kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

中濃でもウスターでも!余らせがちなソースを使い切るアイディアレシピ集

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

食卓に欠かせない調味料のひとつ“ソース”。中濃ソース、ウスターソース、とんかつソースなどさまざまな種類がありますが、1回に使う量がそれほど多くないので、賞味期限内に使いきれないという悩みはありませんか? 『kufura』では、女性307名を対象に、“ソースを上手に活用するためのレシピ”についてアンケート調査を実施しました。皆がどんな工夫をしているのか見ていきましょう。

大量に消費できて間違いなく美味しい!焼きそば、焼うどん、そばめし

「余りそうになったら焼きそばを作れば一気になくなります」(32歳/主婦)

「中濃ソースを使って焼うどんを作る。野菜や肉を炒めて、茹でたうどんを加え、砂糖、みりん、ソースを加えて炒める。甘辛く味付けし、一味唐辛子をかけて食べる」(40歳/総務・人事・事務)

「中濃ソースをご飯に混ぜて、炒めて焼きそば入れてそばめし」(42歳/研究・開発職)

「しょうゆやウスターソースと混ぜて、お好み焼き用ソースを作る」(55歳/主婦)

ソースを大量に消費したいなら、定番の焼きそば、焼きうどん、そばめしがもってこい! ピリッとしたうまみのあるソースでしっかり味付けすれば、食欲減退しがちな夏場でも箸が進む進む……。

具材をアレンジすれば、飽きることなくソースを消費できそうです。

多くの人のイチオシ!カレーの隠し味

「カレーに少し入れると味がひきしまる」(42歳/主婦)

「ソースを辛口カレーにかけマイルドにする」(51歳/主婦)

「ウスターソースをキーマカレーの隠し味に入れる」(27歳/営業・販売)

今回のアンケートで、かなり多くの人が推したソースの活用法は“カレーの隠し味”。入れ過ぎには要注意ですが、ちょうどいい塩梅に入れると、カレーのコクが増すようです。

また、カレー以外にもシチューやミートソースの隠し味にするという意見もありました。

肉汁とあわせて!自家製ハンバーグソース

「中濃ソースと醤油、ケチャップをハンバーグのソースにする。ハンバーグを焼いたあとそれをどけて、出た油に合わせてふつふつさせてどんなハンバーグソースよりおいしいと思っています。母の味」(41歳/主婦)

「ワインと中濃ソース、ケチャップを煮詰めてハンバーグソースにする」(47歳/その他)

「ケチャップとソースを混ぜて酸っぱいのをとばしてからハンバーグにかける」(21歳/学生・フリーター)

自家製ハンバーグソースに活用するというコメントも続出。特に多かったのはケチャップと混ぜるというアイデアでした。焼いたハンバーグから出た肉汁と合わせてソースを作れば、美味しくなること間違いなしです!

時短料理としても優秀!炒め料理

「冷蔵庫に残っている野菜などをパパッと炒めて、味付けに使います。良いおかずになります」(59歳/会社経営・役員)

「ひき肉とキャベツを炒めてソースで味付けする」(55歳/公務員)

「中濃ソースを入れてもやしと魚肉ソーセージを炒める」(43歳/主婦)

「中濃ソースでジャガイモとベーコンを炒める」(42歳/総務・人事・事務)

「キャベツを炒めて卵を入れてオムキャベにマヨネーズと中濃ソースをかけて食べる」(32歳/主婦)

具材は自由自在で、冷蔵庫の余りものをソースで炒めるというアイデアも多数。いずれも“安い・すぐできる・うまい”と三拍子そろった主婦のお助けレシピですね。

野菜や果物のうまみが凝縮したソースを使いこなせずに余らせてしまうなんて損ですよね。いつも泣く泣く処分していたという人は、ぜひ今回ご紹介したアイデアを実践してみましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載