子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

暑い季節はパクチーが食べたくなる!「パクチーが大活躍する料理」は何ですか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ニオイや味が苦手という人も多いものの、好きな人にとってはあの独特な香りがクセになる魅惑の「パクチー」。エスニックな香りと味わいは暑い季節にピッタリで、料理にちょっと加えるだけで食欲をそそられますよね。今回『kufura』では、20~50代の女性289人にアンケートを行い、「夏にピッタリなパクチーが大活躍する料理」を聞いてみました。

麺類にパクチーを加えてパンチのある味わいに

「ソース焼きそばにパクチーを添えると、いつもの焼きそばがちょっとアジアンテイストになって美味しいです」(44歳/総務・人事・事務)

「パクチーは、やっぱりフォーに入れるのがいちばん。麺がないときは、そうめんやうどんを使ってもいいし、スープは鶏ガラスープをベースにナンプラーで風味付けするだけなので簡単です」(40歳/その他)

「そうめんの上にパクチーをたっぷりのせて、白だしをかけて食べるのが大好きです」(44歳/主婦)

「細かくカットしたトマトと刻んだパクチー、カッテージチーズ、塩コショウ、レモン汁を混ぜ合わせて、パクチーの冷製パスタにすると美味しいです」(45歳/研究・開発)

「茹でたスパゲティに粉チーズとパクチー、オリーブオイルを絡めた、パクチーのジェノベーゼ風パスタ。パクチーの香りをじっくり堪能することができます」(52歳/その他)

「塩味のインスタントラーメンのトッピングに使うと、パクチーが塩味のスープとよく合って美味しいです。お好みでラー油やごま油をたらすのもおすすめです」(57歳/その他)

特に人気が高かったのが、パクチーを使った麺料理。王道のフォーはもちろん、焼きそばやそうめん、パスタにインスタントラーメンなど、意外とどんな麺類とも相性バツグンで美味しくいただけるようです。ほかに冷やし中華や冷麺、冷やしうどんなどにトッピングしても、異国情緒漂う美味しい料理になるとのことなので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

パクチー好きにはたまらないパクチーたっぷりなサラダ

「たっぷりのパクチーをレタスといっしょにドレッシングで和えたパクチーサラダが、夏にピッタリの味わいで美味しいです」(45歳/その他)

「居酒屋で食べたパクチーサラダが美味しかったので、家でもよく作っています。レタスやにんじんなどのサラダに、パクチーをどっさり入れるだけで完成です」(55歳/その他)

「盛り盛りのパクチーに、ドレッシングやポン酢をかけたパクチーサラダ。パクチー好きにはたまらない一品です」(39歳/主婦)

「ナンプラーとごま油、レモン汁で味付けをしたパクチーとミニトマトのサラダ。簡単に美味しいエスニックサラダが出来上がります」(51歳/主婦)

「パクチーとささみ、千切りキャベツのサラダ。ごまドレッシングをかけて食べると最高です」(52歳/主婦)

「細切りしたキュウリとハムを、春雨といっしょにナンプラーとレモン汁で味付け。上にパクチーをたっぷりのせて、タイ風の春雨サラダにすると美味しいです」(42歳/主婦)

パクチー好きにたまらないのが、パクチーたっぷりのサラダ。パクチーだけ、もしくはレタスやトマト、キュウリなどほかの野菜といっしょに、ドレッシングやポン酢をかけていただけば、口の中いっぱいにパクチーの濃厚な香りが広がります。パクチーのシャキシャキ食感がいいアクセントになって、病みつきになりそうですね。

ほかの食材などといっしょにパパっと混ぜて和え物に

「パクチーは茹でたもやしと混ぜて、ポン酢とごま油で和えると美味しいです」(50歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「パクチーと絹さやのごま和えが、あっさりしていて夏にピッタリの美味しさです」(35歳/その他)

「ごまと甘い醤油で味付けたパクチーの和え物は、クセになる美味しさです」(58歳/主婦)

「ザーサイとパクチーの和え物や、サラダチキンとパクチーの和え物をよく作ります。簡単ですが、どちらも香りが良く、さっぱりしていて美味しいです」(53歳/その他)

「刻んだ大量のパクチーを市販のチョレギサラダの素で和え、最後にごま油をかけると、美味しい和え物が出来上がります」(43歳/主婦)

刻んだパクチーをほかの食材と合わせて、和え物にするのもおすすめです。定番の和え物にパクチーを少しプラスするだけで、いつもとは違った味わいの、香り高い和え物が楽しめます。パクチーを加えることでさっぱり感が増すので、暑い夏にはピッタリですね。

豆腐や納豆などの和食材とも相性バツグン

「冷奴の上にパクチーをのせて、ポン酢をかけて食べるパクチーの冷奴がさっぱりしていて美味しいです」(48歳/総務・人事・事務)

「パクチーとザーサイのレモン冷奴。ザーサイに絡んだラー油の辛味とパクチーのさわやかな香りで、冷奴がよりあっさりと食べられます」(44歳/その他)

「豆腐に生姜、醤油、パクチーをのせたパクチー冷奴は、すごくさっぱりしていてお箸が止まらない美味しさです。ビールにもよく合いますよ」(44歳/その他)

「刻んだパクチーを納豆に入れて、パクチー納豆に。かなりクセがありますが、一度食べたらハマってしまう美味しさです」(36歳/主婦)

「刻んだパクチーをネギの代わりに納豆に混ぜて食べると美味しいです」(42歳/主婦)

ちょっと意外ですが、パクチーは豆腐や納豆とも相性バツグンの様子。パクチーを加えることで、和風な食材が一気にエスニックな味わいに変化します。刺激的な香りと味わいで、ごはんはもちろんお酒もどんどん進みそうですね。

スープや味噌汁などの汁物に入れても美味しい

「中華スープの素で味付けしたパクチーのスープ。パクチーの香りがすごくて、パクチー好きにはたまりません」(46歳/主婦)

「いつもの野菜スープにパクチーを加えるだけで、独特な風味が加わって美味しさがワンランクアップします」(48歳/主婦)

「パクチーと溶き卵のスープは、シンプルですがとても香りが良くて美味しいです」(47歳/その他)

「パクチーをガスパチョに入れると、刺激的な香りがして美味しいです」(54歳/主婦)

「三つ葉感覚でパクチーを入れた、パクチーの味噌汁。ちょっとエスニックな味わいの味噌汁になります」(51歳/営業・販売)

「冷や汁の味変としてパクチーを使うと、簡単にエスニックな味わいになるので飽きずに食べられます」(45歳/総務・人事・事務)

パクチーは、スープや味噌汁などの汁物に入れても美味しくいただけるようです。パクチーをほんの少し加えるだけで、スープや味噌汁の風味がガラリと変わるので、味変にはもってこい。パセリやネギ、三つ葉などの代わりに使えば、失敗することもなさそうですね。

揚げ物ならパクチーが苦手な人でも食べやすい

「エビや玉ねぎなどといっしょに、かき揚げにします。揚げることでパクチーのクセが少し弱まるので、パクチーが苦手な人でもOK。パクチーのサクサク感がたまりません」(49歳/主婦)

「パクチー入りの春巻き。春巻きの皮の上にパクチーの葉を広げ、その上に具をのせて包み込むと、揚げたときにパクチーの葉が透けて見えて見た目がきれいです」(56歳/主婦)

「パクチーに卵をつけて揚げた、パクチーチップスが絶品。シンプルに塩だけで味付けをすると、パクチーそのものの味わいが楽しめます」(21歳/主婦)

「パクチーの天ぷらは、シソの天ぷらに似た味わいで、香りがすごく良くて美味しいです」(59歳/営業・販売)

パクチーは揚げるのもおすすめ。高温の油で揚げると風味が少し飛ぶので、パクチーの香りが苦手な人でも、意外と美味しくいただけるようです。いちばん人気は、パクチー入りのかき揚げ。好きな食材といっしょにカラッと揚げて、パクチーの香りとサクサク感を楽しみましょう。

生春巻きに漬物…ほかにも美味しい料理はいろいろ!

「パクチーといえば、やっぱり生春巻き。具に好きなものを入れられるし、準備も手軽で火を使わずに作れるので、暑くなくて夏にピッタリです」(30歳/総務・人事・事務)

「パクチーとツナ缶の炒め物。ニンニクを少し加えると、いい酒のつまみにもなります」(58歳/主婦)

「白がゆのトッピングにパクチーを使います。上からナンプラーをかけると、東南アジアの味がして美味しいです」(53歳/主婦)

「夏はパクチーたっぷりのチキンパクチーカレーがおすすめです」(53歳/主婦)

「キュウリとにんじん、パクチーをいっしょに浅漬けにすると、パクチー香る美味しい漬物が完成します」(31歳/主婦)

「炭酸水にパクチーを少々加えて、パクチー入り炭酸水に。アジア系ごはんを食べるときにピッタリのドリンクになります」(46歳/その他)

パクチーが大活躍する料理は、ほかにもいろいろ。定番の生春巻きのほか、パクチーの炒め物やパクチーのカレーなど、どれも暑い夏にピッタリで美味しそうですね。なお、浅漬けにパクチーを活用すると、独特の風味が加わって、ちょっと変わった味の漬物が楽しめるようですよ。

いかがでしたか? 夏にピッタリなエスニックな香り漂うパクチーは、思った以上にいろいろな料理に使うことができる様子。残暑が厳しい今の季節は、食欲をそそるパクチーが大活躍。ご紹介した料理を参考に、ぜひ皆さんも日々の食卓に活用してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集