子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

早い、簡単、うまいの三拍子!「鮭フレーク」で作るお手軽ランチレシピを集めました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

鮭のほぐし身が詰まった「鮭フレーク」は、しっとりした食感とほどよい塩気がたまらないご飯のお供! おうちに常備している方も少なくないのではないでしょうか。
『kufura』では、そんな鮭フレークが活躍するお手軽ランチレシピをアンケート調査しました。20~50代の女性342人がおすすめする食べ方をご紹介します。

鮭フレーク+アルファで食べ方いろいろ!ご飯もの

・チャーハン

「鮭フレーク、卵、刻みネギでチャーハン。刻みネギは冷凍してるものを使用するので包丁、まな板いらず」(37歳/主婦)

「シンプルにレタスと白ゴマを入れた鮭フレークチャーハンは食欲が進みます」(35歳/その他)

「鮭、ちりめんじゃこ、たまご、ネギのチャーハン。ちりめんじゃこの食感と鮭の塩気が美味しい」(47歳/その他)

・丼

3色丼。鮭フレーク、ひき肉、卵でできるので、簡単です! 子どもも好きで、洗い物も少なくて済みます」(32歳/広報・宣伝

「サケフレークとオクラののっけもり丼。サケフレークとオクラを少し醤油を入れ軽く混ぜ合わせ、御飯に乗せて、トッピングはマヨビームです。どこかの牛丼屋さんもやってますが、自分は昔から愛食してます!」(50歳/その他)

・おにぎり

「塩昆布と鮭フレークでおにぎりを握る」(37歳/主婦)

「わかめご飯にしゃけフレークを混ぜ、しゃけわかめご飯のおにぎりにする。簡単で美味しいです!」(41歳/その他)

・混ぜご飯、ちらし寿司風

「鮭フレークとコーンの混ぜご飯。鮭フレークのパサパサ感とコーンのみずみずしさがマッチしておいしい!」(32歳/学生・フリーター)

「ちらし寿司。そぼろの代わりにサケフレークを使う。塩気があっていつもと違うちらし寿司を楽しめる」(40歳/その他)

・お茶漬け・雑炊

「鮭フレークとゴマのお茶漬け。包丁も使わず早くできて簡単」(42歳/学生・フリーター)

「シャケフレーク雑炊。出汁にご飯、お好みの野菜やキノコと炊き、仕上げにシャケフレークと卵を混ぜます。刻み海苔とネギで仕上げたり、がっつりいきたければ そこにバターやマーガリンを落としてもおいしいです」(43歳/主婦)

・リゾット・ドリア風

「残りご飯にチーズ、牛乳とコンソメ、醤油を少し混ぜてリゾット状にし、鮭フレークと粗挽き胡椒を加えたら美味しいです」(28歳/デザイン関係)

「ご飯に鮭フレークととろけるチーズを乗せて真ん中に卵を割り入れてオーブンで焼き、ケチャップをかけて食べると美味しいです!」(31歳/その他)

なによりお米と合わせるのがいちばん!という方もいたほど、鮭フレーク×ご飯レシピが多数寄せられました。手軽なおにぎりやお茶漬けはもちろん、丼やチャーハンでは鶏そぼろやお肉の代用としても活躍! 食材を切る手間がないのでパパッと手軽に作れるのが魅力的ですよね。

パスタ・そうめん・うどん・焼きそば…定番の麺料理にも!

「きのこと鮭のクリームパスタ。豆乳に玉ねぎ、きのこ、鮭フレークを混ぜて煮詰めたクリームを茹でたパスタと絡める」(25歳/その他)

「トマト鮭パスタ。トマト缶と鮭フレークを煮込んで味を調え、パスタに絡めるだけ。定番のトマトソース味で美味しいです」(32歳/その他)

「鮭フレークの和風パスタ。ボウルに鮭フレークとめんつゆとバターを入れて和えるだけなので、火も使わない楽チンレシピ。レモン汁で味を調えるといい感じになる」(40歳/主婦)

「シャケフレークと刻み海苔と味付けは醤油とラー油でパスタ」(38歳/その他)

「鮭フレークとシーチキンを麺つゆでさっと炒めて、ソーメンと炒める。和風で風味がよく食欲が止まりません」(44歳/その他)

「バターと鮭フレークを絡めたうどん」(37歳/営業・販売)

「焼きそばの中に、かにかまや竹輪と一緒に炒めるとおいしい」(56歳/主婦)

鮭フレークはパスタの具として活用する人も多数! クリーム系、トマト系、和風とどのようなテイストにもマッチするようです。焼きそばでは、塩味やペペロンチーノ風の味付けにすると、鮭フレークの美味しさが一層引き立ちそうですね。

ツナとは一味違う美味しさに!トースト・サンドイッチ

「鮭フレークとスライス玉ねぎとマヨネーズ、黒胡椒を混ぜてパンにのせトーストします。ピリッと黒胡椒が効いて鮭の旨みもあり美味しいです」(46歳/その他)

「鮭フレークサンド。食パンにスライスチーズ、大葉、鮭フレークを乗せて焼いて完成。この3つの具材のコラボが合う」(36歳/その他)

「サケフレークのサンドイッチ。サケフレークにマヨネーズ、ポン酢で味付けし、パンにはさむ。ツナとは違ったコクがあり、美味しい」(47歳/主婦)

「サンドイッチ。鮭フレークをいれたオムレツをつくって、パンにはさむ」(44歳/主婦)

ほどよい塩気のある鮭フレークは、コクのあるチーズやマヨネーズなどとも好相性! そのまま食パンやサンドイッチの具として入れるもよし、鮭フレークオムレツにしてパンにはさむもよし。彩りもぐっとよくなりますね。ツナ缶とはまた一味違った味わいに仕上がるとの声も。ぜひお試しあれ。

ホットケーキミックスにINも!? その他のアレンジ

「大根おろし(水気をザルで切る)、小麦粉、卵(無くても可)、塩胡椒、醤油、鮭フレークを混ぜて、フライパンに油を熱して、スプーンですくって焼く。大根もち、大根お好み焼きとか呼んでます」(59歳/その他)

「鮭フレークのグラタン。ホワイトソースに、ベーコンの代わりに鮭フレークを入れます。意外とグラタンの味にぴったりで、美味しいです」(31歳/主婦)

「マヨネーズやアスパラガスとともにピザ風にして食べます。おいしいです」(24歳/学生・フリーター)

「鮭フレークとチーズのオムレツ。顆粒のコンソメと牛乳で下味をつけると美味しいです」(56歳/主婦)

「ホットケーキミックスに混ぜて作ります。甘いのに合うかな、と思いましたが、クレープでもサラダなど塩味系のものがあるように、ほんのり甘い生地にとてもよく合います」(52歳/その他)

グラタン、ピザ、オムレツなどの他、大根&小麦粉とともに混ぜた“鮭フレークお好み焼き”とユニークなメニューも! また、意外な使い道として、ホットケーキミックスに混ぜるという人もいました。確かにサラダ系クレープなどもあるので、生地に混ぜるのもアリかも!?

 

鮭フレークは、一度開封するとあまり日持ちしないのが難点ですが、骨の心配をすることなく使いたい時にサッと使える手軽な食材です。これまで余らせてしまったことのある人も、今回のレシピを参考に、ぜひランチメニューに取り入れてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集