)

「マカロニ、たらこ、マヨネーズでサラダに」(45歳/その他)

「たらことマヨネーズを使ってポテトサラダに混ぜる。普通のポテトサラダと一緒に出せば味も見た目も2種類楽しめる!」(25歳/総務・人事・事務)

「たらこ味付けのサラスパ」(36歳/その他)

焼いてもOK、塗ってもOKな「パン」と一緒に

粒が小さい「たらこ」は、ソースにだって変身できるんです。マヨネーズやバターと混ぜれば、簡単に完成。パンに塗ってそのまま食べても美味しい!トーストしてもなんともいえない旨しょっぱい風味が口の中に広がりますよ。

「バターを塗り、たらこをほぐしてマヨネーズと一緒にパンに挟み、ライ麦パンでサンドイッチを作る」(63歳/主婦)

「パンに塗って卵をおとしてマヨネーズで囲んでトースト」(42歳/総務・人事・事務)

「たらことクリームチーズでパンに塗り、トーストしても美味しいです」(70歳/その他)

「たらこをバターに混ぜてパンに塗る」(34歳/総務・人事・事務)

「食パンにバターを薄くぬり、たらこをのせてマヨネーズをかけてトースターで焼く」(59歳/その他)

やっぱり食べたい「ごはん」アレンジ

いろいろなアレンジも捨てがたいけれど、やっぱりごはんとも楽しみたい! そんな方のために、ごはんレシピもご紹介します。食欲が落ちてしまいがちなこの時期におすすめなのは、サラサラ食べられる「たらこ茶漬け」。お家でも簡単にチャレンジできますよね。

「たらこをグリルで焼いてごはんにのせてお茶漬けにして食べる」(68歳/主婦)

「冷やしだし茶漬けに一口二口のたらこをのせさっぱりと!」(29歳/主婦)

「たらこ、海苔、ゴマをいって、ご飯に混ぜる」(66歳/その他)

「マヨネーズとタラコを混ぜておにぎりの具にする」(43歳/総務・人事・事務)

「たらこをばらしておにぎりにまぶす。この方が中に入れるより断然おいしい」(72歳/その他)

まだまだある!「たらこ×○○」は無限!

最後は、主婦の皆さんの驚きのたらこアレンジを一気にご紹介。程よいアクセントになる「たらこ」は、意外にも合わせられる食材がたくさんあるんです!  こんなものまで!?といったアレンジだって、実は簡単にマネできますよ。

「じゃがいも、ベーコンとマヨネーズとタラコを合わせて、トースターで焼いてグラタンにして食べる」(30歳/公務員)

「たらこマヨネーズにして、はんぺんにしそを敷いて挟む」(49歳/金融関係) 

「たらこをばらしてマヨネーズをかけまぜてピザ生地に塗ってお餅とチーズをのせてピザに」(36歳/その他)

「タラコとクリームチーズ、みじん切りにした玉ねぎを混ぜてクラッカーに乗せるとおいしい」(28歳/その他)

「たらことマヨネーズを混ぜて、豆腐にのせてオーブントースターで焼く」(48歳/その他)

 

いかがでしたか?

実はアレンジのバリエーション豊富な「たらこ」。そのまま食べても美味しいのでアレンジするのはちょっと……と思ってしまいがちですが、「いつもとは違った料理を出したいな」「たらこでおかず1品作れないかな」、そんなときは、ぜひ今回のレシピ集を参考にしてみてくださいね。今日はたらこを求めて、スーパーにGO

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。