子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

入れてみたら美味しかった「意外なおでん種」玉ねぎ、トマト…定番に飽きたらトライ!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

体が温まるおでんは、冬場には毎週のように食卓に登場しているというご家庭も多いのでは? ただ、あまりヘビロテしすぎると、いくらおでん好きでもさすがに飽き飽きしてきますよね。そんなおでんのマンネリ化を防ぐべく、『kufura』では男女500人を対象に、“定番ではないけれど入れてみると意外とおいしかったおでん種”についてアンケート調査を実施しました!

ウインナー、ベーコンで洋風おでんに!?

「ソーセージ。子どもがあまりおでんが好きではなかったので、子どもが好きなソーセージを入れてみましたが、和風のポトフのような物なので、全く違和感はありませんでした」(46歳/女性/主婦)

「ウインナーソーセージ。パリパリ感があって、からし味噌とあう」(60歳/女性/主婦)

「ベーコン。良い出汁が出ると思ったら、やはり美味しい出汁が出た」(45歳/女性/その他)

男女500人に対し、“定番ではないけれど入れてみると意外とおいしかったおでん種”について、入れてみたきっかけとその感想を尋ねてみました。その結果、多くの人が試したことがあるのが、ウインナーやベーコンなどの加工肉。ダシが出てポトフのような雰囲気になるとのことで、マンネリ打破にぴったりかも!? 牛スジのように長時間煮込む必要がないというお手軽さもありがたいですよね。

鶏肉や豚肉をコトコト煮込んでみたら…

「鶏肉の手羽元。じっくり煮込んだら鶏肉が柔らかくなってぽろっと肉が取れる」(67歳/女性/主婦)

「鶏皮串。牛筋と間違えて買ってしまったから」(66歳/男性/営業・販売)

「鶏の砂ずり。砂ずりは長く煮込むと柔らかくなるところが牛筋に似ているから」(71歳/男性/その他)

「焼き鳥レバー。たまたま手元に焼き鳥のレバーがあったので入れてみたらなかなかの味であった」(76歳/男性/その他)

「豚足。豚足が好きで入れたらトロトロになって美味しい」(42歳/女性/主婦)

「豚肉。豚肉が好きなので、おでんのタレとも合うと思い入れてみたら、あじにバリエーションが出て、タレも肉の油で濃厚になり美味しかった」(46歳/男性/公務員)

おでんに入れる肉といえば、まず思い浮かぶのは牛スジですが、鶏肉や豚肉も大アリのようです。おでん鍋でじっくりコトコト煮こんだ手羽や豚足……。想像するだけで生唾がこみあげてきますよね。

玉ねぎ、トマト…テレビやネットでも話題騒然!?

「玉ねぎ。テレビで観て、やってみたら、甘くて美味しかった」(45歳/女性/その他)

「玉ねぎに串をさして入れると美味しかった。ラジオで聞いて入れてみた」(43歳/男性/その他)

「トマトのおでんが流行っているとテレビで観て、家でも試してみようと思った。おしゃれな味がした」(32歳/女性/その他)

「トマト。コンビニで見かけたので、やってみたらイタリアンなおでんになっておいしかった」(26歳/男性/学生・フリーター)

玉ねぎやトマトは、テレビやネットでもよく話題になるおでん種。実際にやってみて「これはいい!」とハマる人が多いようです。

ちなみに、玉ねぎもトマトも、皮をむいてそのままおでん鍋にインするだけでOKとのこと。こんな手抜き調理で絶品おでんを食べられるなら、やってみない手はありませんね。

キャベツ、ブロッコリー、ごぼう…余った野菜は何でも投入!

「キャベツ。余っていたので入れてみたところ、しゃきっと感がおでんと合い、おいしかった」(23歳/男性/その他)

「ブロッコリー。前日のサラダとして残っていたプロッコリーをなんとなく入れて少し煮込んで食べたら和風のポトフみたいな感覚で出汁が染み込んで美味しかったです」(38歳/男性/その他)

「ゴボウは堅めであるため、おでんのようにぐつぐつ煮込んで食べるにはちょうど良い柔らかさに煮込めて食べられるし、ゴボウのだしが出て他の種も美味しくなる」(78歳/男性/その他)

「かぼちゃは好物。おでんの出汁がかぼちゃの旨味を引き立てて、美味しかったです」(70歳/男性/その他)

「ざく切りにしたカブ。余っていたので入れてみたら甘みが強くて美味しかった」(34歳/男性/その他)

「セロリ。カレーに入れておいしかったので試してみました。崩れるほどやわらかくはなく出汁の味だけでなくセロリの香りもあってそれなりにおいしかった」(59歳/男性/営業・販売)

今回のアンケートでは、「余った野菜を入れてみたら意外とおいしかった」というコメントが続出! 在庫の処分ができて、おいしくて、栄養価もアップして、いいことづくめですよね。

上記以外には、にんじん、アボカド、チンゲン菜、ナスを推す声もありました。どれもこれもぜひ試してみたい!

タコ、イカ…魚介類も意外といける!

「タコの串茹で。母親の提案」(20歳/女性/学生・フリーター)

「イカが美味しかった。タコを入れる地域もあるので、イカを入れてみました」(41歳/女性/主婦)

「魚の切り身。煮魚のようになるかと思い入れてみたが、普通においしかった」(57歳/男性/その他)

「マグロ。マグロの刺身が残ったから」(67歳/男性/その他)

タコやイカは食感がおでんとマッチ! その他、鍋に入れる魚介類であれば何でもいけそうな気がします。

シュウマイ、ハンバーグ、餃子…おかず系との相性も◎

「シュウマイ。冷蔵庫にあまっていたから。ホクホクしておいしい」(51歳/男性/その他)

「焼餃子。前の食事で余ってしまった。続けて同じものも食べたくないし。おでんに入れれば、わざわざ温め直す手間もない。ワンタンスープに近く、皮の食感も楽しめ、美味しくいただけた」(61歳/男性/その他)

「餃子。冷凍庫にあるものを入れてみただけ。おでんの出汁を吸って美味しい」(60歳/女性/その他)

「ハンバーグ。つくねに近いのでおでんの出汁とよく合うと思ったから。期待以上にとても美味しかった」(39歳/女性/その他)

これまた意外な線ですが、シュウマイや餃子はワンタン風、ハンバーグはつくね……というふうにとらえると、おでんに合うのは納得ですよね。

米や麺類を入れてシメまで完璧!

「ごはん。雑炊のようになって、美味しいと思ったので」(50歳/男性/金融関係)

「うどん。だしがしみ込んで美味しい」(66歳/女性/公務員)

「マロニー。しらたきの代わりに」(39歳/男性/学生・フリーター)

「糖質0g麺。糖質制限が流行っているから」(50歳/男性/その他)

「そうめん。麺類が食べたかったので入れてみたら、出汁と合っていて美味しかった」(21歳/男性/学生・フリーター)

鍋といえばシメが欠かせません。おでんのだしがきいたご飯や麺類も堪能しましょう!

 

野菜の項目でもお伝えしましたが、今回のアンケートでは「余った食材を入れてみたら意外とおいしかった」という意見が続出しました。今回ご紹介した以外でも、例えば鍋料理で使いきれなかった野菜や、特売で丸ごと1個買ってしまって使い切れないなど、持て余している食材があれば、ぜひおでんに活用してみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。