子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

飽き知らず!「そうめん」つるっと食べて元気になれるアレンジレシピはこれ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏日も増えてきていますが、みなさん夏バテはしていませんか? 夏に欠かせない食べものの一つと言えば、「そうめん」です。どんなに食欲がなくても、そうめんならなんとか食べられそう……そういうときもありますよね。つるつる食べられて、元気になれる魔法の食材です!

そこで今回『kufura』では、20~30代の女性494人にアンケートを実施し、「そうめんのおすすめアレンジ」をうかがいました。夏本番を前に、そうめんのアレンジレシピを知ることで、夏バテ知らずでいられそうです!

「つゆ」の美味しいアレンジ

今回一番多かったのが、そうめんをつける「つゆ」をアレンジしているという回答。薬味たっぷりはもちろん、さっぱり食べられるように酸味をプラスしても、ごろっと具材をプラスしても美味しいですよ。

「つゆに梅干しを刻んだものを入れる。さっぱりしてだるさが吹き飛ぶような気がします」(58歳/主婦)

「柚子胡椒を入れる。さっぱりして食欲が出てくる」31歳/主婦)

「めんつゆにマヨネーズを少し加えたつゆで食べると、ツルっと食べられます」49歳/その他)

「油で炒めたナスや玉ねぎの千切り、豚肉を一緒にしためんつゆをつけて食べる」46歳/営業・販売)

「ごまダレでいただくと元気になります。中にきゅうりやお酢でしめた鯵などを細かく切って入れても美味しいです」56歳/営業・販売)

「凍らせたトマトを、すりおろしてめんつゆとまぜると爽やかで美味しいです」29歳/総務・人事・事務)

「そうめんのつゆに酢とレモン汁を少しかけて食べるとあっさりして食べやすいです」55歳/主婦)

「麺つゆに納豆と長芋をすったものを入れてそうめんをつけて食べる」50歳/主婦)

 

具材たっぷり!ぶっかけそうめん

そうめんをつゆにつけるタイプではなく、冷やし中華や冷麺の感覚で、具材をたくさんのせたぶっかけタイプのそうめんも簡単で美味しいですよね。鯖缶や納豆などネバネバ食材も人気でした。

「おくら・納豆・とろろ・めかぶのネバネバそうめん。するすると入るし飽きない」(50歳/総務・人事・事務)

「鯖缶にしそ、生姜、ごま、きゅうりで出汁と味噌を入れて食べる」29歳/主婦)

「そうめんに無印のかける担々麺スープをかけて食べる。大葉や水菜をトッピングするとより美味しい」59歳/主婦)

「冷やし中華そうめん。冷やし中華の具材と味付けでそうめんを食べる。喉越しが良くて食べやすいです」42歳/主婦)

「ゆでたそうめんにオリーブオイル、レモン汁、岩塩、ブラックペッパー、にんにくを入れて混ぜます。最後に温泉卵を落として混ぜて食べると美味しい」34歳/主婦)

 

辛~いそうめんで食欲増進!

韓国風にしたピリ辛味のそうめんにすれば、暑い夏でも食欲が湧いてきそうです! キムチやコチュジャンを混ぜるだけで、一気に韓国風に。辛いけどお箸が止まらない不思議なそうめんです。

「コチュジャン、お酢、砂糖、ごま油を混ぜてビビン麺風にします。ピリ辛が食欲増進、トッピングはお好きな具材で」57歳/その他)

「韓国冷麺風。めんつゆ、酢を基調としたスープにゆで卵、キムチ、トマトなどを茹でたそうめんの上にのせる。食欲がない日でも食べやすい」(34歳/その他)

「そうめんにキムチを足して食欲増進。意外とめんつゆにも合いますよ」41歳/その他)

「生卵とキムチを混ぜこんだ“キム玉そうめん”です。ごま油を垂らすとさらに美味しいですよ」(40歳/その他)

 

野菜メインの「サラダそうめん」

野菜とそうめんをあっさり食べたいときは、「サラダそうめん」がおすすめです。一緒に野菜をたくさん摂れるので、栄養的にも良さそうですよね。サラダのドレッシングやマヨネーズでもばっちり合いますよ。

「サラダそうめん。生野菜やツナをのせて、めんつゆとマヨネーズで食べる。栄養のバランス的にも良いと思う」51歳/総務・人事・事務)

「そうめんの野菜サラダ。そうめんに夏野菜をのせてドレッシングで食べるとあっさり食べられます」44歳/主婦)

「レモンサラダチキンそうめん。レモン味はさっぱりしているからどんな時でも食べられる」21歳/学生・フリーター)

 

「そうめんチャンプル」でおかずに変身!

おかずそうめんレシピもたくさん集まりました。中でも人気なのが沖縄風「そうめんチャンプル」です。野菜やスパムと炒めるだけで、ボリューム満点なのにあっさり食べられるメインのおかずに。

「そうめんチャンプル。茹でたそうめんを野菜やスパムと炒める。野菜たっぷりで美味しいです」40歳/主婦)

「そうめんチャンプル。好きな野菜と塩とごま油で炒めるだけです」38歳/主婦)

「焼き肉のタレでそうめんチャンプル」40歳/金融関係)

 

優しい味の「にゅうめん」

お腹の調子が悪いときや、体調を整えたい時には温かい「にゅうめん」はいかがですか? お吸い物や味噌汁に入れるだけでも、いつもとは違った汁物に。出汁を効かせれば、心がほっと安心しますよ。

「食欲のない時はにゅうめんに。温かく生姜を効かせることで体の調子を整える」42歳/その他)

「おすましに入れてにゅうめんにする。出汁を効かせて飲みやすくすることで、手軽に食べられる」36歳/総務・人事・事務)

「ネギだけ入れたお味噌汁にそうめんを入れます。味噌の味とそうめんの食感が合い、塩分も同時に摂れるので栄養補給が出来ます」36歳/その他)

「にゅうめん。液体うどんスープで作ると美味しい。ネギ、かまぼこ、丸い海老天をのせる。昼ご飯になる」44歳/営業・販売)

 

いかがでしたか?

めんつゆと薬味だけで食べる定番のそうめんも最高に美味しいですが、アレンジレシピが頭にあれば、例えそうめんを毎日食べても飽きなくなりそうです。つゆや具材をひと工夫したり、思い切っておかずにしたり……今年の夏もそうめんにお世話になりましょう!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集